【ラパス】400年の歴史を持つ街。すり鉢状の街の景色は、不思議な美しさ

001 大陸:南米002 国名:ボリビア003 都市名:ラパス004 日付:2012,03,09

「目前に広がるの一面の夜景、こんなの見たことない」

About the City:ラパス

1548年、インカ帝国時代、ペルーからの支配終結を記念して造られたこの街は、古くから国の中心として地域の攻防を見守ってきた、歴史深い場所。現在も事実上の首都として大統領や各国の大使が暮らす。高層ビルが建ちならび、人口90万人の大都市だ。南米一貧しいというボリビアへのイメージを変えてくれるだろう。

また来たる来年2015年の2月中旬、ここぞとラパスの街が盛り上がるお祭りが開催される。このお祭りは「カルナバル」と呼ばれ、キリストの復活祭の四旬節前に開催される伝統行事である。

このカルナバル期間中は、伝統衣装に身を包んだ派手なパレードに出くわすだけでなく、街の至る所で水掛け大会になっているのだ。街を歩いていると、地元民も観光客も関係なく水やら泡やらを掛けられる。これはお祭り好きにはたまらない。

Comment:「平和」という意味を持つ、標高3600mの谷間の都市、ラパス。最初に訪れた時から、谷底から山頂までびっしりと建つ家々の景色に、感­動するばかりでした。夜のラパスは、その家々の灯りで赤く、一体が染められます。もう、キレイとしか言いようがない。ただ光の数だけなら、他にも美しいところはたくさんあ­るけれど、この街は違う。なんか、不思議な綺麗さなんだ!

tabisuzu_btn01

 

001 大陸:南米002 国名:ボリビア003 都市名:ラパス004 日付:2012,02,28「アニモセニョーラ!」(おばちゃんがんばれ!)About ...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
主演はスウェーデン映画『ミレニアム』三部作で世界的な注目を集めて、ハリウッドデビュ後も、一作ごとにキャリアを積み上げているナオミ・パラス。本作における彼女...
雑誌WIREDの表紙を飾るなど世界的に注目度の高い、煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
ミシガン湖の側にそびえ立つ、344mの超高層タワー「360 CHICAGO」。ここからは、シカゴの街並みや湖畔などの美しい景色が一望できます。特に注目なの...
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
001 大陸:南米002 国名:ボリビア003 都市名:ウユニ→ウユニ塩湖004 日付:2012,02,24「幸せ!感動!仲間と一緒だから、楽しい」 Ab...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
001 大陸:南米002 国名:チリ003 都市名:バルパライソ004 日付:2012.5.5「この美しさ、まるでヨーロッパ」About the City...
鹿児島県の離島が美しい4K動画。「超絶景動画」と評判を呼んだ作品。リズミカルな音楽とともに、コバルトブルーの海や、原生林が広がる山など、離島ならではの風景...
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...
001 大陸:南米002 国名:ボリビア003 都市名:ウユニ004 日付:2012,02,23「この感動は、言葉にできない」ウユニ塩湖:町から車で一時間...
旅は、知らない街の文化や風景、雰囲気や空気などにどっぷり浸かることが何よりの醍醐味。中でも、土地によって大きく違って、しかも記憶に強く刷り込まれるのが「香...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
100年以上の歴史がある通天閣のふもとにある「新世界市場」は、今では半分以上のお店が閉まっている、いわゆるシャッター街。でも、そこが以前のように活気ある市...
アメリカ西海岸の街・シアトルは、家賃とグルメレベルが連動するように高騰中。食いしん坊にはますます魅力的な街へと変貌を遂げています。そんなシアトルは今、フー...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
繊維の街として栄えた岐阜県岐阜市。その中心にはかつて全国各地から買い物客が訪れた柳ケ瀬商店街があります。現在は賑わいは失いつつも、昔ながらの商店に混じって...
普段はカリフォルニアを拠点としているわたしですが、久しぶりに東へトリップしてきました。水に囲まれた街「シカゴ」は、日本から直行便で約12時間。1900年代...
モスクワといえば、「赤の広場」や「聖ワシリイ大聖堂」などの観光地が有名。でも、それらの景色は知っていても、街の中心部の様子は意外と知られていないのではない...