虫歯治療の間に、ウォーリーを探せ!

みんな大好き『ウォーリーを探せ』。

群衆に紛れた赤白ボーダーのメガネくんを探す。世界中の老若男女を虜にするそのシンプルすぎるミッションは、ときに我を忘れるほどの没入感をもたらしてくれる。

そう、たとえこんな場所でも…。

「ウォーリーを見つけたら、手を上げてください」

11549c502f3eadde71a6c6c4cf022e5e622ee813

歯医者でかけられる声は、「痛かったら手を上げてください」が相場。でも、上のようなやりとりが聞こえてきそうなのがこちらの写真。海外掲示板「reddit」にmtmannionさんが投稿したものです。

舞台はイギリスのとある街の歯医者。治療中に痛みを忘れられるようこんな工夫をしているのだそう。パッと見「ちょっと遠いんじゃ」って気もするんですが、そこはご愛嬌。

それにしても、まさか患者も、こんな場所でウォーリーを探すことになるとは思っていなかったでしょうね!

Licensed material used with permission by mtmannion
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
イギリスで出版され、その後世界中で愛されている『ウォーリーをさがせ!』。子どもの頃、豆粒サイズの彼を一生懸命探した人も多いのでは?しかし、ここで紹介したい...
地獄の底から這い上がってきたようなバケモノの姿をしたウォーリーやドナルドたち。これは、デジタルアーティストのWil Hughesによる作品で、彼がもともと...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
妊娠している9ヶ月の間、毎日、写真を撮り続けたのは、Jasmine Katatikarn。彼女は、すべての写真をつなぎ合わせて45秒間のタイムラプスをつく...
全12問。はっきり言ってかなり難しいです。ざっくりですが、それぞれ5人に1人しか正解できないのだとか。答えを表示させるには、画像をクリック。ちなみに私は、...
現在、ロンドンの老舗ギャラリーThe Fine Art Societyで公開されている、中国人現代アーティストJacky Tsaiの個展が評判をよんでいる...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
『ごめんなさい、もしあなたがちょっとでも行き詰まりを感じているなら、不便を取り入れてみてはどうですか?~不便益という発想』一見こちら文章のように見えますが...
アメリカ人女優メーガン・マークルとイギリス王室のヘンリー王子の婚約は、様々穴てんで実は歴史的なものといえる。その4つのポイントを紹介。メーガンが英国王室で...
パスタや炒めものなど、さまざまな料理で大活躍のニンニク。でも実は、調理以外にも活用法があった!?実際にトライするかどうかはさておき、エンタメ感覚で読んでみ...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
一匹の野良犬が施設に拾われました。名前は、Krusty Kristyちゃん。毛が抜け落ちるほどひどい皮膚炎に苦しんでいた彼女は、里親が見つからず殺処分され...
世の中には、変わったアートもあるもので…。ここで紹介するのは、海外で使われている硬貨に大胆にもペインティングしてしまった変わり種。日本円だと罰せられる可能...
イギリスNSPCC(英国児童虐待防止協会)が手がける性犯罪予防アニメは、とにかく明るい。日本でこの手のシリアスなテーマを扱うとしたら、間違いなくこうはなら...
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...
時間ができたらタメになることをしよう。と、スケジュール帳とにらめっこしている人は多いかもしれません。でも、“暇してみる”のも良い選択肢。たとえば、夏休み。...
使わないときには路上に隠れている電気自動車用の充電スタンドを、イギリス企業Urban Electricが開発した。この「UEone」はアプリで操作をしたら...
多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間は右肩上がりです。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い...