まさに天空に架ける橋。スイスの世界最長吊り橋

スイスのマッターホルンに世界一長い吊り橋が架けられた。

全長494m、高さは85m。まさに天空に架ける橋だ。渡る人の姿は、空中散歩をしているよう。高所恐怖症の人にとっては、もう冒険である。

実際、地元ツェルマット観光協会も、この橋を“高所恐怖症ではないハイカーに限る”という警告を出しているのだとか。では、さまざまなアングルからチェックしていこう。

どのアングルも迫力満点

Eda9756dfee39779f79362be2d743d0b918b7fbf

ここから見ると空中散歩をしているよう。もっとも、橋を渡っている人にはそんな余裕はないかもしれないが。

8350cc7f171af8bab809a46255ea74fea9426d31

長すぎて橋の向こう側は、ほとんど見えない。

Df2127ab8b51b9493fc239a87db03d5ebe4099b7

この傾斜、ジェットコースター並、もしくは、それ以上。

8eb589a5f297d5550e875ba943b3ac357fb6732f

このアングルからは、かなりの高さがあることが分かる。

45585e93695084f881b05afb2228940df0cf98a8

ピンと一直線に見えるアングル。美しく輝くアルプスの山をバックにした幻想的なショット。

54f65f744e2265f371368155bbf93b04c77f3469

上空からのアングルは、橋の細さが浮き彫りに。手すりがなければ、まさしく綱渡り状態!

9d34237ffa31d1ad85ffb2a239b55dae72132358

こんな風に橋の上から山を狙って撮れたなら…でも、カメラやスマホは要注意。落としたら、まず見つからないだろうから。

ツェルマットと大分県の
意外な関係

Ea3de384ace53ee91d6241558b53e86258cf82f1

最後にひと言。日本人として、ひとつだけ残念なのは、ギネスの記録が塗り変わること。じつは、これまで世界最長の吊り橋と認定されていたのは、九州大分県の九重“夢”大吊橋(ここのえ“ゆめ”おおつりはし)だったのだ。

ちなみにこちらの長さは390mで、100mほど短い。が、高さは173mもある。ツェルマットに出かける前に、九重“夢”大吊橋で慣れておくなんてのも一案だろう。

Licensed material used with permission by Zermatt Tourism
南アルプスのふもとにある、大間ダムによってせき止められてできた人工の湖。ここでは、自然の景色とはひと味ちがった絶景が「夢の吊り橋」から楽しめます。
スイス人作家ヨハンナ・シュベリによって書かれた『ハイジ』。原作は60もの言語に翻訳され、発行部数はじつに5,000万部以上だそう。世界中で愛され続けている...
スイスと言えば大自然。アルプス山脈を電車で駆け抜けたりするイメージだけど、その自然の中にポツンと建てられた劇場がある。季節ごとにテーマを分けたパフォーマン...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
仕事で息抜きしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、ただカワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
夏はトレッキング、冬はスキーなど、カップルや家族連れに人気のスイス東部グラウビュンデン州ブラウンヴァルト。写真は、グラルナー・アルプスが目と鼻の先にある標...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
〈VICTORINOX(ヴィクトリノックス)〉の「スイスカード」。ポケットにもスリムに収納できます。26gと超軽量で中身もハサミ、ボールペン、爪楊枝までと...
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
冗談みたいなホテルが、本当にできるのだそう。採用された大胆なコンセプトは、スキーヤーならずとも必見です。
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
Instagramでフォロワー数が20万人以上になる18歳の青年の絶景写真。彼が故郷であるスイスの自然の虜になったのは、今から2年半前のこと。まだ遊びたい...
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。
本来、橋の役目といえば、対岸への移動手段。しかし、エーゲ海に面するトルコ・イズミルに架けられたBostanlı橋は、そこにとどまりません。多くの人々がここ...
スイスでは2018年3月から、動物保護関連の規定が強化され、甲殻類を調理するとき、痛みを感じないよう失神させることなどが定められる。これに世界では賛否両論...
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
小林豊/Yutaka Kobayashi海外で大ブームとなっている日本食。現在その厨房に立ち、世界に挑んでいる料理人がいる。言葉が通じなくてもどんな人でも...
天草には大小120の島々が広がるとともに、島々には個性豊かな橋がかけられています。海、空、島、そして橋が織りなす美しい風景が広がっています。ここでは、天草...
ここは、スイス第3の都市バーゼル。毎年、世界最大の現代アートフェアが開催されるなど、同国の中でも知名度の高い街と言っていいでしょう。実は最近、その街中にピ...
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...