左手をぺたり。「ハンドスタンプ」で、描く世界は無限大。

初めて見たときの感想は、生き生きしていて「あぁ綺麗だなぁ」。でも、そんな単純なものじゃなかった。よく見るとどの絵にも、端のかすれたところに見慣れたカタチの線があるじゃないか。

そう、実はこれ、手のひらに絵を描いて「スタンプしたもの」なのだ。

自身の左手をキャンバスに
絵を描き続ける

まずは、この動画を見てほしい。

こちらは映画『シザーハンズ』がテーマの作品。まず手のひらを白く塗り、その上に筆で絵を描いていく。

ここまで精巧に描いている時点でオドロキなのだが、注目ポイントは乾く前に素早く仕上げている点。だからこそ、紙にぺたっと押すと、手のシワや押し付ける力のムラによってかすれ具合が加わり、より雰囲気のある「スタンプ作品」になるというわけ。

他にも左手に描いた絵を背景と同化させたり、部分ごとに分けて描き、パズルのようにスタンプを押して大きな1枚の絵を完成させたり。手のひらで描く世界は様々だ。

454d1f865cecf38ba058ef17a06dfbc237c7ccac6fc956aba85db11c38e3a0c54b2e241912561c3aF6c3e4400b7e55d6ea9c9cfdaae955edab58aec1C06db4e9ab6f23043f08c5c086c946ecbbc94c70E78122b18212d8e32ed3491b9816f3d1edc3974691e75c8f2b086665a9f6f35b28348c1a3e7e50ba43301967ca4f7caf4deb1a17563cbed41462a7100b1821aa2f1be36d8190e5ee2b51363daf934e3c

ところで、製作者は何者なんだろう?当然、美術界隈の人だと思っていたら。

その正体は、小学校の先生。

35caa1ce84a14552138ec8186313f95b285cd107

実は、小学校教師Russell Powellさん。写真一番右の男性だ。その作品で約7万5千人のフォロワーを惹きつける人気インスタアーティスト。でありながら、子どもたちと戯れる姿も度々アップする親しみやすい先生。Instagramでは、可愛い子ども達と戯れる微笑ましい姿も見ることができる。

9ad6eccdc708e038701ee414482817a5e24518003b73a5ee063750ef83cf4ec7f1865d646ce272c3
Licensed material used with permission by Russell Powell
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
アート好きな人には怒られてしまいそうだが、普段から芸術に触れる機会が少ないと、たまに美術館へ行ってもなかなか良さを感じられなかったりする。だけど深い意味が...
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
コンピューターやインターネットの発達にともない、近い将来、人間が仕事を奪われてしまう「テクノ失業」が問題化するかもしれません。しかし、仕事は減るばかりでは...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
はじめはシンプルなきっかけだったそうです。ポーランドに住むMateusz Machは、ヒップホップが大好きな17歳。「友達同士のふざけたメッセージのやりと...
そう、これはどんなおうちにも転がっている、あの「タマゴ」の話。料理に欠かせない食材であることは誰もが知っていますが、まさかアートに昇華しちゃうなんて。これ...
この手に癒され続けて来たのだから、スタンプのようにペタッと残しておきたくもなりますよね。最近のインスタでは、#pawtattooで見るとわかる通り、実際の...
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...
2008年、ニューヨークのイーストリバーに4つの滝をつくったオラファー・エリアソン。その作品は、光、空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
プレゼントの中身は大切だけど、入れものだってその一部。ラッピング次第で、持ち運ぶときの気分だって変わるもの。そして、包むといえば「紙」。では、こんなアレン...
SNSやメッセージのやりとりが当たり前になってしまった今、封筒や便箋、そして切手を選んでまで手紙を出す、という人は少ないかもしれません。でも、昔の人たちに...
世界の名作と一体となったファッションに、心を刺激されてウキウキしてしまう。実際に会って話したこともないのに、写真からは大好きって言葉が聞こえてくるような気...
「部族の暮らし」のなかにある、独特な芸術の世界へ招待しよう。身に付けるもの、肌に描くもの、纏うもの、その文化や思想は、私たちのものとはかけ離れているように...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
飛行機に乗っていると、客室乗務員同士でハンドサインのやりとりをしている様子をよく見かけます。その内容が気になったあるユーザーが「easyJetのハンドサイ...