マクドナルドやウォーリーの「悪魔のような顔」にゾクゾクッ。

わっ、悪い夢でも見たのか……。ブキミすぎる顔に目を疑った。日本でも多くの人に愛されるキャラクターたちが、地獄の底から這い上がってきたバケモノのようになっているのだから。

まずは、背筋がゾッとするような姿に変わった彼らを見てほしい。

ドナルド・マクドナルド

6419712b037bf9dd4b095f0f913f329a4f21225a

ウォーリー

53d5eb3533c03aeb5da2d06d43d41da2f1469ce1

ホーマー・シンプソン

4eac05f262d972ac36513edab4b083e30823b59d

スポンジ・ボブ

079f2869b997c9cbe63c0b13ad75aa795a6a190e

マイク・ワゾウスキ

641fb529b20c03c32ea0e3ede6b78b0104433649

カエルのぺぺ

171072d3accfa0344781f82f1ddadbab61838ad5

おくびょうなカーレッジくん

B41767ce74f9f9c976642444db078d8c51e1441b

これらは、デジタルアーティストのWil Hughesによる作品。彼いわく、すべてを意図して邪悪なものに作り変えたワケではなく、リアルを追求した結果だという。それと、一部のものに関しては、もともとキャラクターたちから感じていたブキミさを強調したとのこと。 

個人的には、ドナルドやウォーリーから感じる異様な雰囲気は少しわかる気がする。とは言え、恐ろしい姿を見た後でもキャラクターへの愛は変わらない人が多いはず。ちょっとした肝試しのように、楽しめたのではないだろうか。

Licensed material used with permission by Wil Hughes(Facebook), (Instagram)
イギリスで出版され、その後世界中で愛されている『ウォーリーをさがせ!』。子どもの頃、豆粒サイズの彼を一生懸命探した人も多いのでは?しかし、ここで紹介したい...
ドナルドがInstagramに参戦!?しかも世界10カ国を旅行中大手ハンバーガーチェーン「マクドナルド」で目にするマスコット、「ドナルド」が、ショップを飛...
みんな大好き『ウォーリーを探せ』。群衆に紛れた赤白ボーダーのメガネくんを探す。世界中の老若男女を虜にするそのシンプルすぎるミッションは、ときに我を忘れるほ...
渋谷・円山町のクラブ「WOMB」で最高の音とお酒と空間を楽しむ「大人」のリアルな姿をスナップ。
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
南アメリカ在住のニュージーランド人女性ケイトさんは、過去にマクドナルドで働いていた経験があります。が、当初はその仕事に偏見を持っていたようです。ここでは、...
スタイリッシュもいいけど、暑い夏は「これ」が気分!
近年、ハロウィンといえば、普段はできないような格好に「仮装すること」がメインの楽しみとして定着しています。が、中には「そろそろ他の楽しみ方を知りたい!」と...
マクドナルドで注文すると、トレイの上に紙のシートが敷かれていますよね。食べ終わったらいつもは捨てちゃうあのシートですが、オランダのとある店舗でとてもユニー...
アメリカ、カリフォルニア州のアーティストRandy Lewisさんの作品は、猫と毛虫など、もの同士を融合させる「合体」アート。少しグロテスクに見えるものも...
リコッタチーズを単純にはさむのではなく、「スクランブル」にしてタコスの具材にした一品。
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
いつもどおりの賑わいを見せる店内に現れたひとりの男性。彼はレジの横にラジカセをドンと置き、BGMに合わせながら注文を開始した。今回このドッキリに参加したの...
「おーい、遊ぼうよ!」そんな声が聞こえてきそう。写真に写っているのは、頭と身体のサイズがあっていないキャラクターたち。妙に頭が大きいのが、不気味かつ奇妙で...
「いやいや、どこに顔を描いてるの!」と突っ込みたくなるアート(?)をご紹介。アーティスト・Ana Hell氏の手にかかれば、なんと「人の背中」だってキャン...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
ディズニーのキャラクターっていえば、誰が頭に浮かんでくるでしょうか?アラジン、ピノキオ、それともニモ…。じつにたくさんのキャラが存在するわけですが、そこに...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
『ごめんなさい、もしあなたがちょっとでも行き詰まりを感じているなら、不便を取り入れてみてはどうですか?~不便益という発想』一見こちら文章のように見えますが...
世の中には、変わったアートもあるもので…。ここで紹介するのは、海外で使われている硬貨に大胆にもペインティングしてしまった変わり種。日本円だと罰せられる可能...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
大手企業のコーポレート・ロゴをアレンジして喧嘩道具にしたのは、NYを拠点に活躍するインターネットアーティスト・デジタルクリエイターのTom Galle。ど...
くちびるの動きに合わせて、キャラクターを動かすメイクアップアーティストのSandra Changさん。くちびるの動きとキャラクターがぴったりと当てはまり、...