中国人が総個人商店化する!?

仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。

そんな自分にとって中国の変化のスピードは、もはや当たり前。何を見てもいちいち驚かなくなりました。

「経済発展」や「デジタル化」、そして「急速な社会的成熟」。

日本国内でもよく耳にするであろうこれらのワードは間違いなく中国の真実です。だけど、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変化じゃなくて、普通の人たちの変化への対応っぷりです。

今回は、そのなかでもグループチャットの使い方について書いてみたいと思います。 

ナビよりも早い!? タクシードライバー同士のグループチャット。

日本でも『LINE』などでグループチャット機能を使っている人は多いと思います。中国でもグループチャットは盛んで、仕事でも当たり前に使われています。

例えば、私が感心したのはタクシーのドライバーです。

自宅までタクシーを利用した際、そのドライバーは私のマンションの場所がわからなかったらしく、中華SNSアプリ『WeChat』のグループチャットに向けてボイスメッセージ。

“おい、◯◯マンションだ、◯◯マンション! 行く方法を教えろ! 至急至急、早く教えろ!!”

するとグループ内から、ソッコーでいくつも返答があって、無事私は自宅に到着しました。聞けば、“ナビなんか面倒くさい。これが一番早いんだよ”とのこと。無線の代わりみたい。

車内にジャラジャラと私物のアクセサリーをつけるような、ちょっとワイルドなドライバーだったけれど、グループチャットを使いこなす様は、かなりカッコよく見えました。

知らない人同士でも積極的に。

同じマンションの住民同士や幼稚園のママ友なんかでグループを作るのも流行中……と、それだけなら日本でも同じだと思うんですが、北京では顔見知りじゃなくても、マンションの住人という共通項さえあればどんどんグループに入れていて、知らない人同士のグループも多いのが特徴です。

会ったこともない人の間で、何のやり取りするのかと言うと、子どもの古着、おもちゃ、家具など、いらない物を安価で売り出すんです。共同購入のお誘いなんかもあります。

私のマンションにもグループあるのですが、それが発覚したのは、マンションの子どもたちがみんな同じモデルのNIKEのスニーカーを履いていたから。

“何、このシューズそんなに流行ってるの?”と不思議に思って聞いてみたら、アメリカ旅行に行く人がオーダー販売していたんですね。グループチャットがマンションという小さな共同体のトレンドを作っているのを目の当たりにしました。

そんなわけで、私も早速グループに参加。

“マッサージの回数券を買ったんだけど、一回ずつ売ります”

“今度、日本に旅行する時にこれを買おうと思うんだけど欲しい人いる?”

などのやり取りが頻繁に行われています。また、商品写真の背景に他人のお部屋が写っていたりして、“ふむふむこういうインテリアなんだなあ”なんて、ひそかにお家をチェックする楽しみも発見しました。 

物のやり取りにとどまらず、グループチャットがきっかけで同じマンションに住む人と友達になったとか、付き合い始めた、なんてことも起きているそうですよ。

そもそも北京のマンションは、とにかくデカイ。10棟もの高層ビルが一緒になって広大な庭で結ばれているようなタイプが少なくありません。小さな町のお隣り近所のようなものですし、収入や生活水準が似たり寄ったりの人が多いので、売買のやり取りでも安心感があります。遠くまで取りに行かなくてもいいし、宅急便の必要もありません。スマホ決済で支払いも簡単です。

グループチャットでの売買には、人間臭い側面も。

グループチャットだけで、商売が成り立っている個人事業主も相当います。

オーガニックの中国茶を専門で販売している人もいれば、服飾工場と繋がってセレクトショップを経営している人も。

口コミで広がっていく商売なので、普通のネット販売よりも信頼できると、中国人の若い人たちは言います。

私も買い物をしたことがありますが、気軽に商品のことを訊ねたり、洋服の場合サイズ感などを着用写真で送ってくれたりするので、そのちょっとしたコミュニケーションも楽しい。“好きそうなの、入荷したよ”とかなりツボを心得た先行メッセージを入れてくれたりもします。

ネットショップを持つよりも敷居の低いグループチャットでの販売。

私がおもしろいと思うのは、売り買いだけじゃなくて、それにまつわる心の通った会話や人との出会いまでを含んだ人間臭い側面です。どこか、昔の物々交換とか個人商店を彷彿とさせるんですよね。

いつか中国人がみんな何かを販売している、という状態になっても私は驚きません。

今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
北京で生活していると、日本人と中国人の考え方の違いに気づくことが多々ありますが、今回は“スキル”の話です。多くの中国人が絶対に日本人より高いスキルを持って...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
本日11月11日は、中国では1並びの「独身の日」です。毎年EC各ショップではこれにあやかってセールを行います。とくに中国最大のショッピングサイト『淘宝(タ...
数年前、中国の遊園地の植え込みで親が子どもにオシッコさせている! というニュースが日本でも話題になりました。衝撃を受けた人もいると思いますが、1年の半分を...
中国の配車アプリ『滴滴出行』。普通のタクシー、時間帯によってお得な白タク、ミネラルォーターのサービスもあるプレミアムな黒タク、さらには大型車など車種までも...
宿泊客同士のコミュニケーションを重視するソーシャルホテルのなかでも、アメリカ・マイアミに2ヵ所ある『Life House』のシステムはとくにおもしろいです。
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
ゆる〜いイラストで、東西の文化の違いを描いているのは、北京出身のSiyu。彼女は、北京で成長した後、アメリカ、イギリス、フランスで10年間ほど暮らしていた...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
中国の海南航空は、制服を一新することを発表した。注目すべきは、そのスタイル。まるでファッション誌に登場するくらいにスタイリッシュなのだ。デザインを担当した...
2015年9月3日、中国の北京で終戦70周年のパレードが行われました。しかし、その式典の内容とは別に、その前後で変わった街の空の様子にも注目が集まっていま...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
毎年、2月の春節(旧正月)が近づくと中国国内では、出稼ぎ労働者の帰省ラッシュが話題になる。どこの国にも帰省ラッシュは存在するだろうが、中国のその規模はハン...