2017年夏、種子島で「宇宙芸術祭」が開催。

「宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を」。そんな謳い文句を聞かされたら、もう気にせずにはいられません。

2017年夏、宇宙をテーマにした新しい芸術祭がスタートします。

アートの力で、
「宇宙」をもっと身近に

この「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれていましたが、5年目にあたる2017年、ついに第1回として幕を開けることに。

本イベントでは、宇宙をテーマにしたアーティストの作品が展示されるほか、星空を見上げながら宇宙に想いを馳せる真夜中のイベント「星空カフェ」や、異次元の幻想的な世界を見せてくれるプラネタリウム「MEGASTAR II」が登場。普段は遠い存在である宇宙を、アートの力を借りることでもっと身近に感じられるかもしれません。

瀬戸内国際芸術祭や茨城県北芸術祭が話題になった2016年。それらのテーマの一つは、海や山などの固有の資源ですが、そこに新たに「宇宙」が加わることになります。そういう意味では、いろいろな芸術祭に足を運んだことがある人にとっても、新鮮な体験が期待できるのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by 種子島宇宙芸術祭実行委員会
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
「Airbnb」はバレンタインデーに向けて、イタリアのヴェローナにあるジュリエットの家「カーサジュリエット」に宿泊できる特別なプランを発表した。滞在中は専...