アルプスの風景に現れた「無機質な赤」、コレなに?

とんがり帽子のように尖った山脈に、エメラルドグリーンの湖。スイスという国が連想させるのは息をのむような大自然だ。『アルプスの少女ハイジ』の世界にだって、柔らかそうな緑の芝生がどこまでも続いている。

その自然に中にあれ、ポツンと赤い建物が…。

青と緑の世界に加わった「赤」

その正体「The Juliertheatre」は、標高2,300メートルに建てられた劇場。周りには何もないからだろうか、近づくとまるで空に向かってニョキッとのびているかのよう。先月末にオープニングセレモニーが行われたばかりというから、よほどのスイス道でもない限り、まだ行ってない人がほとんどなのではないか。

 

「いつかね」なんて思わず、計画を立てはじめた方がいいかも。というのも、2020年の終わりには取り壊される予定だから。

そこには、「後は訪れた人々の記憶の中に残っていて欲しい」というメッセージ性がある。単にアーティストがパフォーマンスを行うだけではなく、建物そのものが“芸術表現”ということらしい。

自然との一体を目指す
パフォーマンス

劇場内で行われるパフォーマンスは、どうやら夕暮れ時におこなわれるよう。また、季節ごとにテーマが変わり、人だけではなく周囲の自然があってこその舞台となるようだ。

建物を所有する「Origen Festival Cultural」のディレクターも、「TRAVEL+LEISURE」に「景色とステージでのパフォーマンスを融合させたい」と。

施設は年中通してオープンみたいだから、この夏はもう予定があるという人でも大丈夫。もちろん雪が積もる冬でもね。ちなみに万が一のために、雪崩にも耐えられるつくりのようだから、そこはご安心。

Licensed material used with permission by Origen Festival Cultural
他の記事を見る
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
夏はトレッキング、冬はスキーなど、カップルや家族連れに人気のスイス東部グラウビュンデン州ブラウンヴァルト。写真は、グラルナー・アルプスが目と鼻の先にある標...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
Instagramでフォロワー数が20万人以上になる18歳の青年の絶景写真。彼が故郷であるスイスの自然の虜になったのは、今から2年半前のこと。まだ遊びたい...
絶景を見るぞ!と思ったら海外に注目しがちだけど、思い立ったら行けるところもあるようです。
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
スイス人作家ヨハンナ・シュベリによって書かれた『ハイジ』。原作は60もの言語に翻訳され、発行部数はじつに5,000万部以上だそう。世界中で愛され続けている...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...