1分でサラダがつくれる「ボウル」が、2,900万円の資金を調達!

サラダって、いざ作ろうと思うと意外に面倒ですよね。色どりのことも考えたら、何種類もの野菜を洗っては切り、洗っては切り…。

そんな悩みを一発で解決し、たったの60秒でサラダが作れるというアイデア商品が「Kickstarter」でクラウドファンディングを開始。その名も「60 Second Salad Maker」。

5,000ドル(約55万円)の目標金額に対し、なんと50倍の259,000ドル(約2,900万円)もの支援を獲得したプロダクト。その魅力とは?

スリット入りのボウルに
包丁を入れて「完成!」

構造は、いたってシンプルです。スリットの入ったボウルに野菜を入れて洗い、フタをしてひっくり返します。

スリットに沿うように包丁を入れて…サラダの完成!

ボウルと蓋の噛み合わせ部分が波状になっていて、回転させることでいろいろな方向から包丁を入れることができます。これで大きな野菜も安心。

花より団子?
名より実を取ろう

確かに合理的なデザインではあるものの「本当にこれでいいのか…」とちょっと疑問に思わなくもありません。

あんまり美しいとは言えない印象だし、ニンジンやカブなんかの固い野菜はちょっと食べにくいかも。

でも、サラダをレストランで頼んだりコンビニで買ってくるよりは、ずっと健康的で経済的なのも事実。つくるのが苦じゃなくなり、自宅でサラダを食べる頻度が上がればそれでいいのかも。

見た目が綺麗に切れていなくとも、栄養が大きく変わるわけではありません。合理主義のあなたには重宝するかもしれません。

「Kickstarter」なら、ひとつ14ドル(約1,500円)から。日本へのシッピング16ドルを含めても、30ドル(約3,300円)で購入できるそうですよ。

Licensed material used with permission by No Clean Aquariums
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
ドレッシングがボウルの下に溜まったり、葉ものが元気なかったり、あの原因すべて解決しちゃいます。
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
心温まる動画をご紹介。
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
カットした野菜を、オリーブ油、塩、シークァーサー果汁で和えただけの超シンプルなサラダ。「野菜の大きさを均一にする」「氷水にくぐらせる」。この2点を押さえれ...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。