Snapchatの「カメラ付きサングラス」。アメリカで販売スタート!行列できてます。

スナップチャット専用のウェアラブル「Spectacles」の販売がはじまりました。それは、ボタンを押すと自分の視点からみた景色を10秒までの動画として撮影でき、自動でアプリに記録できる注目のデバイス。

自販機がドン!とベニスビーチに置かれ、長蛇の列ができていました。

購入してるシーンはこちら。

画面には、“Processing”の文字。どうやらクレジットカードでその場で決済して購入していたみたい。後ろを通る人も興味津々。

レンズフィルターみたいに、
デジタルフィッティング!

まさにスナチャでレンズフィルターをかけてるような具合で試着できます。価格は129.99ドル(約13,900円)。

手に取ると、こんな感じ。

なかなかスタイリッシュ。

さて、一体コレ付けてどうなるの?というところ。すでに試してる人の動画も続々アップされています。

実際に使って撮った映像は、
まるでVRを観てるみたい!

ヘッドセットをつけて観る360°映像みたいですね。こんな具合に、自分が観ている景色そのものを保存できるようになります。

具体的な事前告知はなかったようです。日本に来るときも、こんなふうにイキナリどこかに現れるんでしょうか。試してみたい!

Licensed material used with permission by Chris Chavez
Snap(旧Snapchat)のサングラス型カメラ「Spectacles(スペクタクル)」。昨年は、神出鬼没のSpectacles自動販売機が話題になって...
この言葉はフィルター加工をした写真の自分になるために整形をしたいと考える症状を表します。
アメリカ・ペンシルバニア州にあるカーネギー・メロン大学のある研究チームが、同国内のクサい場所を共有できるアプリ「Smell MyCity」を開発しました。
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
アラバマ州にあるフォードの販売店が、自動車を購入した人に「アメリカの国旗」と「聖書」をあげるというキャンペーンを行なっています。
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
2018年12月13日、アメリカのケンタッキーフライドチキン(KFC)が、フライドチキンの香りがする薪を販売しました。
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
アメリカで人気を博しているボクササイズが日本にも上陸しました。ここで紹介するのは、そのトレーニングを自宅でできるようにしてくれるパンチングマシーン。見た目...
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
スキットルズを“飲める”ようになります!