貸し出すのは本ではなく人。いま世界に広がりつつある「ヒューマンライブラリー」を知っていますか?

どれだけ多くの本を読んで得た知識よりも、たった一人から体験談を聞くことの方が新鮮で刺激的で、インプットが大きかった。そんな経験をしたことはありませんか?ここで紹介する図書館がまさにそれ。なぜって、蔵書は本ではなく、さまざまな知識や経験をもった人間だから。

経験や個性のある
「人」を貸し出す
ヒューマンライブラリー

蔵書は本ではなく、あらゆる個性をもった人──。
「ヒューマンライブラリー(人間図書館)」は今から16年前の2000年春、コペンハーゲンで毎年開催されるヨーロッパ最古の野外ロックフェス「ロスキルド・フェス」のイベントの一環として、開館したのが始まりです。

野外音楽フェスに図書館とは、いささか妙な響きではありますが、ロスキルド・フェスはオーガニックフードを扱ったり、ゴミ問題に積極的だったりと環境に配慮したイベントとしても知られています。フェスの楽しさと同じように環境や社会の問題に向き合うこの場で開館することには、大きな意味があったのでしょう。

では、人が書籍となって貸し出される、ヒューマンライブラリーの仕組みについて見ていきましょう。

一人1回30分
対話から生まれる相互理解

ここで紹介する写真は、2015年夏に開館されたヒューマンライブラリーの模様。青空の下というのがいいですね。
アーティスト、ホームレス、シングルマザー、性的マイノリティー、イスラム教徒、ニート、難民、ヌーディズムなど、あらゆる趣味嗜好、個性、背景をもった50人がそれぞれ一冊の本となりました。彼らは皆、ボランティアとして無償で自身の経験を語ります。

バラエティ豊かに取りそろった“本たち”に興味をもった利用者は、一人1回30分ずつ、ページをめくるように彼らの情報や体験、価値観を生の声として聞くことができます。ほんの僅かな時間。ですが本を読んだのと同じ、あるいはそれ以上の経験が得られた、と利用者たちからの反響は絶大。1日8時間、4日間でのべ1,000人が利用し、ヒューマンライブラリーは大きな成功と注目を集めることになったのです。

警察官VSアーティスト
学生VSヌーディズム

たとえば、こちらの写真。向かって左側の男性は“本役”のグラフィティアーティスト。その話を聞くのは警察官。普段、どんな感情でストリートに作品を描いているのか?そんな彼の心情をうかがい知ることができたのかもしれません。
このほか、政治家の話を聞く10代の活動家。熱狂的なサッカーファンの読者は、フェミニストの「本」を熱心に聞き入っていたんだそう。

こちらは、全裸で生活するヌーディズムの男性の話を真剣に聞き入る10代の女性たち。本の代わりに経験を語る、ヒューマンライブラリーもうひとつの目的が「相互理解」にあるんだそう。偏見を捨て、お互いを知りあう場所にもなる。それが、書籍ではなく人が本となることのメリットなのかもしれませんね。

「本を表紙だけで
判断してはいけない」

本を表紙だけで判断してはいけない──。

ヒューマンライブラリーの考案者であるデンマーク人のRonni Abergel氏は、当初よりこのメッセージを送り続けてきました。蔵書となる一人ひとりは、社会的にみればマイノリティの人たちかもしれない。ともすれば、普段から偏見の目で見られることもあるでしょう。けれど、この図書館では彼らの話を聞くうえで大切な2つのルールを設け、利用者は貸出前、誓約書にサインをするそうです。ひとつは、“本”を大切にあつかうこと。そしてもうひとつは、敬意をもって接すること。貸し出し条件は、たったこれだけ。

表向きは「借り手」の利点ばかりに思うかもしれません。けれど、実際は「語り手」にも少なからずメリットがあるのがヒューマンライブラリーのいいところ。
本である語り手は、自分に興味を持ってくれた人に対して話すことで、理解しあえるチャンスを広げることもできる。「どうせ言ってもらからない…」そうした思いから話す側も同時に解放されていくんだそう。公式ページでは、これまで本となった多くの人々がその利点を挙げています。詳しくはこちらから。

世界70カ国以上に浸透
日本では、長崎県で開館

いま、ヒューマンライブラリーは世界各地のボランティアや公的機関の協力を得て、フィンランド、イタリア、オランダ、ポルトガル、スロベニア、オーストラリア、タイ、ルーマニアなど、世界70カ国以上で開館しているんだそう。そして、そのムーブメントは日本にも。
長崎県社会福祉協議会の協力のもと「ヒューマンライブラリーNagasaki」が年に数回開館され、相互理解を深める場として多くの人に利用されているようです。

SNSでいつでも簡単につながり合える世の中に、人と人とが介して語り合う場が生まれている。こうしたアナログなコミュニケーションが、いまの時代とても新鮮に感じませんか?

Licensed material used with permission by The Human Library Organization
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
4月12日から、二週に渡ってアメリカのカリフォルニアで開催された野外フェス「コーチェラ・フェスティバル」。初日には、アディダスの新作シューズが「AirDr...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
夏もすっかり過ぎて、外の空気がクールダウンしてきたら、今度はちょっと知的な読書の秋を楽しみましょう。丸一日、読書に没頭するもよし。または、逸品カクテルで喉...
4月27日から3日間に渡り、伊豆半島で開催される「RAINBOW DISCO CLUB 2019」。
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
長崎の市街地や美しい離島の風景からスタートする、とある映像。「ああ、長崎県のPR動画かな?」なんて思っていたら、どうやらそういうわけでもなさそう…、という...
世界的なビールブランドの発祥地、コペンハーゲンにあるインターナショナルスクール「European School Copenhagen」。この学校が建つ場所...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
「KEEN」が「FUJI ROCK FESTIVAL ’19」で販売したコラボレーションモデルと、参加者たちと一緒に作り上げたインスタレーションについてご...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
「鯛茶漬」というと濃いゴマだれをベースにした味を想像するかもしれませんが、長崎名物の鯛茶漬けはひと味違います。壱岐島(いきのしま)では、漁港で水揚げされた...
2019年は、伝説のロックフェス「ウッドストック」が1969年に開催されてから50周年。それを祝うフェス「Bethel Woods Music and C...
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
「フードロス(食料廃棄)」と聞くと、ピンとこなかったり、深刻な問題に聞こえる人もいるでしょう。でも、この問題を楽しく取り上げようとしている映画があります。...