Snapのカメラ内蔵サングラスがお洒落すぎ!「Spectacles 3」が今秋発売

2019年8月13日、Snapchatで知られる米国企業Snapは、カメラ内蔵サングラスの最新バージョン「Spectacles 3」を今秋11月に米国内で発売すると発表し、米国内での予約が開始された。

前モデルからさらに洗練されたデザインへと刷新された「Spectacles 3」は、シリーズ初の「3D」撮影対応の高機能カメラを搭載。

頑丈で軽いスチールフレームからなるサングラスの両側にはHDカメラが付いており、その2つのカメラによって、人間の目のように「奥行き」を捉えることができるようになった。

撮影した映像や画像は、ワイヤレスでiOSやAndroidのデバイスと共有することができ、Snapchatアプリ内で加工して送信したり、Youtubeなどにエクスポートすることも可能だ。

このカメラ内蔵

サングラスは、付属のケースで保管・充電できる。フレームの色は「カーボン(黒)」と「ミネラル(ベージュ)」の2色。

販売価格は$380(日本円で約4万円)といわゆるハイブランドのサングラス並の価格。昨年発売された「Spectacles 2」が$150だったので、比較すると約2倍も高くなっていることになるが、ハイブランドのそれと並べても見劣りしないほどデザイン性とデジタルガジェットとしての高い完成度から価格相当と考えることもできる。

機能とデザインの両面において、Snapの新作は“新世代のARウェアラブルメガネ”といえるだろう。

Top image: © Snap Inc.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

スポーツやレジャー、アウトドアなどさまざまなアクティビティで使われるアクションカメラに注目のギア「Gogloo E9シリーズ」が登場。応援購入サービス「M...
「旅先にメガネやサングラスを何本ももっていきたいけど、破損が心配」。そんな人にオススメしたい「WARBY PARKER」の「Parker Travel C...
見ている視界をそのまま撮影できるフルHDカメラ内蔵サングラス「THE pov」が登場。テンプルのボタンひとつで撮影スタート、撮りたいと思ったシーンを逃さない。
Snap(旧Snapchat)のサングラス型カメラ「Spectacles(スペクタクル)」。昨年は、神出鬼没のSpectacles自動販売機が話題になって...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...
「Makuake」にて販売中のシリコーンほうき「Tyroler」は、掃き掃除から水掃除まで一本でこなしてくれるバツグンの掃除効率を実現。