ヨーロッパで拡大中の「食用昆虫」

世界の食料事情のみならず環境まで救う救世主として、「昆虫食」は熱い視線を注がれています。日本でも、自動販売機で売られたり、レストランで提供されていたり。もっと言うと古くから食べる地域があったりしますが、一般的に食用昆虫を目にすることは少なく、もし見かけたら抵抗感……ありますよね。

でも、ヨーロッパではかわいいパッケージに入れられスーパーマーケットなどで普通に並べられていたりするんです。

例えば、フランスの「Jimini's」の商品とか。

姿や形で虫だとわかるスナックから、受け入れやすい(?)加工製品まで、他の食品と同じように陳列されています。

2012年に立ち上げられたJimini's。現在はイギリス、オランダ、スペイン、ベルギー、デンマークまで拡大。そして、今年に入りドイツでも販売スタート。先日も、同国のスーパーマーケットで、昆虫が原料の粉でつくられたパスタの販売も開始されました。

国外に目を向けると、このように日常で食用昆虫を食べることは珍しい時代ではないみたい。

Top image: © Jimini's
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
未来の食事がテーマのレシピ本「Future Food Today」。ここには、昆虫を使った“ハンバーガー”や海藻の“ポテトチップス”、野菜の“ホットドッグ...
ドバイの海に浮かぶ「Carrefour Bites and More by the Shore」は、海上スーパーマーケットです。食品や飲料水など300種類...
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!
「フェルトの女王」の異名をもつ現代美術アーティスト、Lucy Sparrowによるインスタレーション作品が人気だ。
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...
蛾や蜜蜂、クワガタまで、JasmineさんのInstagramには、虫を使ったメイクがたくさん。グリッターやスタッズ、アイシャドウもうまく駆使していてとて...
これは竹細工。竹から生まれた昆虫たちに、私は惚れてしまった。細やかで美しく、力強い。まるで生きているみたいだから。
「バターメモ ブロック」は、メモをそのままバターに見立ててパッケージされています。パラフィン紙のパリパリした感じとか、このままスーパーの食品コーナーに置か...
未来の食糧として期待される「昆虫食」。口にする機会は少ないのだが、今「ヴィレッジヴァンガードオンライン」でタガメ味のサイダーや昆虫のふりかけが購入できる。
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
今日、世界的に危惧されている食糧危機。万が一、明日直面することになったら、あなたはこんな料理を食べられますか?
みんな、昆虫食には興味ないだろうか? 私は最近、激しく興味を抱いている。なぜかって?栄養価が高く、国連食糧農業機関(FAO)から食糧不足を解消する手段とし...
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
都市計画からプロダクトデザインまで、幅広い分野で活躍しているUNStudio。彼らが、アムステルダムからフランクフルトまでを53分で走行する“ハイパールー...
まだ食べられるのに、消費期限が近いことを理由に大量に捨てられてしまう食品。商品の在庫や消費期限を追跡して、それに合わせた価格設定や入荷予測を自動で行う新し...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。