うす暗い通路の先にあった、大阪を代表するフワッフワ。

ここは、大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケがあります。それは、

「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼がある」

というウワサを聞きつけたから。

A5285aa240817961b54f53f46aea671558cb7a0c

うす暗い通路の先には「お好み焼、焼そば、モダン焼」の文字がおどる提灯。店の名前は「お好み焼 だん」。

じつはここに来るまで、ずっと気になっていたことがあります。関東に住む人間にとって、大阪=お好み焼のイメージがあるのは言わずもがなですが、おいしいお好み焼とそうじゃないお好み焼の見極めポイントが、いまいち分からなかったんです。

どうしても事前に把握しておきたかったので、知り合いの大阪のおっちゃんに聞いたところ、こんなヒントをもらいました。

「ひっくり返したとき、ドスンってなったら、ちょっとブルーになんねん」

……意外でした。

もちろん生地の方向性、具材、焼き加減、ソース、などいろいろな判断基準があるのでしょうが、まずは目の前の店の暖簾をくぐってみたいと思います。

8cd1254e61b39cba4053ade7c66646da4d30f16d

「豚玉、ひとつ」

0eec1c25db5aca864dc220ac7c13fcd223140184

スタンダードに攻めたかったので、注文したのは「豚玉」、780円。40年以上このお店の味を守り続けている寡黙な店主、山本さんが手際よく焼き始めてくれます。

ひっくり返したときの音に耳をすますと、軽い…!

「お酒と一緒に食べはる人も多いので、重いよりは軽めのほうが合いますからね。飲んだ帰りに寄ってくれる人でも食べやすいようなお好み焼やと思いますよ」

F9f2e38cd5e61d6e738b5c945763160ed261ba31

からしが混ざったソースは、スタンダードだけど、とてもおいしい。

9ef156580b0a1fa7560b20dae01f7c104509dcbe

ミナミのはしごは、
ここから始まる。

C2736a14f7562391eef1ae974b123cc74162a5d5

ふわふわ。…いや、フワッフワ。
ペロッと食べてしまいました。

常連さんにも話を聞いてみると、

「イカ焼きとか、サイドメニューもおいしいんですよ。お腹いっぱい食べても3,000円くらいやし、僕の場合は、男友達と遊ぶときも女の子とデートするときも、“ここからミナミのはしごが始まる”っていう感じなんですわ」

と、なるほどなご意見。夜のお店への出前なんかも、たくさん注文が入るそうです。

このフワッフワに出会って僕はこの日、大阪の人たちがお好み焼とゴハンを一緒に食べる理由も、なんとなく分かった気がしました。

 

「お好み焼 だん」

住所:大阪府大阪市中央区宗右衛門町1-14 大日館ビル 1F
TEL:06-6211-8708
営業時間:
月~土 17:00~翌4:00(LO 3:30)
祝 17:00〜21:00(LO 20:30)
夜10時以降入店可、夜12時以降入店可
定休日:日曜日

Photo by JAPAN LOCAL
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
くるみや黒ごま、とうもろこし、木の芽、味噌など豊富なラインナップを展開するのは、大阪・豊中市にある専門店「森のおはぎ」。小さな商店街にある小さな小さなお店...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
自分が子どもの頃から通ってるお店や、何十年続く老舗もいいけど、最近できたばかりのお店が自分の理想通りだったときの喜びは、計り知れない。しかも、職場や自宅の...
さまざまなものが機械化されている現在においても、人の手でしか作ることができないものが、まだまだ数多くあります。先祖代々受け継がれてきた伝統技術も、その最た...
関西在住の女性たちがこぞって足を運ぶ。そんな神社が大阪府松原市にあるそうです。その目的は、ある「おみくじ」を引くこと。彼女たちが夢中になる理由とは一体!?
大阪・河内地方に伝わる盆踊り「河内音頭」。地元では、夏だけではなく春でも冬でも季節に関係なく踊られ、発祥の地・八尾市では、踊りながら年越しをする人もいると...
雰囲気で食べさせる——。そんなお店が好きです。ご飯がおいしいのはもちろんだけど、「毎日通いたい、ずっと通いたくなる店」には、それだけじゃない癒しポイントが...
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
活版印刷の印刷所が少なくなっているなか、「echos」は大阪・東船場の築約40年の煉瓦造りの建物に誕生しました。ちなみに、関西では初の活版印刷を使ってもの...
100年以上の歴史がある通天閣のふもとにある「新世界市場」は、今では半分以上のお店が閉まっている、いわゆるシャッター街。でも、そこが以前のように活気ある市...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
困難とされていたマグロの完全養殖に、約30年の年月をかけて成功した近畿大学。そのマグロが「近大マグロ」として販売されていることはよく知られています。でも、...
普通のラブホテルで盛り上がらなくなったら「ビンテージ」なラブホテルを ——。大阪在住のフォトグラファーRik Sanchez氏は、妖艶なモデルの女性と共に...
昼に外を歩いても出会えない景色が「夜の街」にはたくさん溢れています。仕事帰りに飲みにきたサラリーマンや、学校帰りの学生——。繁華街は、とても賑わっています...
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。
宮崎県の日南にある「炭火焼 山空(さんくう)」。超がつくほど新鮮な地頭鶏(じとっこ)を使っていて、それを自家製の竹炭で一気に焼き上げます。地鶏の炭火焼と聞...
「買う」だけでなく「借りる」こともできるんだって。
400年の伝統を誇る「波佐見焼」を、現代のコンセプトで革新するテーブルウェアとして誕生した「HASAMI PORCELAIN」を紹介する。日本の伝統漆器「...
大正11年に島根県松江市玉湯町で開窯した湯町窯。その代名詞ともなっている布志名焼のエッグベーカーは、名前の通り目玉焼き専門の陶器。普通はフライパンで作るも...
大阪のソウルフード「たこ焼き」に合わせるスパークリングワインがある。それが「たこシャン」だ。たこ焼き+シャンパン。これ、通称ではなく正式な商品名。いかにも...