「Snapchat」ARで「LEGO」を遊べる新機能がすごい!

「Snapchat」を開発する「Snap」が先日20日、ライブストリームイベント「Snap Partner Summit 2021」を開催。

第4世代となるARメガネ「Spectacles」の発表など、同社が力を入れているAR事業に関してのざまざまな内容が発表された同イベントで、あるユニークなARツールが披露されたようだ。

「LEGO Group」と共同開発したという「Connected Lenses」は、拡張現実世界でLEGOブロックを組み立てられるというツール

マルチプレイヤーに対応しており、近くにいる人と共同でLEGOブロックを組み立てられるだけでなく、遠くにいる友人と遊ぶことも可能になっているらしい。

© Snap Inc./YouTube

これまでには「LEGO」自身も独自のARアプリを開発してきたが、今回のソフトでは、同じ未来を構想する「Snapchat」と手を組む形になったようだ。

また前述のイベントでは、ARを利用したショッピングを提供するツールや、「Walt Disney World Resort」にてARエフェクトを利用できるようにするパートナーシップの締結なども発表されたとのこと。

さまざまな企業が模索するARの可能性。Googleを初めとしたほかの企業がどのような動きに出るのかにも注目しておきたい。

Top image: © Snap Inc.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事