シンガポールの街なか 謎のアーティストが「ふせん」に描く、背中を押されるメッセージ

誰かに背中を押されているような、ちょっと前向きになれるイラスト入りのメッセージが、シンガポールの街のあちこちに出現。どうやら、すべて一人のアーティストによる、いわばゲリラ的な活動。でも、街を汚す落書きとはひと味違います。なぜって、全部「ふせん」に描かれたものだから。

人生に大切なことは、
すべて“ふせん”に書かれていた

Instagram上で活動を続ける謎のアーティストpostitguy(ポストイットガイ)。シンガポール在住ということを除いては、ほとんど情報が謎のまま。ふせんに描いたメッセージを、公共の場にペタペタ貼り付けてInstagramにアップしています。こうして、いつしか謎のアーティストは1万人を超えるフォロワーが集まる街の人気者に…。

あなたにも“刺さる”メッセージが、きっと見つかるはず。

01.
誰かの気持ちが曇っていたら
キミが虹になってあげよう

02.
新しい朝が来るたびに
人は生まれ変わるチャンス!

03.
誰かの幸せな姿で
自分まで幸せになれたとき…
それが「愛」なんだよね

04.
どんなこも「やってみよう」
その一言からはじまるんだ

05.
誰だって人生は“期間限定”
上手に使わなきゃね

06.
チャンスは一度きり

「コンコン…」
「誰ですか?」
「どうも、チャンスです」
「嘘だね。だって、チャンスは一度しかノックしないはずだよ」

07.
笑顔になれたのなら
後悔なんてしちゃいけない

08.
人生は一度きり。
リハーサルなんてないよ

09.
未来は、いつだって
いま、ここからはじまるんだ

10.
いつでも安心していたい?
人生なんてあやふや
まずは、それを知らなきゃね

11.
幸せって、心の中の仕事

12.
まずは自分の「限界」を知ること
やるかやらないかは、それから

13.
理想の自分って大変…

こうならなきゃいけない自分⇒ストレス
ありのままの自然体⇒HAPPY!!!

14.
まずは夢見ることから。
それができたら
さあ、はじめよう!

15.
自分だけの美しさを
手に入れようよ!

16.
思考と感情が葛藤してたなら
感情のおもむくままに

17.
いつ何が来てもいいように
心の「扉」は開けておこう

人気爆発!ついには書籍化

こんなメッセージをひたすら書き続け、街に貼り続けたpostitguy。なんと、ついには画集として本になってしまいました。さらには、関連グッズまで。画集はアマゾンでも買えるようだから、興味ある人はこの謎のアーティストのブログをチェック!

Licensed material used with permission by Things we forget
他の記事を見る
なんかちょっと、変なんだけど。
シンガポールのクラーク・キーには、今や大手旅行会社もインスタ映えするスポットとして注目する建物、The Old Hill Street Police St...
ハリー・ポッターにインスパイアされたというシンガポールのカフェ「Platform 1094(プラットフォーム 1094)」を知った途端、『ハリー・ポッター...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
あのb-monsterが羽田空港にオープン日本初、空港内にあるフィットネスジムb-monster HANEDA studio〒144-0041 東京都大田...
日本からしたら意外かもしれない、シンガポールのあるあるを9個紹介。体験談入り。様々な罰金制度の他にも、チャイニーズ・ニューイヤーでお店が休みになること、結...
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
「teapasar」は、シンガポールで新しくオープンした紅茶専門店。と言っても店舗はなく、販売はウェブサイトのみ。全種類の詳細データを管理しているので、簡...
「いやいや、どこに顔を描いてるの!」と突っ込みたくなるアート(?)をご紹介。アーティスト・Ana Hell氏の手にかかれば、なんと「人の背中」だってキャン...
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第五弾はシンガポール編です。どういうわけか物憂げな表情が目立つミレニアルズの毎...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
ポーランド出身のアーティストであるMariusz Kedzierskiは、25年前に手を持たずに生まれてきました。手のない彼が、人々の顔を描いて「諦めずに...
地域インフラが整い、「クリーンさ」を強く印象づける国・シンガポール。新たなクリーン戦略の一環として、学校教育の現場で生徒たちによる放課後の清掃が、2016...
「Wizarding World Holiday at Changi's」は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル内で開催されています。
「シンガポール・チャンギ国際空港」がさらなる進化を果たし、世界一の座を揺るがないものにしようとしています。
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
軟膏薬タイガーバーム (虎標萬金油) をつくって大成功した、胡文虎と胡文豹の兄弟により建設された公園。主にコンクリートを用いて造形された1,000以上の像...
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...