先進国を走る「バンブーバイク」が、ガーナの暮らしを変えていく

古今東西、竹を有効活用した製品は数多くあります。しなやかで丈夫な素材の特性を活かした自転車フレームもそのひとつ。アフリカ各国でつくられ、海外へと輸出されるバンブーバイクですが、ここに取り上げるのはその恩恵の部分。

途上国から先進国へと竹製のフレームが普及することで、さまざまなメリットを生産地の地域コミュニティにもたらしている例を紹介します。

竹製フレームの自転車が
先進国で走ることの意味

51e2e6c081ce6dac326ed4275b15e10243423ed3

ガーナ中央に位置する小さな村ヨンソに拠点をおく自転車部品メーカーの「Booomers」。この地域の教育システムの改善を目指す「The Yonso Project」の一環として、2009年にスタートした事業でした。

こう聞くと、ODA(政府開発援助)や先進国からのボランティアで成り立っていると、つい想像してしまうのですが、このプロジェクトはヨンソに生まれ、都会で生活しながら大学を卒業し地元へとUターンしてきた、1人の青年のアイデアから始まったそう。

輸出で収益を得ること以外にも、村の若者たちにもたらすメリットは、決して小さくないことがわかります。

01.
収益の一部で
子どもたちの教育をサポート

521c427f6af636a03026ada4e0e903e56ea5a1e2

Booomersの情報によると、ガーナ国内には経済的な理由から学校に通えない子どもたちが約50万人ほどいるそうです。授業料の支払いだけでなく、教科書や制服にかけるお金も苦しい、それが現実なのでしょう。

そこで、彼らはヨーロッパ、北米、オーストラリアに向けて、輸出したフレームの収益をガーナの教育設備へ投資したり、女性の社会進出を支援する活動に寄付してきました。

661be9238293cc7617a4a63a656f0d12d9b2abcc

このほか、通学距離が遠く学校に通うことが難しい子どもには、自転車を提供するなどしてサポート。これに賛同したUNICEFも、彼らのフレームを買い取ることで支援を続けているのだとか。

02.
働き口のない若者たちに
雇用のチャンスを与える

D38b054f8b55bc41d795e8e6e63fd8ab7ae56d104ebb8d5a68156f690df792489302cbbec7c3a781

発展途上国における経済成長率だけを見れば、ガーナは確かに高水準ですが、一方で国内の貧富格差が顕著になるなどの問題も抱えています。いわゆるスラム街に暮らす人々は、満足に働き口を見つけることも難しい現実が目の前に。

こうした状況を変えていきたい。Booomersはスラムの若者たちへの雇用を生み出すことにも積極的。現在、訓練を受けた約50名の若者たちが、フレーム製作に励んでいます。

これだけではありません。竹の栽培から伐採にいたるまで、就職先に苦しんでいた多くの若者たちが、竹製フレームを通して、働く機会を手にできているとのこと。

03.
増えすぎた竹の有効活用にも

0f7c52169dec85d3810c43502852ce1133b78131

人と情報の交流が活発化し、現在では自然の森の生態系に見倣って、樹木の間で農作物や家畜を育てる「アグロフォレストリー」が、ガーナ国内に広く普及しました。現在、ヨンソだけでも200人以上の農場経営者がこれを実践しているそうです。

そこでよく植えられているのが竹。ところが、一部の農園では成長の早さが災いして、逆に増えすぎてしまっているとの声もあるようです。

Booomersが目をつけたのは、こうした余剰分の竹。使用目的のないまま伐採された素材を有効活用するためのアイデアでもあったのです。

地域へと還元される
循環型システムに共感

A007e3004e966a00eabb904fefc7397820ed18c6

上の写真は、ユーザーのドイツ人カップルが竹製フレームの自転車で、ドイツから中国まで走破したときのもの。こうした各国ユーザーたちからの生の声が、改良に活かされ、ひいてはヨンソの若者たちに還元されています。

途上国から先進国へ、そして最後は地域コミュニティへ。

地域を支えるための事業がワークすることで、コミュニティ全体が潤う、こうした循環型システムに、異国の消費者たちも心が動かされているのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by booomers
生粋のサイクリストが開発した、「竹」をフレーム素材に用いた自転車が注目を集めています。トレンドやファッションとは一線を画す、このエココンシャスな「バンブー...
日本でブロックチェーンと言えば、仮想通貨を支える技術というイメージ。けれども、ガーナでは社会問題を解決するテクノロジーとして期待が高まっているようなんです。
日本では「湯水のように使う」という言葉もあるように、水は気軽に使えるものの代名詞。でも、世界的に見ればそれはとっても珍しいこと。今回紹介するガーナの村も、...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
よりよい暮らしのためには、教育が不可欠。けれど様々な理由で、その機会が与えられていない人もたくさんいます。そのひとつが、電源がないこと。そこでドイツの企業...
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
価値観が変わりつつあるとはいえ、ルワンダには、いまだに男性は仕事、女性は家事をするものという考え方が残っているらしい。この慣習があるがゆえ、女性が教育を満...
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
ガーナの企業が、プラスチックバックを道路として再利用する取り組みをはじめました。自然の影響を受けにくく、従来のアスファルトに比べて3倍は長持ちする新アイデ...
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
この「Arranged」という名のゲーム。いわば、すごろくです。遊びながら南アジアの女性問題、結婚問題を実感させるボードゲーム。いったい、どんなものなので...
「問題を共有し、世界を変えろ」を合言葉に、様々なジャンルの情報を発信している米メディア「faithit」。今回は、「多くの人が貧困問題を見誤っている」と世...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
ガーナ人のNeequaye Dreph Dsaneさんは、イギリスの街に絵を描き続けている。モデルは全員親友。それぞれの信念を持ち、社会的活動にはげむ人たち。
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
溶かしたチョコレートにナッツやビスケットを入れて固めるだけ。
「The School of Life」のこの動画、一見の価値ありです。学校教育の問題点さえ理解すれば、大人になっての矛盾に対応できるそう。って、もう遅い...
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...