マクドナルドやウォーリーの「悪魔のような顔」にゾクゾクッ。

わっ、悪い夢でも見たのか……。ブキミすぎる顔に目を疑った。日本でも多くの人に愛されるキャラクターたちが、地獄の底から這い上がってきたバケモノのようになっているのだから。

まずは、背筋がゾッとするような姿に変わった彼らを見てほしい。

ドナルド・マクドナルド

ウォーリー

ホーマー・シンプソン

スポンジ・ボブ

マイク・ワゾウスキ

カエルのぺぺ

おくびょうなカーレッジくん

これらは、デジタルアーティストのWil Hughesによる作品。彼いわく、すべてを意図して邪悪なものに作り変えたワケではなく、リアルを追求した結果だという。それと、一部のものに関しては、もともとキャラクターたちから感じていたブキミさを強調したとのこと。 

個人的には、ドナルドやウォーリーから感じる異様な雰囲気は少しわかる気がする。とは言え、恐ろしい姿を見た後でもキャラクターへの愛は変わらない人が多いはず。ちょっとした肝試しのように、楽しめたのではないだろうか。

Licensed material used with permission by Wil Hughes(Facebook), (Instagram)
他の記事を見る
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
イギリスで出版され、その後世界中で愛されている『ウォーリーをさがせ!』。子どもの頃、豆粒サイズの彼を一生懸命探した人も多いのでは?しかし、ここで紹介したい...
ドナルドがInstagramに参戦!?しかも世界10カ国を旅行中大手ハンバーガーチェーン「マクドナルド」で目にするマスコット、「ドナルド」が、ショップを飛...
SNSでは、頻繁にミームが作られています。スウェーデンのマクドナルドはそれを利用して、ユーモラスな発表をしました。
見れば、見るほど、いいんだよなあ。
みんな大好き『ウォーリーを探せ』。群衆に紛れた赤白ボーダーのメガネくんを探す。世界中の老若男女を虜にするそのシンプルすぎるミッションは、ときに我を忘れるほ...
南アメリカ在住のニュージーランド人女性ケイトさんは、過去にマクドナルドで働いていた経験があります。が、当初はその仕事に偏見を持っていたようです。ここでは、...
スタイリッシュもいいけど、暑い夏は「これ」が気分!
近年、ハロウィンといえば、普段はできないような格好に「仮装すること」がメインの楽しみとして定着しています。が、中には「そろそろ他の楽しみ方を知りたい!」と...
12月4日から12日まで、彼らは1セントで「ワッパー」を販売しています。ただし、ちょっと変わった条件があります。お客さんは、マクドナルドの店舗でバーガーキ...
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
アメリカ、カリフォルニア州のアーティストRandy Lewisさんの作品は、猫と毛虫など、もの同士を融合させる「合体」アート。少しグロテスクに見えるものも...
マクドナルドで注文すると、トレイの上に紙のシートが敷かれていますよね。食べ終わったらいつもは捨てちゃうあのシートですが、オランダのとある店舗でとてもユニー...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
大手ファストフードチェーン店「ジャック・イン・ザ・ボックス」のキャラクター変更には、世間を揺るがした大事件が関係してた!
「おーい、遊ぼうよ!」そんな声が聞こえてきそう。写真に写っているのは、頭と身体のサイズがあっていないキャラクターたち。妙に頭が大きいのが、不気味かつ奇妙で...
いつもどおりの賑わいを見せる店内に現れたひとりの男性。彼はレジの横にラジカセをドンと置き、BGMに合わせながら注文を開始した。今回このドッキリに参加したの...
アメリカ雑貨好き&ビンテージマニア必読! アメリカを代表する人気キャラクター「ナウガモンスター」の歴史とユニークな誕生秘話!
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...