中国人も苦戦する無理ゲー「ART OF TAOBAO」に挑戦した話……。

本日11月11日は、中国では1並びの「独身の日」です。毎年EC各ショップではこれにあやかってセールを行います。とくに中国最大のショッピングサイト『淘宝(タオバオ)』は、大セールの日。

現地中国人にとって、そして、1年の半分を北京で暮らす私にとって、決戦の日とでもいいましょうか。

買う方、売る方、に加えて、届ける方も大戦争。毎年、この日を挟んで中国国内の宅配便は大混乱の様相です。遅延、紛失、間違いが大発生。今年もどんなことになるのか、セールが怖いような楽しみなような……。

日本でも知名度の高い『タオバオ』ですが、欲しい商品が決まっている場合はともかく、ふらりとサイトを開いただけでは目当てのものをお得に手に入れるのは至難の技なんです。

『タオバオ』で目当ての買い物をすることが、どれぐらい難しいか? これは私の実体験です。

写真もコメントも同じ。
なのに値段は3倍も違う!

昨年、寒くなってきたのでダウンコートを買ってみようと『タオバオ』を開いた私。

2016年の中国のトレンドは、ロングでオーバーサイズ気味、顔まわりにビッグファーのついたダウンでした。しかもカラーファーが可愛い! ということで快調に検索し、とあるアイテムにたどり着きました。

しかし、まったく同じアイテムを扱っているお店が後から後から出てきます。商品写真は韓国のInstagramから流用したものが多く、どれも同じ。お客さんのコメントまで同じで、どのお店がどのお店をコピーしてこうなったのか。もはやオリジナルはどこにあるのかさっぱりわかりません。

なのに、値段はバラバラ。3倍もの開きがあります。

中国語にさほど明るくない私は、翻訳サイトを使いながらの不自由なネットショッピング。この時点で、オリジナルを買える自信は限りなくゼロに近づいたので、失敗しても惜しくない価格設定のお店に狙いを定めました。

どんどん不安になる
「安心してください!」。

価格設定を安くしたものの、顔まわりのエコファーがポイントですから、粗悪なファーやボリュームのないものは嫌。というわけで、ファーの説明を詳しくチェック。

きつねの写真とともに、我こそはリアルファーを使っています! と言いたげなショップもあれば、他店と比べてピンクの発色が美しいことをアピールするショップも。

そもそも同じ商品なんだから、品質は同じじゃないとおかしいでしょ!

どのショップにも“安心してください!”と記載されていて、不安を増長します。

なかでもおかしかったのは、韓国から輸入してるアイテムのはずなのに、中国人のおじさんがCADの前に座ってパターンをひいている写真を掲載しているショップです。キャプションには、“今夜は徹夜で精密な作業をします!”とあり、真面目な仕事っぷりをアピール……。この写真、好評なのか複数のショップが流用しています。

いやいや、決定的に怪しいんですけど!!

そんなこんなで検索に疲れてきた頃、何やら直輸入オリジナル商品ですと書いてあるショップを発見。翻訳サイトで確認してみると“この秋、韓国ファッションの最先端をあなたに届けます。リッチでボリューミーなファーと最新のシルエットは注目の的。絶対に手に入れたいお洒落な逸品”という紹介内容。自信溢れるショップからのオススメコメントです。

おおお、コレコレ。こういうのが見たかった。

しかし、その次の行には、こんな一言が。

“でも、あなたはこの冬、ちょっとお金がないですね!”

ええええええっ? なにそれ?どういう意味???

