「実はあまり使えない」そんなイメージを覆された翻訳デバイス

話すたびにスマホやパソコンを確認して、相手が何を言ったのかを理解しなければいけなかった翻訳デバイスだが、「Google Pixel Buds」の登場によって、その障壁は取り除かれた。

それでも欠点をあげるとすれば、2人で会話したければ双方がデバイスを準備する必要があったこと。この点さえもクリアにしたのが「Makuake」でクラウドファンディング中の「TwoBow」だ。

「Google Pixel Buds」とは異なる完全ワイヤレスイヤホン型。写真の通り、これでひとつのセットになっているため、相手と片方ずつ耳につければ会話が成り立つようになっている。日常会話だけでなく、ビジネスでも使えそう。

正直、実際には使いづらい印象があったリアルタイム翻訳デバイス。だけど、これなら相手の顔を見ながら話せるおかげで、カンタンに言語の壁を越えられるかもしれない。

Licensed material used with permission by Makuake
2020年の東京オリンピック開催に向けて、外国人観光客はさらに増えていくだろう。外国語にはめっぽう弱い日本人にとっては、悩ましい問題でもある。解決作に1つ...
「Langogo」は自動翻訳機としてだけでなく、モバイルWi-Fiルーターとしても機能するんです。
「コトバの壁さようなら」との謳い文句で発表された翻訳デバイス「ili(イリー)」が話題です。PR動画では、外国人男性が製品を使って次々と日本女性に声をかけ...
画像認識により手話を翻訳、モニターに表示させるシステムを開発した企業Signall。15人の熟練の研究者が集い、手の動きや速さ、表情を読み取り手話独自のニ...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。