中国で、ロッキー山脈の「キレイな空気」が飛ぶように売れている

深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、その中身が一味違うようですが、大反響の裏には北京市民の、藁をも掴みたい心境が伺えます。

ロッキー山脈の新鮮な空気が
北京で飛ぶように売れている!?

カナダ西部のエドモントンに工場を構える「Vitality Air」社。3,000メートル級の山々が連なり、手付かずの自然が残るカナディアン・ロッキー山脈の麓から、新鮮な空気をスプレー缶に詰めて販売しています。

この商品が、いま大気汚染に悩む北京市民を救う、救世主になろうとしています。中国で販売されているミネラルウォーターの、およそ50倍の値段にあたる100元(約1,872円)という高値にも関わらず、飛ぶように売れているんだそう。


北京市内に“赤色警報”
過去最悪の大気汚染

こちらは、深刻な大気汚染が進む北京市内の様子。写真に映る二人の後方数メートル先の視界が、もはやほとんど霞んで見えないレベルです。

2015年12月8日から10日にかけて、北京市内の大気汚染を示す警戒サインは、過去最悪レベル4に達し、子どもや高齢者の外出を政府が禁止する“赤色警報”が発令されました。対策が始まった8日朝、米国大使館が測定したPM2.5の濃度は、1立法メートル辺り291マイクログラム。WHO推奨レベルのじつに10倍に達する、酷い状況だったと「BBC」は伝えています。

「マスクを身につけていても不快に感じるほど。自分の身を守るためなら、できることは何でもしなきゃ」

取材に応じた、北京在住のLi Huiwenさんのこの言葉からも、我が身を守るのは自分の役目、と市民の藁をも掴みたい危機感が伝わってきます。

袋に詰めただけの空気が
2万円で落札!?

そんな中国都市部の状況に、ビジネスチャンスを見出したのが遠く離れたカナダのVitality Airです。2年前に立ち上がったばかりのベンチャー企業を「VICE News」がわざわざ特集を組んだのも、彼らの戦略が完全にはまったからでしょう。

創業者のMoses LamとTroy Paquetteの両氏は2年前、中国を頻繁に訪れていた友人から、深刻化する大気汚染について聞かされていました。「中国の人たちはきれいな空気を求めている」彼らは試しに、ジップロックタイプのビニール袋に地元ロッキー山脈の空気を詰め、インターネットオークションサイト「eBay」に99セントで出品。すると、価格はみるみる跳ね上がり、ついには168ドルの高値がついたそう。

コンテナ到着前に
全品完売の人気ぶり

これはビッグビジネスになる…。

彼らがそう思ったかどうかは分かりませんが、かくして二人はロッキー山脈の新鮮な空気を圧縮して缶入りする技術を開発。試しに北京市内で500個を販売してみたところ、わずか4日で完売。そうして、Lam氏は「The Telegraph」を取材を受けるほどに。慌てて追加で4,000個を発注したものの、こちらもまだコンテナが中国に到着していないにもかかわらず、すでに完売する人気ぶりなんだとか。

Licensed material used with permission by Vitality Air
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
北京に行った時、大気汚染で最も深刻な状態を表す「赤色警報」が出ていた。日の光がスモッグで霞んでオレンジがかり、午前なのにまるで夕方のような光景だったのを覚...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
取り付けておくだけで、室内の空気を綺麗にしてくれるカーテン「GUNRID」。2月18日、IKEAが来年までに発売すると発表しました。
スイスのコカ・コーラHBC社が、空気中の二酸化炭素を使って炭酸水を製造します。
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
大気汚染のレベルで模様が変わる服がNYのデザイナーによって開発されました。
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
「息をするのも苦しい」ペルーの首都リマの幹線道路に設置された看板に、記された衝撃的な文字。これはあるガス会社による、大気汚染の危険性を訴えるユニークな取り...
「なんだか空気が悪そうだな…」という時に役立ちそうなアイテム「PocketLab Air」。温度や湿度や気圧、二酸化炭素濃度やPM(粒子状物質)などを測定...
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
手のひらサイズの「TROPO」は、電動空気入れです。海水浴では浮き輪を、キャンプでは寝袋用エアーマットを膨らますことができます。逆の機能もあって、圧縮袋か...
旅先で迎えた解放的な朝、窓を開けてこう一言。「あ〜空気がおいしい!」。これを家で味わうために。
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
先日旅行で廈門市を訪れましたが、そこで利用したトイレが以前北京で経験した「ニーハオトイレ」と違いすぎて驚きました。リゾート地だったからかもしれませんが、中...
2019年12月、中国東部の江蘇省にオープン予定のシアター「Wuxi Taihu Show Theatre」。同国最大級の竹林をモチーフにしたもの。200...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...