1LDK一人暮らし「ボクらにちょうどいいIKEA」6点

IKEAには、およそ9500点ほどの商品があるんだそう。そのなかで、僕らの生活スタイルにすんなり受け入れられるアイテムってなんだろう?

たしかにコスパは大事。デザインだって重要。

でも、用途不問のシンプルさだったり、創意工夫にシャレが効いていたり、ちゃんとエコフレンドリーだったり……。そういう感覚でつき合えるモノこそ、日常にふさわしい道具なんじゃないかって。

僕らの暮らしにちょうどいい「IKEA」を集めてみました。

個人レベルで取り組めるゴミ削減
「フードカバー」

©2020 NEW STANDARD

ÖVERMÄTT(オーヴェルメット)
フードカバー

499円(税込)

おすすめポイント:

  1. 洗ってくり返し使える
  2. 素材を選ばず使える
  3. 容器や食材に合わせてフィットする3サイズ

寸評:

ゴミを出さないという観点が、まずもっていい。サイズが合わないものはラップを使うしかないけれど、併用することでゴミが減るのは間違いない。冷蔵庫を開けたときも華やかで気分がいいし。個人レベルのサステイナブルな取り組みって、楽しみながらじゃないとなかなか続けられないしね。

ちょい飲みに最適
「テーブル&チェア」

©2020 NEW STANDARD

TÄRNÖ(テルノー)
折りたたみテーブル&チェアセット

4999円(税込)

おすすめポイント:

  1. べランディングに最適なサイズ感
  2. チェアが2脚セットで付いてくる
  3. 折りたためて収納に場所を取らない

寸評:

ここまで簡素でいながらコストを抑えたガーデンファニチャーも珍しい。テーブルの天板はタテ×ヨコ約55cmのスクエア。これがバルコニーやベランダを占領しすぎない、ちょうどいいサイズ感。植木鉢を置いても様になるし、わざと雨ざらしにして、朽ちていく雰囲気を楽しむのもアリ。

一輪挿しもいける
「カラフェ」

©2020 NEW STANDARD

IKEA365+
カラフェ

大599円(税込) 小399(税込)

おすすめポイント:

  1. 用途不問のシンプルさ
  2. 冷蔵庫のドアポケットに収まる
  3. 強化ガラス製で熱にも強い

寸評:

IKEA的には「カラフェ」だそう。ドリンクを入れなくても、コーヒー豆や鷹の爪を入れてキャニスターにしたり、一輪挿しにも具合の良いサイズ感で重宝する。こういう用途を問わない意匠や、使い回しがきく点もIKEAならでは。

地球にも衣類にもやさしい
「シダーブロック」

©2020 NEW STANDARD

BORSTAD(ボールスタード)
シダーブロック

599円(税込)

おすすめポイント:

  1. 香料なしの天然レッドシダー木片
  2. ハンガーに掛けやすい綿ひも付き
  3. 靴の中に入れてもOK

寸評:

いわゆる防虫・防臭系の商品って、過度な香りがTOO MUCHだったりするけど、こちらは程よい天然のレッドシダー木片。香りを後付けしていない点も評価ポイント。1シーズン使ったら終わりだけど、使い終わったらストックしておいて、焚き火やBBQの火種にしたり。ゴミにならない点もGOOD。

あえて、テーブルの中心におきたい
「魔法瓶」

©2020 NEW STANDARD

BEHÖVD(ヴェホーヴド)
魔法瓶

999円(税込)

おすすめポイント:

  1. パステルトーンの中間色
  2. 卓上に置いても違和感なし
  3. 機能面はさておき、いい具合のユルさ

寸評:

機能性重視の魔法瓶はどうしたってギア感が強くて、暮らしの中ではちょっと窮屈。その点、これならダイニングテーブルにで〜んっと置いても、違和感がない(存在感はありすぎるが)機能うんぬんはさておき、こういったユルさが好み、という人にオススメ。

自家製ドリンクにちょうどいい
「保存瓶」

©2020 NEW STANDARD

KORKEN(コルケン)
フタ付き容器1L

249円(税込)

おすすめポイント:

  1. 飲み切りにちょうどいいサイズ
  2. レシピの材料計算がしやすい
  3. 並べて置くにも◎

寸評:

やっぱり自家製モノは、漬け込んだ瓶を並べて見える位置に置きたくなるもの。限られたスペースに置くには、できるだけコンパクトな方がいい。そこで「KORKEN」。大きすぎず、小さすぎずの1Lサイズが、飲みきりにもベストだと思う。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
IKEAでウォッチすべきは、インテリアだけにあらず。
サブスクリプションサービスが当たり前の存在になりつつある中で、IKEAも毎月決まった価格で家具を使えるサービスを展開するようです。
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
12月1日よりIKEAの家具を熟知した専門スタッフによる「組立代行サービス」が全国でスタート。
ニューヨーク市のMTAは、非接触型決済システム導入完了を発表。2023年にはメトロカードが廃止される予定。
多くの人の注目を集めるのが上手いIKEAイズムの真骨頂とも言えるのが、この広告キャンペーンです。新店舗オープンの際に、パリの地下鉄の駅をショールームのよう...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
IKEAの「LILLHULT リルフルト」は、なんてことはないLightning USBケーブルに見えて、実際に使ってみると絶妙な点がちらほら。
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
いくつもの大型店舗をどかーんと構えるIKEAが、マンハッタンに“らしくない”店舗をオープンしました。
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
IKEAの「ÖVERMÄTT オーヴェルメット」はシリコン製のフードカバー。洗って繰り返し使える。
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
これまでにも何度も展開され話題となった「IKEA」のPRキャンペーン「Wonderful Everyday」。新作動画のテーマは「クリスマス」。
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
衣類をかけてボタンを押すだけで服を除菌してくれる「スマートUV除菌ハンガー」が誕生。
1月5日より、Netflixが卑語をテーマにした新番組『あなたの知らない卑語の歴史』の配信を始めた。6話構成で、それぞれ約20分の長さとなっている。
コスパよし、サイズよし、見た目よしIKEA「テーブル&チェア」。天然アカシアの無垢材とスチールの脚を組み合わせただけの「TÄRNÖ(テルノー)折りたたみテ...
「IKEA」から、植物のある暮らしを提案する新コレクション「BOTANISK/ボータニスク」がデビュー。今週1日(月)よりオンラインストア及び全国のIKE...
全国の「IKEA」にスウェーデンの夏の風物詩「ザリガニ」メニューが登場。
サステイナブル建築でオープンしたイギリス・グリニッジのIKEA。彼らとしては、お客さんにも環境問題を意識してほしいみたいです。ということで、ユニークな看板...
2021年にウィーンに誕生する予定の「IKEA」の新店舗はなんと駅近で駐車場なしの都市型店舗。緑のファサードが特徴的な7階のビルは、ミレニアルズの溜まり場...
6月4日より全国のIKEAストアで低アルコールクラフトビールが発売された。ストックホルムで人気のブルワリー「Omnipollo(オムニポロ)」の人気ビール4種。