坂道もグイグイ登る。電動スケボー「BLINK」の進化がすごい

スケートボードは、他の乗り物には真似できない圧倒的な機動力が魅力。とくに街中では、自転車では人が多くて移動が大変なところも、柔軟に移動することができます。

でも前に進む力は、すべて人間が地面を蹴る力。だから坂道なんかはとっても大変ですよね。そんな坂道も、グイグイ自力で登っていってしまうスケボーがありました。

30度の傾斜をスイーっと

そのスケボーがこの「BLINK」。一見ちょっとデザインがかっこいいかな?というくらいで、普通のスケボーに見えますよね。でも中身はすごいテクノロジーがたくさん詰め込まれた、最新型の電動スケボーです。

すべてのタイヤに
モーターを内蔵

人を乗せた状態で坂道を登れるパワーの源は、高性能なモーター。フラッグシップモデルの「QU4TRO」では、4つのタイヤすべてにモーターが仕込まれています。タイヤのなかに完全に入ってしまうハブモーター形式を採用しているので、外見からは動力が入っているなんてわからない見た目。さらに回生ブレーキを採用しているので、止まる力をつかって充電もできちゃいます。

最高速度はなんと時速37km!街中なら自動車と並走できるほどのスピードですね。もちろん、転んだらタダでは済まないので、しっかりとプロテクターをつけて乗りたいところです。

3時間の充電で
35km走行可能

電動ならバッテリーも必要だよね、どこにあるの?というのも、もっともな疑問。ボードの裏側に薄いリチウムイオンバッテリーを配置することで、重心の偏りを防ぎつつ大容量を実現しているんです。

バッテリー容量は、3時間の充電で35kmまで走行できるとか。これは片道なら東京から横浜まで行けちゃう距離。もはやスケボーの域を超えています。

手持ちのリモコンで自由自在
アプリとの連携も

コントロールは手に持つリモコン。レバーひとつのカンタン操作で、アクセル・ブレーキが自由自在。さらに専用のアプリと連携して、充電の状態や走行距離なども管理できます。

重量はスケボー全体でおよそ8kgと、持ち運ぶにはやや大変かなといったところですが、トリックをするわけではないと考えれば、ある程度重さがあったほうが走りが安定する、という考え方もありますね。

価格はモーターを4つ搭載した「QU4TRO」が1,099ドル(約11万円)、2つ搭載した「S2」が549ドル(約5万5,000円)、1つのみ搭載の「S」が349ドル(約3万5,000円)。INDIEGOGOでクラウドファンディング中で、達成率は850%を超えるほど。日本にも発送可能とのこと。

Licensed material used with permission by ACTON INC
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
蜘蛛みたいなルックスの「CYCLEAGLE」は、今、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をしている「4輪駆動の電動スケボー」だ。
電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が5月25日より、渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部でサービスを開始。...
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
「6curry」と「LEBECCA boutique」のコラボワンピース第二弾がお目見え。ジェンダーフリーに誰もが身に纏えるよう、レディースサイズとユニセ...
Uno Boltは、セグウェイに座れるようになったと思い浮かべてもらうと、分かりやすいのかもしれません。ポータブルではないけれど、今までの小型電動式の乗り...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
8月1日、電動スクーターのシェアリングサービスを展開するBirdが新型モデル「Bird Two」を発表した。
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
コンパクトに折りたたんでバッグに収納できる、世界でもっとも効率的でパワフルな電動バイク「smacircle S1」。
バーガーチェーン最大手「マクドナルド」初となる植物ベースの代替肉バーガー。2021年より発売開始。
今年の9月下旬から特例措置により、電動キックボードで普通自転車通行帯を走行するのが可能になると国家公安委員会が伝えている。
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
電動キックボードのシェアリングサービスを展開する「LUUP」は、サービス拡大に向けた新しいプロジェクトを発表。7月1日から、静岡県浜松市の農業公園「はまま...
11月中旬、ウサイン・ボルト氏が手掛ける「電動キックボード」の試乗会に参加してきました。
2020年11月28日(土)から来月27日(日)までの期間限定カフェ「FENDI CAFFE by ANNIVERSAIRE」が東京・表参道にオープン。
新型コロナウイルスやインフルエンザはもちろんですが、今年は同時に、見分けのつきにくい「風邪」にも気をつけなければなりません。「風邪にかからないためにできる...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
韓国のクルマメーカー、現代自動車(ヒュンダイ モーター)が先月26日に発表した電動スクーター。将来的には、ヒュンダイや起亜などヒュンダイモーターグループの...
「Onewheel+XR」には、レース用の太いタイヤが搭載されていて、オフロードでさえも駆け抜けることができます。最高時速30kmで走行することが可能なん...
スマホに直接接続して使える電動シェーバー「Plug Shave」。
あらゆるデッキに装着可能な電動スケートボードユニット。ハイスペックモデルの最高時速は時速42km/h!