【裏ワザ】白シャツに付いたインクを綺麗に落とす方法(動画あり)

小さなお子さんが遊んでいて、または自分の手がすべって…。事情はどうであれ、ボールペンのインクが白シャツに付いて悲しい思いをした経験、一度くらいはありませんか?
でも、そんな悲劇が起きたときは、ぜひこの裏ワザを試してみて!

敷いて…垂らして…
トントントン!

FireShot Capture 1246 - ワイシャツに付いたインクを簡単に落とす方法【ビエボ】 I 便利裏技 - YouTube_ - https___www.youtube.com_watch_R

必要なものは、「歯ブラシ」「アルコールジェル」「タオル」の3つ。

FireShot Capture 1247 - ワイシャツに付いたインクを簡単に落とす方法【ビエボ】 I 便利裏技 - YouTube_ - https___www.youtube.com_watch_R

まず、インクが付いた箇所の下にタオルを敷きます。

FireShot Capture 1250 - ワイシャツに付いたインクを簡単に落とす方法【ビエボ】 I 便利裏技 - YouTube_ - https___www.youtube.com_watch_R

該当箇所にジェルを垂らし、

FireShot Capture 1252 - ワイシャツに付いたインクを簡単に落とす方法【ビエボ】 I 便利裏技 - YouTube_ - https___www.youtube.com_watch_R

5~10分、歯ブラシで叩きましょう。下のタオルにインクを“移す”イメージで、トントントン!

FireShot Capture 1256 - ワイシャツに付いたインクを簡単に落とす方法【ビエボ】 I 便利裏技 - YouTube_ - https___www.youtube.com_watch_R

そうすれば、ご覧のとおり、インクがタオルに染み込んでいます。

FireShot Capture 1258 - ワイシャツに付いたインクを簡単に落とす方法【ビエボ】 I 便利裏技 - YouTube_ - https___www.youtube.com_watch_R

この方法は、暮らしに役立つ生活の知恵の宝庫「ビエボ」ならではのもの。買ったばかりの新品や、長年寄り添った“相棒”にもしものことがあったとしても、これなら見事に蘇らせてくれそう!

Licensed material used with permission by ビエボ

思えば、ボールペンを使って文字を書く機会はめっきり減ってしまいました。“手帳派”の人もいるとはいえ、スケジュール管理はPCやスマホでカンタンに可能。以前は...
シャツやクロスにできた赤ワインのシミを取るのに、イタリアでは「白ワイン」を使うって、意外ですよね?こんな感じに国が違えば“シミ”の抜き方もそれぞれでオモシ...
使いたいときに油性ペンのインクが出ない。俗に言うインク切れは、ほとんどの場合ペンの内部でインクが乾いてしまっているのが原因。つまり、この“乾き”さえ解決で...
まだライターとして駆け出しのころ、毎日決まって白シャツを着る編集者に鍛えられた。怒鳴られるたびに視線が下へ下へと降りていくぼくは、いつからかその編集者の日...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
日々の暮らしをちょっと良くするハウツー動画サービス「ビエボ」に掲載された、レタスの芯を一瞬できれいに取る裏ワザをご紹介。これさえ知っておけば、1枚1枚葉っ...
先週はうんざりするほど雨続き。週末と月曜日は台風で、お気に入りの靴が泥だらけになってしまった人も少なくないはず。掃除用の歯ブラシを使って、自宅で綺麗にでき...
黒のタートルネックにデニム、足元ニューバランスはジョブズお決まりのスタイルだった。同様に、無地グレーのTシャツ姿は、ザッカーバーグの専売特許。見た目で自己...
揚げ物や生肉などの油が手に付くと、石けんでどれだけ洗っても、あの“ヌルヌル”は落ちませんよね。そんな時、みなさんはどうしていますか?実は、台所の“あるもの...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
今すぐ自宅の洗濯槽を洗わずにはいられなくなる―。今回はそんな動画をご紹介。用意するのは、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)とお湯のみ。実は、これらを使うだけ...
いかにも“コレ、染めにこだわってます”的な仕上がりじゃないところもイイ!
ウォッシングサロン〈Freddy leck(フレディ レック)〉。オリジナルプロダクトも人気です。そのひとつ「Galleseife(ガルザイフェ)」は、と...
スマホやPCとは違って、一目見ただけでは残量がわからない乾電池。引き出しの中にゴロゴロ転がっているけれど、どれが新品でどれが使用済なのかわからない!なんて...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
年賀状印刷をそろそろ考える…には、まだ鬼が笑うほどに気の早い話ですが、鬼でなくともちょっと笑えないような話。プリンターが自動告知するインク残量、それがちょ...
もう秋になったけれど、夏に蓄積された"カバンの汚れ"って、ちゃんとリセットできていますか?「Littlethings」の、ライターChristin Per...
牛の胆汁を使った石鹸で、油汚れや血液に強いことで知られているが、汗による黄ばみにも有効だ。
本当はお店でクリーニングしてもらったり、専用のモノを使ってお手入れするのが1番だとは思うけれど、近くにお店がなかったり忙しい人のために、今回は自宅でも簡単...