中国で、ロッキー山脈の「キレイな空気」が飛ぶように売れている

深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、その中身が一味違うようですが、大反響の裏には北京市民の、藁をも掴みたい心境が伺えます。

ロッキー山脈の新鮮な空気が
北京で飛ぶように売れている!?

カナダ西部のエドモントンに工場を構える「Vitality Air」社。3,000メートル級の山々が連なり、手付かずの自然が残るカナディアン・ロッキー山脈の麓から、新鮮な空気をスプレー缶に詰めて販売しています。

この商品が、いま大気汚染に悩む北京市民を救う、救世主になろうとしています。中国で販売されているミネラルウォーターの、およそ50倍の値段にあたる100元(約1,872円)という高値にも関わらず、飛ぶように売れているんだそう。


北京市内に“赤色警報”
過去最悪の大気汚染

こちらは、深刻な大気汚染が進む北京市内の様子。写真に映る二人の後方数メートル先の視界が、もはやほとんど霞んで見えないレベルです。

2015年12月8日から10日にかけて、北京市内の大気汚染を示す警戒サインは、過去最悪レベル4に達し、子どもや高齢者の外出を政府が禁止する“赤色警報”が発令されました。対策が始まった8日朝、米国大使館が測定したPM2.5の濃度は、1立法メートル辺り291マイクログラム。WHO推奨レベルのじつに10倍に達する、酷い状況だったと「BBC」は伝えています。

「マスクを身につけていても不快に感じるほど。自分の身を守るためなら、できることは何でもしなきゃ」

取材に応じた、北京在住のLi Huiwenさんのこの言葉からも、我が身を守るのは自分の役目、と市民の藁をも掴みたい危機感が伝わってきます。

袋に詰めただけの空気が
2万円で落札!?

そんな中国都市部の状況に、ビジネスチャンスを見出したのが遠く離れたカナダのVitality Airです。2年前に立ち上がったばかりのベンチャー企業を「VICE News」がわざわざ特集を組んだのも、彼らの戦略が完全にはまったからでしょう。

創業者のMoses LamとTroy Paquetteの両氏は2年前、中国を頻繁に訪れていた友人から、深刻化する大気汚染について聞かされていました。「中国の人たちはきれいな空気を求めている」彼らは試しに、ジップロックタイプのビニール袋に地元ロッキー山脈の空気を詰め、インターネットオークションサイト「eBay」に99セントで出品。すると、価格はみるみる跳ね上がり、ついには168ドルの高値がついたそう。

コンテナ到着前に
全品完売の人気ぶり

これはビッグビジネスになる…。

彼らがそう思ったかどうかは分かりませんが、かくして二人はロッキー山脈の新鮮な空気を圧縮して缶入りする技術を開発。試しに北京市内で500個を販売してみたところ、わずか4日で完売。そうして、Lam氏は「The Telegraph」を取材を受けるほどに。慌てて追加で4,000個を発注したものの、こちらもまだコンテナが中国に到着していないにもかかわらず、すでに完売する人気ぶりなんだとか。

Licensed material used with permission by Vitality Air
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
北京に行った時、大気汚染で最も深刻な状態を表す「赤色警報」が出ていた。日の光がスモッグで霞んでオレンジがかり、午前なのにまるで夕方のような光景だったのを覚...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
ここで紹介するのは観葉植物の力を利用した空気清浄機「EcoQube Air」。あなたがやらなければいけないことは水やりをすることだけ。温度や湿度は、この製...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
「息をするのも苦しい」ペルーの首都リマの幹線道路に設置された看板に、記された衝撃的な文字。これはあるガス会社による、大気汚染の危険性を訴えるユニークな取り...
大気汚染のレベルで模様が変わる服がNYのデザイナーによって開発されました。
「なんだか空気が悪そうだな…」という時に役立ちそうなアイテム「PocketLab Air」。温度や湿度や気圧、二酸化炭素濃度やPM(粒子状物質)などを測定...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
旅先で迎えた解放的な朝、窓を開けてこう一言。「あ〜空気がおいしい!」。これを家で味わうために。
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
世の中に出回っているもののほとんどは、白や黒など単色でシンプルなものばかり。インテリアではなく、あくまでも空気をキレイにする家電だから、デザイン性がややイ...
米宇宙開発局(NASA)が推奨する観葉植物があります。宇宙と植物?のつながりではないようです。「inhabitat」ライターLucy Wang氏によれば、...
深刻化するインドの大気汚染を逆手にとって、排気ガスから集めた“インク”をアーティストAnirudh Sharmaさんは開発しました。
2015年9月3日、中国の北京で終戦70周年のパレードが行われました。しかし、その式典の内容とは別に、その前後で変わった街の空の様子にも注目が集まっていま...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
小さいけれど、とってもパワフルで賢いポータブル空気浄化機「Wynd」。500Lのペットボトルとほぼ同じサイズで、重量も約450g。