その無骨さに、惚れた。

スピードは原付並み
手軽さはスケボー以上

近い将来、自転車に取って代わりそうな「電動◯◯」は、たくさん紹介してきた。どれもスタイリッシュなものばかりだけど、「Onewheel+XR」のそれは少し異なる。

むしろ、多くを語らないアウトサイダーに好まれそうなデザイン。

アメリカの荒野を物ともせず駆け抜けられるのは、その太いタイヤがレース用だからか。

だからこそ、トリックをしている姿は、鮮やかではなくて、迫力があるんだな。

最高時速30kmで走れるそうじゃないか。

車でもなく、バイクでもなく、お前と。

最高のロードトリップができそうだな。

 

スペックの詳細はコチラから

Licensed material used with permission byOnewheel
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
Uno Boltは、セグウェイに座れるようになったと思い浮かべてもらうと、分かりやすいのかもしれません。ポータブルではないけれど、今までの小型電動式の乗り...
11月5日、立ち乗り電動二輪車だけでなく電動キックスクーターや電動一輪ローラースケーターを展開する「セグウェイ」が、新製品として「電動オフロードバイク」を...
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
引越しする夢の意味とは?夢占いの専門家が人、シチュエーション別に解説します。
茨城県つくば市は、日本で初めてセグウェイが公道を走れるようになった街。「セグウェイは、ロボットという位置づけなんです。移動するための手段というより、移動を...
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
チェコのフェス「Colours of Ostrava」。特筆すべきはその会場です。以前、鉱山や製鉄所があった場所なので、辺りには鉄骨がむき出しになった無骨...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
ボリューミーなサイズも可愛いです。
格好良さ、機能性ありき。そのうえで環境に配慮されているサステイナブルなファッションブランドを3つピックアップ。
安全性を重視してつくられている「ベビーカー」は、子どもが成長するにつれて、少しずつ「お荷物」になってくるものです。行動範囲が限られたり、窮屈だったり…。そ...
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
水・陸・空を自由に移動できる「夢の乗り物」がイタリアで誕生しようとしている。「Linux」と名付けられたこの乗り物は、人が乗り込むカプセルを母体に、それぞ...
「ぎふコーラ」というクラフトコーラが、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で話題になっている。
今月11日の「カミングアウトデー」にクッキーブランド「オレオ」が1本のショートフィルムを公開した。
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
もう、彼女たちに一目惚れ。ウルウルとした乙女の瞳に、愛らしく咲く花々。これって、最強の組み合わせなんじゃない?たまには、こんなお花見もいいかもしれない。
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
蜘蛛みたいなルックスの「CYCLEAGLE」は、今、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をしている「4輪駆動の電動スケボー」だ。