築100年の教会が「スケ―トパーク」に生まれ変わった理由

1912年に設立された「サンタ・バーバラ教会」は、スペイン内戦の際に閉鎖されて以来、放置され廃墟と化していた。「ガーディアン」紙によれば、ここアストゥリアス州ジャネラは年間のうちおよそ200日が雨。だからなのか、自然とスケボー好きの若者が教会に集まるようになった。

プロジェクトをリードしたのは、自分たちの手でお金を集め、DIYでパークをつくっていったクルー「The Church Brigade」。

この度レッドブルと協力して、クラウドファンディングで資金を調達し、教会の内部を一新して新たなカルチャー発信地をつくりだした。

100eed253859bafef82b0acb8d324351d78e24d8E9cb5e4febb8a86f8362ee7bb0dfeb8742a7826275e5a536c3451df1ff82a9a91d85b77a564b3399E74c23afdf6beea54fa17fb4b5eded7cdc52fcfc

手作りされた教会内の設備に、『Kaos Temple』と題してグラフィックを描き加えたのは、ストリートアーティストの「Okuda San Miguel 」氏。

1997年に"ラクガキ"を始めたのち、次第にファインアートを学ぶようになりました。日本を含め、世界中で活躍している。

撮影には1994年生まれのスペイン人プロスケーター、Danny Leónが参加。パークの基礎を築いたクルーのErnesto Fernández Rey氏は、新しくスケートパークとして公開された「La Iglesia Skate(The Skate Church)」の魅力をインタビューでこう語った。

「めちゃくちゃ驚くよ。それに、ここで過ごす時間は本当に美しい」

Reference:The Guardian
スペイン北部の都市オビエドの近郊にある教会「La Iglesia Skate」の紹介です。
真冬の北海道にたった1ヶ月間だけ姿を現わす、“幻の教会”があることを知っていますか?氷だけで作りあげた夢想空間、それが「氷の教会」です。永遠の愛を誓い合う...
日常の喧騒から隔絶された、穏やかで静かな佇まい。視界そのものが建築であるような「水の教会」は、世界的建築家・安藤忠雄が設計した教会三部作の一つです。「水・...
エクソシストとは、カトリック教会におけるエクソシズム=悪魔祓いをできる神父のことだ。もちろん、オカルト、お伽話、ほら話、都市伝説と片付けることもできる。し...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
パレスチナにあるスケートパークでは、日々、子どもたちがトリックを練習しています。
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
何だコレ?ダサかっこいい!プッシュして進む姿はスケボーのようだし、2輪でハンドブレーキがついているメカニズムはチャリのようだ。あるいは、正面を向いたまま走...
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
「アーティストが住みついたビル」というコンセプトの新しいスポットが、2017年9月16日にオープンした。場所は、日本橋。一棟ビル丸ごと使ってアート・音楽・...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
人気動画サイト「The School of Life」が紹介するのは、スペイン語やイタリア語にみられる「矮小化」について。具体例として使われている単語を声...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...