ポルトガルの「芸術」に包まれるブティックホテル

ポルトガルの港湾都市ポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。

オープンして翌年の2018年の末、旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxury Hotel Awards」を受賞。世界的な認知度が高まったので改めてその魅力に注目です。

ポルトの中心部にあるこのホテル、テーマは「芸術」。ゲストに美術館にいるような気分で過ごして欲しいという思いからつくられた空間は、共有スペース、部屋、バルコニーのどれをとっても一度は訪れたくなるような優美な雰囲気が溢れています。

写真のとおり、芸術をテーマに掲げるだけあり室内の意匠や家具にかなりのこだわりが見られます。各部屋にはダリやピカソなど著名なアーティストの名前も付けられていて、アートファンなら旅の思い出をさらに足すことができる宿泊先になるかもしれません。

また、ホテルからはスペイン北部と大西洋をつなぐドウロ川を眺めることができ、天気が良い日にはバルコニーでゆっくりするのもアリ。ポルトを訪れる際は、“お籠りステイ”するのもいいかも、と思わせてくれます。

©Torel Avantgarde 2019
©Torel Avantgarde 2019
©Torel Avantgarde 2019
©Torel Avantgarde 2019
©Torel Avantgarde 2019
Top image: © Torel Avantgarde 2019
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
ポルトガルの首都リスボンからバスで約1時間の港町セトゥーバルにある、世界1位のゲストハウス「RM Guest House - The Experience...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
ポルトガル・リスボンにある4ツ星ホテル「Inspira Santa Marta Hotel」。ここはサステイナブルな観光をする上で世界的に有名。2018年...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
ポルトガルのコワーキングスペース「Village Underground」は、クラブやスケートパーク、アートギャラリーに姿を変えます。
南半球のインド洋に浮かぶ島国モーリシャスで一際目立つブティックホテル「SALT of Palmar」。ビビッドカラーと白黒のストライプが特徴的。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...