鮮烈なグルーヴ。魂に響く歌声。冒頭から、アフリカへトリップできる傑作。

アフリカのコンゴ民主共和国。この国には、過去100年に渡り、狂った植民地化から独裁政権へ、独裁から戦争へ、そして、混乱と略奪、破壊につぐ破壊が繰り返されてきたという歴史がある。猥雑さと喧騒が同居するこのカオティックな都市でサバイブするためには、タフでなければならない。

本作品『わたしは、幸福(フェリシテ)』のテーマは、本当の幸せとは何なのか?それは、理不尽と不条理に満ちた人生を生きる僕たちにとっての問いかけでもある。

あえて危険なキンシャサで撮影

41b4bb005181e8d3aada2962aa231bfdafcf0752

本作でメガホンをとったアラン・ゴミス監督によれば、この映画は、どうしてもキンシャサで撮影されなければならなかったとのこと。

しかしながら、当然、表と裏の顔を持つ街では苦労があったそうだ。ちなみにゴミス監督はセネガル系フランス人でありながらも、恐れを抱いていたようだ。スムーズな撮影が実現に至ったのは、現地チームとの連携プレー。運よくプロデューサー、ロケーション・マネージャーに恵まれて撮影が成功したとのことだ。

Fc263f7830f3d60625cbfe6646b93143ef9d5593

そのかいがあって、思わずカラダが動いてしまうグルーヴ、魂に響いてくる力強い歌声、そして、ねっとりとした生々しい空気感などが圧倒的な迫力で迫ってくる。それは、リアルなアフリカの姿だ。自然、野生動物、政治で語られることのないリアルなアフリカだ。

本当の困難が
様々なことを気づかせてくれる

3305a8203fbeba7597c69e7eba3cca9f4c7f74e6

物語の主人公は、フェリシテという黒人女性。女手ひとつで息子を育てている歌手だ。幸福という名前を持ってはいるが、実際の生活はかなりシビアな状況。次々と襲いかかる困難や容赦のない冷酷な現実の中で、傷ついた彼女は転落して、底に打ちつけられる。そして、ついには、絶望から歌えなくなってしまう。彼女は歌うときだけ輝くのに…。

3e35c43c0a2fecf3f8d7e86c69cb527c475c822468243a5a524408b14bc9411cf4b9ae2786720a0f

「本当の困難に立ち向かわなければ、希望について語ることはできない」

そんな監督の意図通り、いつの間にか僕もフェリシテと一緒にキンシャサの街の中を彷徨っていた。本当の幸せについて考えながら。つくづく、人生は、皮肉なものだと思う。なぜなら、底に打ちつけられなければ、気づかないものがたくさんあるからだ。最後、フェリシアが気づいた幸福とは何だったのか?ぜひ、劇場で確かめて欲しい。

『わたしは、幸福(フェリシテ)』
2017年12月16日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開。公式サイトは、コチラ

渋谷の街で
リアルなアフリカを体験

尚、『わたしは、幸福(フェリシテ)』の公開を記念して、パーティーイベントが開催される。アフリカの料理を食べて、アフリカの映画や音楽のトークや情報に触れ、アフリカダンスやジャンベ(アフリカの太鼓)まで、アフリカのすべてがぎゅぎゅっ!と一晩で体験出来るイベントだ。興味のある方は、リアルなアフリカを体験してみよう。

【渋谷でアフリカ・アフリカ・アフリカ!開催!】
■開催日:2017年11月29日(水)
■時間:Open 18:30 / Start 19:00
■会場:LOFT9 Shibuya 
■料金:映画『わたしは、幸福(フェリシテ)』鑑賞券付き ¥3,300 / 前売(イベントのみ)¥2,300
■前売券=peatix http://peatix.com/event/317969 / 電話受付=ムヴィオラ 03-5366-1545(月〜金)/ メール受付=info@moviola.jp(件名「11/29アフリカイベント予約」としていただき、お名前、人数、ご連絡先を明記ください。)
■出演者・参加者:熱帯音楽酒場Los Barbados / マサイマーケット / 佐藤ココア綾子 / サラーム海上(よろずエキゾ風物ライター/中東料理研究家/DJ)/ 原田尊志(EL SUR RECORDS)/ 吉田未穂(シネマアフリカ代表)
■イベント詳細は、コチラ。 

© ANDOLFI – GRANIT FILMS – CINEKAP – NEED PRODUCTIONS - KATUH STUDIO - SCHORTCUT FILMS / 2017

Licensed material used with permission by わたしは、幸福(フェリシテ)
1880年代以降、ヨーロッパ列強国によるアフリカ諸国の植民地争いに巻き込まれたコンゴ。人々は、暴力反対を訴え、平和を望む声が増えていくことになる。世界一お...
日本を代表するテクノDJ/プロデューサーのTakkyu Ishinoこと石野卓球と、俳優やタレント業でもお馴染みピエール瀧。高校生の頃に出会ったのち、89...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
人生は「食べること」と「芸術活動」だそうです。
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
Y’s(ワイズ)は、ファッションデザイナーの山本耀司(やまもとようじ)が1972年にスタートしたブランド。1977年の東京コレクションで鮮烈なデビューを果...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
ハワイに帰った時の一曲目は、竹内まりやの『夢の続き』だ。この曲に特別な想い入れがあるのは、川島透監督の映画『ハワイアン・ドリーム』の主題歌だったからだ。公...
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める...
ナイジェリアなどと国境を接するチャド共和国の「WenakLabs」という団体が作り出したのは、コンピューター。制作するにあたって、彼らは捨てられたモノから...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.30 「銀河鉄道999」小学生の頃、手に入れた宝物のひとつに銀河鉄道999のパスがある。アンドロメダ星雲を目指して宇宙...
フォトグラファーのヨシダナギさんがNAKEDとともにつくりだした空間は、彼女がアフリカで見た景色や人、動物を音や映像などで表現している。西武渋谷店A館で、...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.8「私をスキーに連れてって」先日、JRで展開されている「私を新幹線でスキーに連れてって」という広告を見た。このネタ元は...
とにかく音色がキレイ。そして心地いいグルーヴ感が存分に味わえる#120秒。どっからどう見ても怪しいヘンな奴らだけど、そのパフォーマンスは本物。まずは、その...
自らをフェミニストソングライターと呼ぶRachel Larkさん。トランプ大統領にも聞いて欲しいと言うフェミニズムの歌をYouTubeで公開した。どストレ...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
モンティ・パイソンは、60〜70年代にイギリスで活躍した伝説的なお笑いグループ。革命的な笑いは、アメリカの「サタデー・ナイト・ライブ」をはじめとして様々な...
昨年、クリスマスイブイブ(12月23日)にジョー・バターンのライブを観てきた。ラテンミュージックは、クリスマスにバッチリ合うことを知った。ラテンといえば思...