大阪・新世界の商店街で「値札のないマーケット」

100年以上の歴史がある通天閣のふもとにある「新世界市場」は、今では半分以上のお店が閉まっている、いわゆるシャッター街。

でも、そこが以前のように活気ある市場になるというイベント「Wマーケット」を知っていますか? 一番の特徴は、なんと言っても「値札がない」こと。

お客さんとお店の人が交渉して値段を決めるのが、醍醐味。必然的に会話が生まれる仕組みになっているんですね。

「これ、なんぼ?」

749764276eee4b2ea61febda18824fecc5de5c9bE3e1efcb0571d6c0e02212ff6a0a0b85a78d9c00

商店街には、大型ショッピングモールとは違う魅力があるもの。

人情味があってノスタルジック、人と人とのコミュニケーションで成り立っているこの感じ。しかもここは、大阪人でさえ「ああ、大阪に来たな」と感じるディープなエリア。そんな感覚を「未来に残していきたい」という思いから、このWマーケットは誕生したと言います。

Wマーケットは「ウィークエンドマーケット」の略。一過性のブームで終わるのではなく、フランスのクリニャンクールにある蚤の市や、タイの水上マーケットのように、ずっと続いて、海外の人からも人気のマーケットになるのが目指すところ。

値札がないので、まずは値段を聞くところからお店の人とのコミュニケーションがスタートします。日本ではあまり日常的にしない行為なので、お祭り気分で楽しめそうです。お店の人も、どうしてこの値段なのか、売り物について説明してくれます。

商品って、知れば知るほど愛着が湧くものですよね。

「まいど、おおきに!」

6a9415fac34880521cec90dc3a77bd649afe0d5eCcba00897d6be6366244a8fd1ca9870840efb227

個性的なお店が並び、まるでフリーマーケットのような雰囲気ですが、商品のクオリティが高く、しっかりしているのもこのWマーケットの特徴。モノ作りのプロが丹精込めて作った商品を自らで販売しているので、ネットショッピングでは味わえないようなライブ感があります。

「"価格"より"価値"で選んで欲しいから」

という思いも、お客さんとの交渉でその場で値段が決まるというこの仕組みに込められているそう。確かに、作り手の人柄やモノの価値を知れば、もっと満足度の高い買い物になって、お客さんも嬉しくなりますよね。

9c89a776e9362142bf7af57a970d6cbd93ff5aa8426595a0a8b5651c6cfae77ad4794a12fc5a971eC558c2a8faf79b9589303a62dc64a51614c8a1c2

2017年11月5日(日)には、2回目となるWマーケットが開催されます。

前回も海外からの来場者も多く、盛況だったそう。お酒を片手にお店を回ることもできるそうなので、ちょっとレトロな雰囲気の街並みを味わいながら、大阪商人との駆け引きを楽しんでみては?

Wマーケット
[WEEKEND PRICELESS MARKET]

日程:2017年11月5日(日)
時間:10:00-16:00
場所:新世界市場
大阪府大阪市浪速区恵美須東1丁目21-12

Licensed material used with permission byWマーケット
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
くるみや黒ごま、とうもろこし、木の芽、味噌など豊富なラインナップを展開するのは、大阪・豊中市にある専門店「森のおはぎ」。小さな商店街にある小さな小さなお店...
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
昼に外を歩いても出会えない景色が「夜の街」にはたくさん溢れています。仕事帰りに飲みにきたサラリーマンや、学校帰りの学生——。繁華街は、とても賑わっています...
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
みなさん、こんにちは!「CAMPFIRE×LOCAL」の菅本香菜です。副業では旅するおむすび屋さん「むすんでひらいて」としても活動しています。”シャッター...
繊維の街として栄えた岐阜県岐阜市。その中心にはかつて全国各地から買い物客が訪れた柳ケ瀬商店街があります。バブルの時期は日本有数の賑わいを誇り、毎日がお祭り...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
自分が子どもの頃から通ってるお店や、何十年続く老舗もいいけど、最近できたばかりのお店が自分の理想通りだったときの喜びは、計り知れない。しかも、職場や自宅の...
さまざまなものが機械化されている現在においても、人の手でしか作ることができないものが、まだまだ数多くあります。先祖代々受け継がれてきた伝統技術も、その最た...
関西在住の女性たちがこぞって足を運ぶ。そんな神社が大阪府松原市にあるそうです。その目的は、ある「おみくじ」を引くこと。彼女たちが夢中になる理由とは一体!?
ごぼう=初冬、のイメージが強いかと思いますが、夏に旬を迎えるのが新ごぼう。そんな旬の新ごぼうをあえて「洋風のマリネ」にしてみました。こうすることで、ビック...
活版印刷の印刷所が少なくなっているなか、「echos」は大阪・東船場の築約40年の煉瓦造りの建物に誕生しました。ちなみに、関西では初の活版印刷を使ってもの...
雰囲気で食べさせる——。そんなお店が好きです。ご飯がおいしいのはもちろんだけど、「毎日通いたい、ずっと通いたくなる店」には、それだけじゃない癒しポイントが...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
野菜が美味しい季節になってきました。この時期「新○○」と呼ばれるような野菜をよく見かけると思います。なんとなく美味しいイメージがありますが、「新○○」と普...
「買う」だけでなく「借りる」こともできるんだって。
2015年9月1日、広島県が「世界初」の手法で地域PRを始めました。何が初めてって、その“視点”。にゃんと、ヒトではなく、ネコの目線で街の魅力が紹介されて...
もしも、世界中の人々がひとつの街に住んでいたら、どうなるんだろう?国と国との境界線をなくした時、同じ街で暮らす住人として仲良く過ごすのか。それとも、考え方...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...