できる男の身嗜み。香水のように、時間経過で香りが変化する「汗ふきシート」

家を出る前に、香水をシュッとひと吹き。もしココが湿気の少ない欧米なら、それだけでニオイ対策は十分でしょう。でも、日本の夏は高温多湿。職場に着く頃には、ほとんど汗で流れ落ちてしまっている、なんてことも。

そこで、こんな「汗ふきシート」のススメ。

「大人のオトコ」のボディシート

07092e3a585c104ad30c6f9135fcdb7878ad359d

一見するとどこにでもありそうなもの。もしかすると、「まるでシャワーを浴びた後のように全身がクールに」という使用感も、他のソレと大差はないかもしれません。

しかし、PROUD MEN.(プラウドメン)の汗ふきシートには、圧倒的な差別化ポイントが一点。そう「香り」です。

なんと、3段階に変化!

A03d8813851362706738b5c26c1ed7bb0b706a57

地中海を思わせる、爽やかで奥行きのある「グルーミング・シトラスの香り」という基本コンセプトこそあれど、時間の経過に応じて3段階変化を楽しめるのが唯一無二の特徴。

初めは透明感ある洗練された「地中海シトラス」、時間が経つと心落ち着く「マリン・フローラル」、そして最後が、躍動感のある「ウッディ・ムスク」。この贅沢な仕組みは香水さながら。

ユニセックスでもオススメ

408f0760a53e17e49de818244ffa04cbf7be5e48

このプラウドメンは、化粧品ではなく、「ビジネスツール」であるというこだわりを持つブランド。表面的な美だけでなく、小さな自信や誇りとなって、ビジネスマンの背中をそっと押してくれます。

基本的には男性用ですが、ユニセックスでもオススメ。理由はとにかく「香りがイイ」から。特に第2段階の「マリン・フローラル」なんて、女性にもぴったりではないでしょうか。

香水のように使える汗ふきシート。日本の夏でいえば、香水よりも香水っぽく使えます。価格は12枚入りで410円(税込)。購入は全国の東急ハンズやロフト、一部のBEAMSのほか、こちらからも。

Licensed material used with permission by PROUD MEN.
〈プラウドメン〉の「グルーミングシートCM」は、通常の汗拭きシートの二倍以上のお値段。それでもこのアイテムを選ぶ理由は、とんでもなく香りがいいから。
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
〈プラウドメン〉の「スーツリフレッシャーCMミニ」は、シトラス・ムスクの香り。爽やかな香水のように上品です。
今年4月にローンチするブランド「IZUMI KAN」は、TPOに応じて服を選ぶように、色や空間、季節などに合わせた香りを「えらんで着る」香水を提案。「見え...
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
〈LUSH(ラッシュ)〉の練り香水は、1個約1,000円〜1,500円というプライス。手の平に乗るサイズの缶入りで、香りもいろんなベクトルのものがあって、...
香水でもルームスプレーでも、その時々の気分で変えてしまう。だけど、今現在、ことタオルに関しては、“このスプレーの香りがいい!”と思って毎日のように使ってい...
すれ違ったときや側にいるときに、ふわっとイイ香りを漂わせたい。そう思って香水をつけても、汗で流れたりしてなかなか持続しないことがあります。でもこれなら、肌...
スキンケア成分のみで作られているので、手にとってそのまま財布やベルトをケア。そのまま手になじませることで、ハンドクリーム的にも使えます。
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
夏は野外でのイベントも多く、炎天下に長時間……なんてことも。そんなとき気になるのが脇汗のにおい。たとえ他の人のにおいだとしても「もしかして自分?」なんて気...
ふとした時に思い出す香りだったり。何気なく、ふわっと感じる香りだったり。香りは、つけるひとにとって、記憶と結びつく大切なものです。出かける前に、シュッとワ...
クラウドファンディングサイトで決して低くない目標額である約200万円を、わずか4時間で調達したのが「Labfresh」だ。いくら汗をかいても、服に黒いシミ...
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
〈MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)〉の「アウトドア ストライプシート」は、上品なストライプ柄。見た目とは裏腹にガシガシ使えます。
焼きたてハンバーグをカットして上から押すと、断面から肉汁がジュワ〜。あれ、自宅でも再現可能です。
車内に吊るすタイプのエアフレッシュナーが有名な〈Little Trees〉。アメリカだけで毎年4億枚(!)が売れているそうです。なかでも人気、というか定番...
パイシートにバナナとマシュマロをのせて焼くだけ。
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
〈Matador(マタドール)〉の「POCKET BLANKET」です。写真だけみると、なんのことはない撥水加工をされたレジャーシートですが、畳むと手の平...
汗を全身でかきながら熱した空間に座り続ける姿は、我慢比べをしているように見えてしまう。それでも、毎日のように通い詰める人たちからすると、天国のような場所ら...
子どもの遠足用じゃないかと侮ってはいけない。強度のあるナイロン製で、専用ケースもちゃんと付属。73cm×78cmというサイズ感は、大人二人が腰掛ける必要最低限。