あまりの混乱と疲労に、中国人の友人にリンクを送ったところ。“う〜ん、私にもわからない”との返信。

ここまで、すでに一週間も『タオバオ』とにらめっこです。

次第に、思考力も判断力も鈍り始め、“えーと、最初にチェックしたのどれだっけ?”みたいになってきたところで、最後は運を天に任せてエイヤッしかない! と、結局当てずっぽうに購入ボタンをポチッ。

全然違うってわけじゃないんだけど、美しい商品写真とはどこか似て非なるシルエットのダウンが送られて来ました……。

まあ、いいか。もう疲れたし。たしかに安いし。

『ART OF WAR』ならぬ、
『ART OF TAOBAO』。

こんなエピソードはいくらでもあります。

商品写真と発色が違うなんて言うのは日常茶飯事。ピンクのシャツを注文したらブルーが届いた。シャツを洗ったら2サイズも縮んだ。友達は三輪車を買ったら、やけに前の方に長くて、子どもの手が届かなかったそうです。

買い物の達人である友達によると、“言い忘れたけど、『タオバオ』は最近お店が増えすぎて何が何だかわからないよ。偽物ですとは書かないし。『タオバオ』で安いものには何か理由があるしね。いいものを探すのは本当に難しい」とのこと。

それ、早く教えてくださいよ……。

もちろん、そんな『タオバオ』にも攻略法はあるようです。

コメント欄を必読し、同じ雰囲気の他商品を一気に見せてくれるボタンをクリックし、さらにお店の年数と評価もチェック。同じ商品を何人が購入したかという数字も指針になります。

いや、しかし、です。

これらを実践したとしても完璧、というわけではありません。中国語が完璧ではない自分のような人間はもちろん、中国人もかなり苦戦している模様。

『タオバオ』は、年々お店の数と利用者が増加し、売る方も買う方も戦国時代。芸術的に難解なwebページを解読して戦いに勝つそのテクニックは、春秋時代の兵法家、孫氏による『兵法・the art of war』の現代版『ART OF TAOBAO』と呼ぶべき高等テクニックなのです。

もちろん、しっかりとした商品を売るお店や正規輸入代理店のお店もたくさんあります。いいものを良心的価格で売っているお店に行き着くことも多いですので悪しからず!

北京で生活していると、日本人と中国人の考え方の違いに気づくことが多々ありますが、今回は“スキル”の話です。多くの中国人が絶対に日本人より高いスキルを持って...
日本でも『LINE』などでグループチャット機能を使っている人は多いと思います。中国でもグループチャットは盛んで、仕事でも当たり前に使われています。
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
『Reborn-Art Festival 2017』の一環として、宮城県・牡鹿半島を舞台に繰り広げられる1泊2日の体験型アート『Reborn-Art Wa...
中国の海南航空は、制服を一新することを発表した。注目すべきは、そのスタイル。まるでファッション誌に登場するくらいにスタイリッシュなのだ。デザインを担当した...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
数年前、中国の遊園地の植え込みで親が子どもにオシッコさせている! というニュースが日本でも話題になりました。衝撃を受けた人もいると思いますが、1年の半分を...
ディレクターArthur Jonesがドキュメンタリーでスポットライトを当てるのは、タイタニック号から生還した6人の中国人。アメリカの歴史から消された彼ら...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
中国の配車アプリ『滴滴出行』。普通のタクシー、時間帯によってお得な白タク、ミネラルォーターのサービスもあるプレミアムな黒タク、さらには大型車など車種までも...
毎年、2月の春節(旧正月)が近づくと中国国内では、出稼ぎ労働者の帰省ラッシュが話題になる。どこの国にも帰省ラッシュは存在するだろうが、中国のその規模はハン...
ブロックチェーンのキーワードは分散化だ。じゃあ何がどう便利になるの? とくにイメージしやすい具体例は、電力だ。
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
現在、ロンドンの老舗ギャラリーThe Fine Art Societyで公開されている、中国人現代アーティストJacky Tsaiの個展が評判をよんでいる...
ラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭...
ビジネスチャンスは意外なところに転がっているもの。でも「名付け親」になることをビジネスにしようと決心した人は、あまりいないでしょう。10代のイギリス人の少...
鹿の解体に漁のしかけと、怒涛の1日目が終了し、翌日。2日目、最初のプログラムは、朝4時起きで漁に出るところからスタート(寝坊しなくてよかった……!)。