『ウォーリーをさがせ!』を4.45秒でクリアしちゃうロボット

アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。

仕組みはカンタンで、ウォーリーの顔を予習させてから彼を見つけさせるようにプログラミングしただけ。警察が“顔認証メガネ”で犯罪者を見つけられる時代ですからね、これくらい朝飯前なんでしょう。

北米版のタイトルが『Where's Waldo』というのにちなんでこのマシンは「There's Waldo」と名付けられています。日本語に訳せば、「ウォーリーはここだよ」。うん、納得です。

Top image: © 2018 Redpepper

60秒以内で読める記事だけ。
World Topics」でテクノロジーもチェック!

60秒以内で読める記事だけ。<br>サクッと好奇心を満たそう!
イギリスで出版され、その後世界中で愛されている『ウォーリーをさがせ!』。子どもの頃、豆粒サイズの彼を一生懸命探した人も多いのでは?しかし、ここで紹介したい...
みんな大好き『ウォーリーを探せ』。群衆に紛れた赤白ボーダーのメガネくんを探す。世界中の老若男女を虜にするそのシンプルすぎるミッションは、ときに我を忘れるほ...
地獄の底から這い上がってきたようなバケモノの姿をしたウォーリーやドナルドたち。これは、デジタルアーティストのWil Hughesによる作品で、彼がもともと...
カクテルにイノベーションを起こすことを目的につくられ、2014年から稼働しているロボットバーテンダーMakr Shakr。アプリをつかってオーダー。好みの...
シャキーム・グリフィンは今年シアトル・シーホークスからドラフト指名を受け、4月にNFL入りを果たしました。
ジョッキに麺が入っています。衝撃!
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
パリ、ベルリンに突如現れたビジネススーツの集団。一糸乱れぬロボットダンスに観光客のみならず、地元に暮らす人たちも、さぞ驚いたことだろう。元格闘家・須藤元気...
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...
セネガルサポーターSuloさんは、日本人サポーター3人と盛り上がっている動画を投稿しました。すでに360万回以上も再生されているわけですが、『ONE PI...
Sean Wangさんの母親は、離れて暮らす息子に向けた留守番電話のメッセージを記録していました。WangさんはそれをBGMに動画を制作。
フィレンツェで、9月4日から新たな条例が施行されました。街中にある4つの通りで、食べながら車道や歩道、家や店の前で立ち止まることを禁止しているものです。一...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
BMWのデザインを手がけたキャリアを持つ工業デザイナーJosep Rubau氏が、新たに投下したのは、写真のヨット「RED SHARK」だ。
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。