ヨーロッパで拡大中の「食用昆虫」

世界の食料事情のみならず環境まで救う救世主として、「昆虫食」は熱い視線を注がれています。日本でも、自動販売機で売られたり、レストランで提供されていたり。もっと言うと古くから食べる地域があったりしますが、一般的に食用昆虫を目にすることは少なく、もし見かけたら抵抗感……ありますよね。

でも、ヨーロッパではかわいいパッケージに入れられスーパーマーケットなどで普通に並べられていたりするんです。

例えば、フランスの「Jimini's」の商品とか。

姿や形で虫だとわかるスナックから、受け入れやすい(?)加工製品まで、他の食品と同じように陳列されています。

2012年に立ち上げられたJimini's。現在はイギリス、オランダ、スペイン、ベルギー、デンマークまで拡大。そして、今年に入りドイツでも販売スタート。先日も、同国のスーパーマーケットで、昆虫が原料の粉でつくられたパスタの販売も開始されました。

国外に目を向けると、このように日常で食用昆虫を食べることは珍しい時代ではないみたい。

Top image: © Jimini's
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

昆虫食通販「バグズファーム」を運営する「株式会社アールオーエヌ」が、昆虫食をより身近に感じられる昆虫酒700mlフルボトルサイズの取り扱いを開始。
2025年度には、世界の昆虫食市場が約1000億円となる見込みとリサーチプラットフォーム「MDB Digital Search」が推計。
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
ドバイの海に浮かぶ「Carrefour Bites and More by the Shore」は、海上スーパーマーケットです。食品や飲料水など300種類...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
「フェルトの女王」の異名をもつ現代美術アーティスト、Lucy Sparrowによるインスタレーション作品が人気だ。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...