銀座に現れた「光の宇宙空間」が幻想的すぎる!

プログラマやエンジニア、建築家など、さまざまなスペシャリストで構成されたウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」。アート・サイエンス・テクノロジーの境界線を曖昧にしながら活動中の同社が手がけた「ナイトワンダーアクアリウム2015」については、以前にTABI LABOでも取り上げた

そんな彼らの新作個展「teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe」がポーラ ミュージアム アネックスにて開催中。今回も、訪れるものを非日常へと誘う、驚きの仕掛けが用意されている。

teamLab Exbition,Walk Through the Crystal Universe_R

作品名は「Crystal Universe」。無数の光を3次元空間に粒子として配置し、宇宙空間における光の動きを表現したインスタレーションだ。

スマートフォンのブラウザからアクセスし、宇宙を構成するエレメントを選択して、「Crystal Universe」に向けてスワイプする。それだけで、目の前に幻想的な宇宙が創られることに。

Crystal Universe_06_R

crystaluniverse_2_R

Crystal Universe_main_R

この作品のベースとなるのは、チームラボ独自の「インタラクティブ4Dビジョン」。汎用的な制御システムにより、3次元の動く立体物を簡単に、立体のまま映し出すことが可能となっている。

Crystal Universe_01_R

Crystal Universe_02_R

Crystal Universe_03_R

鑑賞者は、この3次元で表現した映像空間による「光の宇宙空間」を自由に歩き回る。そのことで空間全体が影響を受けながら、光は永遠と変容し続けるのだ。

Crystal Universe_04_R

Crystal Universe_05_R

Crystal Universe_07_R

同個展は2015年9月27日(日)までの開催を予定しており、入場は無料。気になる人はぜひ、まばゆい光の中への一歩を踏み出してほしい。きっと、壮大な宇宙のドラマを体感できるはずだ。

【開催概要】
teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe
・会期:2015年8月21日(金)~2015年9月27日(日)
・会場:ポーラ ミュージアム アネックス(〒104-0061 東京都中央区 銀座1丁目7−7)
・開館時間:11:00-20:00(入場は19:30まで)
・休館日:会期中無休
・料金:無料

Licensed material used with permission by teamLab 

「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
イラストレーターのThomas Duboisが描くのは、「宇宙の先」を考えさせるリアルな物語。国際宇宙ステーションが爆発し、無重力空間を漂うこととなった宇...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
いよいよやってくる夏休み。家族やカップルで出かけよう!と意気込んでいる人も多いはず。でも、いざ外出したら、暑さに負けて意気消沈。涼を求めて、用もないのにと...
ロシアのソユーズロケットに乗って宇宙を旅した、高知県ひまわり乳業の乳酸菌。その子孫たちを使って作られたグミ、その名も「宇宙のグミ」を紹介する。商品開発の経...
こっちはもう、夏真っ盛りだわよ〜。
いまや、日本だけでなく世界のデジタルアートシーンで確かな存在感を誇示しているチームラボ。2015年5月10日に終了した「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ...
宇宙ステーションの乗組員53名のために、シェフたちが無重力空間でのPIZZA作りにチャレンジしました。ほんとうに大丈夫?
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
日進月歩で研究が進み、ますます宇宙への進出が現実を帯びてきました。とはいえ宇宙に出るには当然、特別な訓練が必要です。今までは選ばれた数少ない宇宙飛行士しか...
北欧の降ってくるような星空を見事に切りとったのは、フィンランドを拠点とするフォトグラファーMikko Lagerstedt。水面に反射した光によって、なん...
宇宙空間で野菜の栽培をしている写真を見たことがありますか?国際宇宙ステーションでは、いまNASAの「水耕栽培」システムで植物の栽培研究が行われているそうで...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
「宇宙飛行士が冒険するのは、宇宙だけなんて誰が決めたんだ!」とでも言わんばかりにあらゆる世界を旅するキャラクターは、まさに、神出鬼没。現実の世界に現れたと...
宇宙の旅を想像してみよう。何万光年にも及ぶ途方もない距離を移動するためには、空間を飛び越えるワープ技術が必要不可欠だ。それこそ夢のような非現実的な話に思え...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
ウクライナのスイーツショップ「Musse」には宇宙色のエクレアがあり、まるで銀河を流し込んだかのように美しい。宇宙のような色・光沢・模様は専用のミラーグレ...
今夏、京都・下鴨神社に展示され大きな反響を呼んだチームラボの作品が、このたび東京に上陸。「見たかったけれど行けなかった」という関東在住の人には朗報と言えそ...
現在お台場で開催中の「DMM.プラネッツ Art by teamLab」が好調のチームラボ。その勢いは、衰えるどころかむしろ加速するばかり。今回は、これま...
そんな“果てしないロマンチック”から生まれた逸品を紹介しましょう。この「宇宙醤油」は、確かめようのない思いつきがキッカケとなり、YK STORESが開発し...