「Spotify」ユーザーの会話から選曲する技術を開発中!?

音楽ストリーミングサービス「Spotify」が、ユーザーの会話バックグラウンドノイズから特定のパターンを検出する技術に関する特許を取得。

この技術を利用することで、ユーザーが発する言葉のイントネーション抑揚から、性別年齢感情を判断したり、どこにいるのか何人と一緒にいるのかまで検出。得られた情報を用いて、状況にマッチした選曲をすることができるようだ。

また、配信される広告に関してもこの技術が応用可能で、より環境に適した広告が配信される可能性もあるとのこと。

ただし、大手IT企業が実際に実装されない特許を取得することは頻繁におこなわれており、今回の情報も公式には発表されていない

近年はユーザーのプライバシー問題に関しても重要視されていて、この技術に関して同様の問題を疑問視する声も挙がっている。

おもしろい技術であることは間違いないが、実装に関しては慎重に検討した方がよさそうだ。

Top image: © iStock.com/maxkabakov
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Netflix」が「Spotify」創業の物語をオリジナルシリーズ作品として制作することを発表!Spotify創業者のDaniel Ek氏とそのパートナ...
12月1日、オーディオストリーミングサービス「Spotify」が、2020年の音楽シーンをデータで振り返るべく、世界と日本のランキングを発表した。いつでも...
「Spotify」より新たに「Spotify Premium DUO」という2人で同居している人に向けたお得なプランが登場。通常のプレミアムプランが「月額...
Webアプリ「AUTOMISCE」は、Spotifyアカウントと連携することで、曲のデータを分析して、似たような曲調やジャンルの楽曲をリコメンドしてくると...
フレッシュで瑞々しいパプリカもいいけれど、天日に干したものを使ってつくるオムレツ。病みつきのおいしさです。
音楽配信サービス「Spotify」「Apple Music」「YouTube Music」「Deezer」が、差別的な表現を含むコンテンツを削除。「BBC...
今、Spotifyでほぼ無音のアルバムが公開されている。7曲あるとはいえ、再生して聞こえてくるのは風のような音だけだ。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
アメリカで展開されていて、日本未発売の「Hanes」のマスク。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...