次の旅先は「街の香り」で決めるのもイイかもしれない

旅は、知らない街の文化や風景、雰囲気や空気などにどっぷり浸かることが何よりの醍醐味。中でも、土地によって大きく違って、しかも記憶に強く刷り込まれるのが「香り」。

これは、なかなか気付くようで気付かない、街ごとの「香り」を表現した不思議な動画。

ひたすら嗅ぐ
謎めいた男

チューリップ畑の真ん中で、一輪を嗅ぐっている。

チーズ工房の美味しそうなチーズも。

時には、カーニバルに遊びに来た少女が手にしている綿アメも。

カップルの間を割り込んでまで嗅ぐ、コーヒーにも。

エッフェル塔をバックに、絵の具付きの筆まで?

蜂蜜の甘い香りにも誘われている。

彼はパリ、ブリュッセル、ケルン、そしてアムステルダムへと出向き、やたらと真剣にその街の名産や観光地を思いっきり嗅ぐっては、また次の目的地へと向かう。果たして、何の為に熱心に色んな「香り」の研究をしているのでしょう?

「香り」と「旅」を結ぶ
インスタレーション

そしてその謎の男は、集めた香りとその情報を、パリの研究所に手渡し、それぞれの香りを再現。

実はこちらの映像、フランスの旅行代理店のRosapark Agencyが手がけたもの。

THALYS (タリス)というフランス・ベルギー・オランダ・ドイツの4カ国を結ぶ高速列車との共同制作で、Scent of the city(街の香り)をテーマにしたキャンペーン動画です。

動画と同時に、THALYSが結ぶ4ヶ国の名産や観光地の香り、752本のチューブに閉じ込めたインスタレーション作品を展示し、たくさんの人が訪れました。ぶら下がっているチューブの香りを嗅ぐってみようという、参加型のインスタレーション作品に。

「香り」を求める旅へと…

今回のプロジェクトに参加した香水デザイナーのElizabeth Carreさんは

「香りと感情はとても強い繋がりを持っています。また、そこから新たな旅が始まるのです。香りがその街へと誘ってくれるでしょう」

と、ロマンチックな旅の始まりを提案。

チューブに刻まれている番号を地図で辿っていくと、その香りに包まれる場所へと繋がります。香りを参考に次の旅行先を決めてみるのも、新たな発見がありそう。

Licensed material used with permission by Rosapark
他の記事を見る
一般人ではテントを設置できない場所で眠りにつけるという“特別な夜”を提供しているんです。
「Helpper」は、シェアリングエコノミーの利点を介護に応用したサービス。身体に不自由を抱える人や高齢者は、家事や買い物の代行を頼めるようになっている。...
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
10月20日、ベルギー・シャルルロワの電子タバコ専門店に、武装した6人の強盗が押し入りました。
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
海で拾ったプラスチックのゴミでできたインスタレーション「Skyscraper」。9月16日までベルギーで開催されているアートの祭典「2018 Bruges...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
新しいパスポートケースを探していて、行き着いたのが〈nahe(ネーエ)〉の「トラベルオーガナイザー」。カード類やチケット、レシート、さらにはファスナー付き...
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
日本各地を走る豪華列車は、ここ数年で急激に増加。列車が単なる移動手段ではなく、旅の目的そのものになりつつあることが分かります。こうした豪華な列車旅、その本...
1919年、ドイツに設立された美術学校「バウハウス」。あれから100周年を迎える今年、同校を記念して造られたバスが登場。中ではワークショップやエキシビショ...
SNSのおかげで気軽に思い出を残せるようになりました。とは言いつつも、記憶の深度はだんだんと浅くなっているのかもしれません。だから、時代に逆行するアナログ...
こんなホテルの説明をしたら怒られてしまうかもしれない。実のことを言えば、コンセプトは<未来都市>で、破廉恥さなんて意識していないのかもしれない。とは言って...