「あってはいけない世界」をフルスロットルで体現する、ブエノスアイレスの若手芸術家

南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引する雄。なかでもブエノスアイレスには、ラテンアメリカンアートばかりを集め世界的に評価の高いMALBA美術館をはじめ、最新アートに触れる美術館やギャラリーが数多く点在。芸術文化に親しむ土壌が整っている。

そんなブエノスアイレス生まれの若手アーティストの作品が、非現実過ぎてオモシロイ。彼の表現する「あってはいけない世界」、じわじわくる。

ボディブローのように
じわじわ効いてくるアート

21f9fd647bf2d8cd134199379eb33416d1dd9c55

デジタルアートを得意とするMartin Ariel De Pasqualeは、自身のポートレイト写真をPhotoshopで加工。非現実世界を表現する若手アーティストだ。「結局はCG加工じゃんか」と言われたらそれまで。そうだと分かっていても作品を見ていくうちに、まるでボディブローのようにじわじわと、彼のワールドに引きずり込まれていく。

あるものはそこにメタファーを感じ、またあるものはリリックな詩情を連想させる。かと思えば思わず失笑したくなる作品も。どう作品に触れ、どう捉えるかは個々人に委ねるとして、「普通じゃない世界」の違和感を楽しもう。

えっ?ええっ…!?
違和感を楽しみたい

6a602492584fff2c449d85f6b03b0bd6160f30c00c990a45eb101644e16002e2318e601e5e3cc4fe157ff342ce3edecf21588f3d7d57953052af0cf37acdcf347ae2971c9aaecce393a17657a6dcb779F6be4ece33064544a95d7a62a01dcccf067f84276f003904ca838e08220b01974567d230490330403990952c9fa230bc1fb5c8761b885f48631ca9d291b4ce1abaf588b7e8b83caba5e1144f9b5bd9f0D340343b219933f678ccc4ce01d8c8eec9028b7b17899dde464ac24de93d42f454cb7197cdfced01Ef2387cea34f17e53b8f05cf4cdad825b9ff403324a8cc792a67d6da99befec9a8970866dd9e39382d36c81b306b1232de5ccfb37a7fe4c1cef73b5a01791dfcdacae17204fbac48b65a657ae44f0ee13863628ab95651d878c1bb00c054c4c972590bab750cab70be87e7cdc72eaf07b05c15bf66f4b440

制作過程を紹介する動画はこちらから。

Licensed material used with permission by Martin Ariel De Pasquale
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
そう、これはどんなおうちにも転がっている、あの「タマゴ」の話。料理に欠かせない食材であることは誰もが知っていますが、まさかアートに昇華しちゃうなんて。これ...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
2008年、ニューヨークのイーストリバーに4つの滝をつくったオラファー・エリアソン。その作品は、光、空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、...
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
世界の名作と一体となったファッションに、心を刺激されてウキウキしてしまう。実際に会って話したこともないのに、写真からは大好きって言葉が聞こえてくるような気...
瀬戸内国際芸術祭2016で発表された作品「檸檬ホテル」。 古民家が1軒まるごとアート作品であり、1日1組限定だが泊まることもできる宿泊施設でもある。そんな...
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
「部族の暮らし」のなかにある、独特な芸術の世界へ招待しよう。身に付けるもの、肌に描くもの、纏うもの、その文化や思想は、私たちのものとはかけ離れているように...
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。
美術館に足を運んでは作品の前で裸体を披露し、一躍スペインの“お騒がせアーティスト”となっているエイドリアンさん。突飛なパフォーマンスに批判の声もだいぶ多い...
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...