今年の「IKEA ART EVENT 2021」のラインナップが発表!

過去に、ヴァージル・アブロー河井美咲らとコラボレーションした家具を世に送り出してきた北欧家具メーカー「IKEA」の企画する「IKEA ART EVENT」

2014年から毎年開催され注目度が高まっているなかで、2021年のコラボレーションの詳細が発表された。

今回迎えられたのは、米国の現代アーティスト、ダニエル・アーシャムやドイツのグラフィックアーティスト、ステファン・マルクス、日本の3D造形ユニット・GELCHOPを始めとした5組のアーティストだ。

©IKEA ART EVENT 2021

“シュルレアリスム”をテーマに制作された今回のコレクションには、「六角レンチ型のテーブルライト」「ダリの絵画に登場するような時計」「ドローンの剥製ボックス」など、アート色の強いアイテムがラインナップされている。

また、同イベントの趣旨に「アートを民主化し、誰もがアクセスできて手頃な価格にすること」とあるように、一般的なアート作品と比べて低価格なのも嬉しいポイント。

全10作品の価格帯は、約2900〜7600円で展開されるということだ。

日本への展開予定はまだアナウンスされていないが、公式サイトによると4月に世界に向けてリリースされる予定。

例年と同じであれば、これらのアイテムは実店舗のみでの販売となるが、気になるアイテムを見つけた方は続報をチェックしてみてほしい。

©IKEA ART EVENT 2021
Top image: © IKEA ART EVENT 2021
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事