秋の終わりの夜は、音楽と本であの人の「文脈」をたどるイベントへ。

「好きな人の好きな本」って、知りたくなりません?

というのも、「好きな本」って結構プライベートな媒体だと思うんです。読んだ本によって人のバックグラウンドがつくられることもあるし、そこに自分のルーツを見出したり、投影することもあるはずで。

自分の好きな人は、どんな本につくられてきたんだろうと、しばしば考えるわけです。それは恋人でも、大切な友人でも、たとえば、よく聴いているあの曲をつくった音楽家でも。

あの人を「つくるもの」

去る9月の終わり、Contexts(コンテクスツ)というイベントに行ったんです。場所は東京・神楽坂のライブハウス。そこにあったのは、アーティストたちが鳴らす素敵な音楽と、ちいさな本棚。

イベントのテーマは、“Context=文脈”。

「“文脈なき時代” と揶揄される現代に、“文脈”に重きを置いた」このイベントでは、「ルーツを大切にしながら未来へとつないでいくであろう、素敵な音楽を鳴らしている」アーティストたちのライブと、彼ら自身によって選ばれた本が並んでいました。

86cc9b822f976dbe3aac50a8719b53997cba77fd

『Contexts』オリジナル・グッズの販売も。

この “音楽家の本棚” には、それぞれのアーティストがお薦めする本に加えて、イベントのスタッフによってセレクトされた関連本も。ページにはアーティスト直筆のコメントカードが挟んであり、気に入った本はその場で購入することもできるんです。

ライブで音楽を聴いて、それを奏でる彼らのルーツ(文脈)をつくってきたであろう本を手にとり読むことができる。こういう機会って、なかなかないですよね。

情報として知るだけなら今の時代は簡単にできますが、リアルタイムで、肌で感じ、手でさわり、辿ること。この時代に、あらためて「だれかの “文脈” にふれること」について考えた、温かな夜でした。 

11月26日にも、やります

Abc2593e7f41622659138125e1555f17177abdc9

11月26日の日曜日、『Contexts』は第3回を迎えます。出演は、蔡 忠浩(bonobos)Emerald1983

かなり個人的な話をしてしまうと、bonobosはわたし自身のルーツをつくってくれていると言っても過言ではないアーティスト(高校時代の多感な時期に出会い、いまもずっと聴いているアーティストのひとりです)。そんな彼のルーツ(文脈)を今、知ることができるなんて。

そんな私情はさし置いても、このイベントは、素敵な音楽や本との出会いのきっかけになるはず。秋の終わりの夜は、ぜひ『Contexts』へ出かけてみてはいかがでしょう。場所は前回とおなじ、東京・神楽坂

イベントの詳細や、チケットについてはこちら。最新情報は、公式ツイッターでチェックを。

Licensed material used with permission by HIP LAND MUSIC CORPORATION
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
5月20日(金)に東京・神楽坂にオープンしたばかりの「WithGreen」は、その日の気分や体調に合わせて野菜や肉、玄米、トッピングやドレッシングなど全て...
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
アラブ首長国連邦のラアス・アル・ハイマという都市にあります。
『Sound Reactive LED Mask』は、その名の通りLEDライトが搭載されている仮面。ただ光るだけではなくて、周囲の音楽に合わせて浮かび上が...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
SQUEEZE MUSICは、再生中の音楽が放つムードをリアルタイムに分析して、曲の構成や展開によって味がブレンドされるといったユニークなプロダクト。曲の...
音楽を聴いて鳥肌が立つ人とそうでない人がいます。今まで謎に包まれていたこの現象が起きる理由は、脳の働きの違いにあったようです。
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。
10月22日(日)から、東京・渋谷で実に1ヵ月にわたって「RED BULL MUSIC FESTIVAL 2017」が開催される。まだその全貌は明らかにさ...
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
BGMのトリビアを集めた書籍が刊行された。『エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン 日本のBGMの歴史』(DU BOOKS/4月27日発売)は、おそら...
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
コンポーザーやアレンジャーとして活動していますが、最近はサウンドファシリテーターという仕事が増えてきました。どんな仕事? って感じですよね。具体的には通常...
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
音の無い世界で生きる人たちがいる。耳の聞こえない聾(ろう)者たち。彼らに楽器が奏でるメロディーや歌声は聞こえない。しかし、決して音楽の無い世界に生きている...
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.54
音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週はロック・バー「...
ジャズ羊羹というピアノの鍵盤をデザインしたこの商品、一見よくあるインスタ映え狙いのスイーツだと思ったら、その背景に意外な思いが込められていた。この商品を作...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...