シンガポールの街なか 謎のアーティストが「ふせん」に描く、背中を押されるメッセージ

誰かに背中を押されているような、ちょっと前向きになれるイラスト入りのメッセージが、シンガポールの街のあちこちに出現。どうやら、すべて一人のアーティストによる、いわばゲリラ的な活動。でも、街を汚す落書きとはひと味違います。なぜって、全部「ふせん」に描かれたものだから。

人生に大切なことは、
すべて“ふせん”に書かれていた

9ff6c541dbe46dcf99ff79e8cca28f715d6e31a9

Instagram上で活動を続ける謎のアーティストpostitguy(ポストイットガイ)。シンガポール在住ということを除いては、ほとんど情報が謎のまま。ふせんに描いたメッセージを、公共の場にペタペタ貼り付けてInstagramにアップしています。こうして、いつしか謎のアーティストは1万人を超えるフォロワーが集まる街の人気者に…。

あなたにも“刺さる”メッセージが、きっと見つかるはず。

01.
誰かの気持ちが曇っていたら
キミが虹になってあげよう

E7f055e1909dd22bbdab784ddd58e815510a1831

02.
新しい朝が来るたびに
人は生まれ変わるチャンス!

E98ab6a236fd9435854f5dc42a6fbfb7cb516a62

03.
誰かの幸せな姿で
自分まで幸せになれたとき…
それが「愛」なんだよね

626f6f516e6400e4854e359228d87b5d3d41db8d

04.
どんなこも「やってみよう」
その一言からはじまるんだ

F137e23fede74626d222e3a6b0c914367ec393cf

05.
誰だって人生は“期間限定”
上手に使わなきゃね

D081c882c0fa4a2718113678c3f3b683f0f82313

06.
チャンスは一度きり

C986e65d10fa6e56ec5ebf4ec8a1e594128d470e

「コンコン…」
「誰ですか?」
「どうも、チャンスです」
「嘘だね。だって、チャンスは一度しかノックしないはずだよ」

07.
笑顔になれたのなら
後悔なんてしちゃいけない

Fb1217a1534ccf351933ee94ab2194755a4a1d89

08.
人生は一度きり。
リハーサルなんてないよ

182d96b23683f71a9751bf81425619c9889aa2ae

09.
未来は、いつだって
いま、ここからはじまるんだ

5d2e8bf13364da0bdeaabeec8b6c0ac8086f00a6

10.
いつでも安心していたい?
人生なんてあやふや
まずは、それを知らなきゃね

Edc56c48050e9241a758bb886ec7874a922058e3

11.
幸せって、心の中の仕事

7a1f03d6dbe503c28d4f107b433003682b0f9711

12.
まずは自分の「限界」を知ること
やるかやらないかは、それから

4660d2921be7023a5983e5c20e271f5e789cc40c

13.
理想の自分って大変…

48c4a8a29770fdd90558c4071ff1ed8208b3a871

こうならなきゃいけない自分⇒ストレス
ありのままの自然体⇒HAPPY!!!

14.
まずは夢見ることから。
それができたら
さあ、はじめよう!

677ab7cf487524218cd73b7979673a5f209e24ae

15.
自分だけの美しさを
手に入れようよ!

45ad094cbb9de4d8f34fa3cd591952d38e21133f

16.
思考と感情が葛藤してたなら
感情のおもむくままに

0acdb357833b79cf8453012d149de6d2e3fdc5fd

17.
いつ何が来てもいいように
心の「扉」は開けておこう

92030619800f13454a9bc353b6817d1c357efa2dA34f472df20d33bc0a88fad8c6b13c2235748dd9

人気爆発!ついには書籍化

532516c59b2b2465d23f0df8e2c6e86e46a54b4fD73cdf8b71eb9bc1590e85c01f8357c25f5c3477

こんなメッセージをひたすら書き続け、街に貼り続けたpostitguy。なんと、ついには画集として本になってしまいました。さらには、関連グッズまで。画集はアマゾンでも買えるようだから、興味ある人はこの謎のアーティストのブログをチェック!

Licensed material used with permission by Things we forget
なんかちょっと、変なんだけど。
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
日本からしたら意外かもしれない、シンガポールのあるあるを9個紹介。体験談入り。様々な罰金制度の他にも、チャイニーズ・ニューイヤーでお店が休みになること、結...
ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
ジョッキに麺が入っています。衝撃!
「いやいや、どこに顔を描いてるの!」と突っ込みたくなるアート(?)をご紹介。アーティスト・Ana Hell氏の手にかかれば、なんと「人の背中」だってキャン...
ポーランド出身のアーティストであるMariusz Kedzierskiは、25年前に手を持たずに生まれてきました。手のない彼が、人々の顔を描いて「諦めずに...
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第五弾はシンガポール編です。どういうわけか物憂げな表情が目立つミレニアルズの毎...
9月6日に開催された受賞イベント「Pornhub Awards」に合わせて、ロングスリーブTシャツを一緒に制作しました。
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
ヘリコプターから眺めた街を、何の迷いもなくサラサラと描いていく。世界中の都市をドローイングするStephen Wiltshireさんは、見たものを細部まで...
地域インフラが整い、「クリーンさ」を強く印象づける国・シンガポール。新たなクリーン戦略の一環として、学校教育の現場で生徒たちによる放課後の清掃が、2016...
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
アーティストのLipstick Lexの描く絵はすべて、自らの唇と口紅を使って描かれている。口紅を絵筆のように握り描いて、恋人にキスするようにやさしくキス...
軟膏薬タイガーバーム (虎標萬金油) をつくって大成功した、胡文虎と胡文豹の兄弟により建設された公園。主にコンクリートを用いて造形された1,000以上の像...
ピンク色の豆の形をしたキャラクター“Ketnipz”。神出鬼没なこいつの持ち味は、ぷっと吹き出してしまうシュールな小ネタ。イラストを描いてるのは、イギリス...
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...