ポルトガルの「芸術」に包まれるブティックホテル

ポルトガルの港湾都市ポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。

オープンして翌年の2018年の末、旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxury Hotel Awards」を受賞。世界的な認知度が高まったので改めてその魅力に注目です。

ポルトの中心部にあるこのホテル、テーマは「芸術」。ゲストに美術館にいるような気分で過ごして欲しいという思いからつくられた空間は、共有スペース、部屋、バルコニーのどれをとっても一度は訪れたくなるような優美な雰囲気が溢れています。

写真のとおり、芸術をテーマに掲げるだけあり室内の意匠や家具にかなりのこだわりが見られます。各部屋にはダリやピカソなど著名なアーティストの名前も付けられていて、アートファンなら旅の思い出をさらに足すことができる宿泊先になるかもしれません。

また、ホテルからはスペイン北部と大西洋をつなぐドウロ川を眺めることができ、天気が良い日にはバルコニーでゆっくりするのもアリ。ポルトを訪れる際は、“お籠りステイ”するのもいいかも、と思わせてくれます。

©Torel Avantgarde 2019
©Torel Avantgarde 2019
©Torel Avantgarde 2019
©Torel Avantgarde 2019
©Torel Avantgarde 2019
Top image: © Torel Avantgarde 2019
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事