スケボーに乗せた「仔ウサギの話」

ニューヨーク北部にある農場で暮らすJason Ambrosinoさんは、凍傷によって足が動かなくなってしまった仔ウサギに、手づくりのスケボーをプレゼントしたそうです。

動画には、前足で床を蹴り、後ろ足を引っ張りながら自由に動きまわる姿が。元気そうでなにより。

どうやらこのウサギちゃん、母ウサギが作った巣穴から飛びだしてしまい、寒さをしのげる環境に戻れず、凍えてしまった模様。

翌朝、倒れているところを農場の人々によって発見され、暖かい場所へと保護されました。が、そのまま足が動かなくなってしまいました。

幸い、順調に回復して元気を取り戻し、そのままスクスクと成長。前足で地面を蹴りながら力強く走りまわれるように。そこで、さらにその動きをサポートする道具としてプレゼントしたのが、このスケボー。詳しくは以下の動画で確認できます。

物語は絵本に

Jason Ambrosinoさんとその家族は、後ろ足が動かないことなんて気にもせず元気いっぱい走りまわる彼の姿に感銘を受け、出版資金を「Kickstarter」で募り物語を絵本に! 障がいのある子どもたちに、勇気を持って生きてほしいというメッセージが込められているそうですよ。

 

Reference:Inside Edton
Licensed material used with permission by Overlook Acres