「Spotify」や「Apple Music」が差別的な楽曲を配信停止

音楽配信サービス「Spotify」「Apple Music」「YouTube Music」「Deezer」が、差別的な表現を含むコンテンツを削除。「BBC」の調査結果を受けての判断だという。

BBCは記事で、問題の規模を計測するのは難しいものの、簡単に不快な表現のある楽曲を20曲以上見つけられたと語っている。それらは白人至上主義反ユダヤ主義同性愛嫌悪などを感じさせるとのこと。

繰り返しにはなるが、BBCは“単純な方法”で調べただけだそうだ。

となると……偏見のないプラットフォームの実現は非常にハードルが高いのかもしれない。「Spotify」「Apple Music」「YouTube Music」「Deezer」などの今後には注目だ。

Top image: © Merla/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事