Snapのカメラ内蔵サングラスがお洒落すぎ!「Spectacles 3」が今秋発売

2019年8月13日、Snapchatで知られる米国企業Snapは、カメラ内蔵サングラスの最新バージョン「Spectacles 3」を今秋11月に米国内で発売すると発表し、米国内での予約が開始された。

前モデルからさらに洗練されたデザインへと刷新された「Spectacles 3」は、シリーズ初の「3D」撮影対応の高機能カメラを搭載。

頑丈で軽いスチールフレームからなるサングラスの両側にはHDカメラが付いており、その2つのカメラによって、人間の目のように「奥行き」を捉えることができるようになった。

撮影した映像や画像は、ワイヤレスでiOSやAndroidのデバイスと共有することができ、Snapchatアプリ内で加工して送信したり、Youtubeなどにエクスポートすることも可能だ。

このカメラ内蔵

サングラスは、付属のケースで保管・充電できる。フレームの色は「カーボン(黒)」と「ミネラル(ベージュ)」の2色。

販売価格は$380(日本円で約4万円)といわゆるハイブランドのサングラス並の価格。昨年発売された「Spectacles 2」が$150だったので、比較すると約2倍も高くなっていることになるが、ハイブランドのそれと並べても見劣りしないほどデザイン性とデジタルガジェットとしての高い完成度から価格相当と考えることもできる。

機能とデザインの両面において、Snapの新作は“新世代のARウェアラブルメガネ”といえるだろう。

Top image: © Snap Inc.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「旅先にメガネやサングラスを何本ももっていきたいけど、破損が心配」。そんな人にオススメしたい「WARBY PARKER」の「Parker Travel C...
Snap(旧Snapchat)のサングラス型カメラ「Spectacles(スペクタクル)」。昨年は、神出鬼没のSpectacles自動販売機が話題になって...
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。