大人になって何かに迷っているなら、ハイジのメッセージを聞きに行こう

『アルプスの少女ハイジ』。この作品のこと、彼女のことを知らない日本人は、ほとんどいないだろう。天真爛漫な少女の姿は誰の心の中にも残っているはずだ。あの彼女が実写映画として舞い戻ってきた。

ブレないハイジの生き方

スイス人作家ヨハンナ・シュベリによって書かれた『ハイジ』。原作は60もの言語に翻訳され、発行部数はじつに5,000万部以上だそう。世界中で愛され続けている理由をていねいに紐解いていけば、やっぱりここにたどり着く。

この物語には、心に響くメッセージが散りばめられている。

自分より人を優先する思いやり、できないことに挑戦する不屈の精神、どんな人にも公平に接する寛容な心…。それらを「哲学」と証すれば大袈裟だと思う人もいるかもしれない。けれどハイジのブレない生き方は、大切なことを忘れてしまいがちな、大人になった僕たちの姿勢を、今いちど正してくれるはずだ。

19世紀当時の様子を
忠実に再現

2b2eca1ec5d407c6e72a9556e0ea9ad17f17500e

監督アラン・グスポーターはスイス生まれ。ハイジに思い入れのあることから起用が決まった。

映画『ハイジ アルプスの物語』のこだわりは、スクリーンに映し出されるものすべてを、ハイジの生きた時代である19世紀で再現すること。そのためロケ地は、かなりの時間を使って入念にチェック。当時の印象を残すために、20世紀以降に作られたものは取り除く。そんな徹底ぶりだったらしい。

また、女性がなかなか仕事に就くことが難しかったり、あるいは、家の中に幽閉されがちだったりといった、当時のヨーロッパの社会的価値観もさりげなく演出されている。

500人の候補の中から選ばれた
“アルプスの少女”

Cc1394749f41f33ed19cccce8ca547d38d53efd7

制作におけるもっとも重要なキャスティングは、当然主役のハイジ。アルプスの少女役を務めるオーディションは、じつに500人以上の子役が集まったそうだ。主役の座をつかんだのはアヌーク・シュテフェン。制作チームが彼女に出会ったのは、オーディション開始まもなくのことだったそう。まだ他にいるかもしれない。が、結局、彼女を超える少女は現れなかった。

撮影時のアヌークの年齢は9歳。しかも、映画初出演だったにもかかわらずハイジという役柄を驚くほどに把握している。「ハイジは、陽気でどんな人でもありのままに受け止めるの。必要なものはすべて山にあることも知っているの」どうやら、アヌークがハイジ役を射止めたのは、運命だったようだ。

物語の根底にあるのは自分探し

E09c3947666075eeb6f81a6033c65caea917e7e9

この物語の根底にあるテーマは、自分自身のアイデンティティを探すことだ。それは、自分のいるべき場所を探すこと、自分の愛するものを知ること、あるいは、自分が心から望むことを見極めること。ハイジがアルプスの山へ戻ったシーンを見て、ふとそんな考えが頭をよぎった。

でも、よくよく考えてみれば、子どもたちはちゃんとそのことを知っている。たとえ、アイデンティティという言葉は理解できなくても。彼らは、心と体でそれを体現してるのだ。

そんなふうに解釈ができるようになったことは、単純に面白いことだと思う。なぜなら子どもの頃には、決してそんな視点では物語を追っていなかったから。そういった意味では、この映画は大人でも充分に楽しめる作品だということができる。もちろん、アルプスの山々も、実写ならではの美しさと迫力。エンドロールが流れる頃には、あなたもスイスを訪れたくなっていることだろう。

『ハイジ アルプスの物語』
2017年8月26日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開。公式サイトはコチラ

©2015 Zodiac Pictures Ltd / Claussen+Putz Filmproduktion GmbH / Studiocanal Film GmbH

Licensed material used with permission by ハイジ アルプスの物語
スイスと言えば大自然。アルプス山脈を電車で駆け抜けたりするイメージだけど、その自然の中にポツンと建てられた劇場がある。季節ごとにテーマを分けたパフォーマン...
誰しも、子どもの頃にブランコで遊んだ記憶があると思います。自分が成長するにつれてどんどん高くまで漕げるようになり、最後にはブランコから飛び降りてどのくらい...
夏はトレッキング、冬はスキーなど、カップルや家族連れに人気のスイス東部グラウビュンデン州ブラウンヴァルト。写真は、グラルナー・アルプスが目と鼻の先にある標...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
スイスのマッターホルンに世界一長い吊り橋が架けられた。全長494m、高さは85m。まさに天空に架ける橋だ。橋を渡る人の姿は、空中散歩をしているよう。高所恐...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
Instagramでフォロワー数が20万人以上になる18歳の青年の絶景写真。彼が故郷であるスイスの自然の虜になったのは、今から2年半前のこと。まだ遊びたい...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.45
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
空を泳ぐってこんな感じかも。背筋がゾクッとしそうだけど、写真でその浮遊感を想像してみて。ここは、イタリア北部にある「Hotel Hubertus」。UNE...
外資系広告代理店時代、後の席に座っていた女性AD(アートディレクター)に勧められたのがきっかけで読んだ漫画が「NANA」だった。
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
主人公は、アフガニスタンから家族と共にイランへ逃れてきた少女ソニータ。彼女の夢はラッパーになることだ。しかし、現実は、パスポートも滞在許可書もなく、退去通...
南アルプスのふもとにある、大間ダムによってせき止められてできた人工の湖。ここでは、自然の景色とはひと味ちがった絶景が「夢の吊り橋」から楽しめます。
娼婦ばかりを惨殺し、19世紀の英国を震え上がらせた連続殺人鬼Jack the Ripper。日本では切り裂きジャックと呼ばれ、その名を聞いたことがある人は...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
スマホやタブレットで映画を楽しむ人、最近とても増えましたよね。これから秋に向けて「夜長」をどう楽しもうか考えている人も多いでしょう。そこで、英BBC cu...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...