「Spotify」ユーザーの会話から選曲する技術を開発中!?

音楽ストリーミングサービス「Spotify」が、ユーザーの会話バックグラウンドノイズから特定のパターンを検出する技術に関する特許を取得。

この技術を利用することで、ユーザーが発する言葉のイントネーション抑揚から、性別年齢感情を判断したり、どこにいるのか何人と一緒にいるのかまで検出。得られた情報を用いて、状況にマッチした選曲をすることができるようだ。

また、配信される広告に関してもこの技術が応用可能で、より環境に適した広告が配信される可能性もあるとのこと。

ただし、大手IT企業が実際に実装されない特許を取得することは頻繁におこなわれており、今回の情報も公式には発表されていない

近年はユーザーのプライバシー問題に関しても重要視されていて、この技術に関して同様の問題を疑問視する声も挙がっている。

おもしろい技術であることは間違いないが、実装に関しては慎重に検討した方がよさそうだ。

Top image: © iStock.com/maxkabakov
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事