「ありがとう、築地」。そんな想いが詰まった1冊の絵本

「築地」であり、「TSUKIJI」。そんな世界一のフィッシュマーケットはいま、揺れる移転問題の渦中にありながらも、ますます存在感を増している。

日本の美食を体現する中心地でもあり、国内はもちろん、多くの外国人観光客の胃袋と感性を満たしてきた。一度でも訪れたことがある人なら、「今までありがとう」が素直な思いなのではないだろうか。

そんな、たくさんの感謝の気持ちをまとめた1冊の絵本がある。それが『築地市場 絵でみる魚市場の一日』だ。

緻密な取材の熱量を
リアルなイラストで楽しむ

モリナガ・ヨウ氏によるこの絵本では、夜23時から朝7時くらいまでの、築地市場がもっとも活気にあふれている時間帯が描かれている。初めての取材で感じた衝撃は

「大きな生き物の中に入り込んだ感じ」

だったとか。

「築地」は、立ち寄る者にも、何かしらの覚悟を求めるような気がする。それが、市場自体のスピード感からくるものなのか、大股で歩いている引き締まった体つきと厳しい顔つきの男たちからくるものなのか、それとも世界中のトップシェフたちですらリスペクトする歴史の重みなのか。

おそらくそのすべてを感じさせる「築地」が、多くの人を魅了させたのだろう。

見開きごとにリアルな日常シーンが切り取られていて、築地に想いを馳せながらも、いろいろな雑学を学ぶことができる。

読めばきっと
おいしい魚が食べたくなる

緻密な取材をもとに描かれたわかりやすいイラストたちは、まさに「大人のための絵本」と言えるかもしれない。

当然、私たちがおいしい魚を口にするまでには、想像をはるかに超える舞台裏があるもの。「築地」は、ただの大きい市場という枠組みにハマりきらず、ひとつの文化であり、現象であり、エンターテイメントであり、江戸時代から続く日常の風景でもある。

そんなことを思いながら、ふと「おいしい魚」が食べたくなる。そんな1冊だ。

「旨い魚を食べる」。その一点に人生を懸けている職人たちがどれだけいるのか。どれだけの情熱が注がれているのか。そんな思いが伝わってくる映画があります。なぜ築...
「Cities and Memory」は、世界75カ国からその土地の音を2,000以上集めたウェブサイトだ。トップページの世界地図にはフィールドレコーディ...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
トロール漁業は、沖合で行なう「底曳網漁業」のことで、2隻で1つの網を曳いて水深100〜200mの魚を獲る、八幡浜の伝統的な漁のスタイル。新鮮な魚介やトロー...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
愛媛県にある、西日本でも有数の港町「八幡浜」。地元の人も通う、おいしくてコスパのいいお店に繰り出してみました。一軒めは、笑っちゃうほど絶品なお刺身が食べら...
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
日本列島が猛烈な寒波に見舞われた1月24日、寒さにめっぽう弱いはずの沖縄県民(の一部)は、なぜか喜び勇んで寒風吹きすさぶ浜に繰り出したそうです。彼らが目指...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
さすがは「アメリカでもっともヘルシーなスーパー」という看板を担うだけあって、トップ5にもヘルシーやエコの観点を欠くことはありません。
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
100年以上の歴史がある通天閣のふもとにある「新世界市場」は、今では半分以上のお店が閉まっている、いわゆるシャッター街。でも、そこが以前のように活気ある市...
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
日本一かつおを食べる県、高知。「土佐の赤かつお」は高知県で150年以上続く、地元の魚屋さん「上町池澤本店」が秘伝のタレを使って開発したかつおフレークです。...
ある身近なグッズで十分ウロコ取りができる方法をお教えしましょう。
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
もしも、魚が夢に出てきたら…そこにどんな意味があるのでしょう。海や川、湖を泳ぐ魚たちには、あなたの日常生活とリンクする意味合いがあるようです。種類別に解説...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
沖縄・南城市の小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞...