「日本女性」がこのドレスを纏ったら、きっともう、敵わない。

華やかなオリエンタル柄のドレスと、きらきらの笑顔で喜びをあらわにしてくれる女性たち。こう見えても、彼女たちがしているのは「和装」だ。

5867888405643264

着物ドレスと呼ばれる洋装+和装ミックスのジャンルの中でも、新たな台頭を見せるこの着付け。着物をリメイクしたドレスではなく、着付けの仕方によるもので、ハサミも針も糸も使っていない。ドレスを脱いだ後に同じ着物で伝統的な着付けをすることだって可能。

着物本来の美しさを、新たな表現方法で見事に開花させている。

7分で魅せるマジック

6386216735866880

『麻衣 ~Soul Dress~』(マイ ソウル ドレス)と名付けられたこの着付けを独自開発したのは、ヘアメイクアーティストで着物クリエーターの坂本 麻衣(さかもと まい)さん(写真左)。

美容師として13年、ヘアメイクアーティストとして10年のキャリアを持つ彼女は、着付けも4年以上プロとしての実績を持つ。これまでは伝統的な和装の着付け中心だったが、妹さんの結婚式をきっかけにドレス型の着付けを構想し、約半年で現在のオリジナルスタイルに行き着いた。

5557606546407424

麻衣さんの着付けで驚くべきことは、着る人の体型やサイズは限定しない上、ミニ丈も可能だという。ウエスト周りも比較的ゆったりしているため、妊婦の人が着たって苦しくない。

その上、着付けに掛かる時間はたったの7分前後だという。

6219411346161664

着物の新たな可能性と、
着る人の歓びを引き出す

結婚式、披露宴、ウェディングの前撮りや、演奏会や発表会といった特別な日のために、『麻衣 ~Soul Dress~』を選ぶ人が増えている。

母親が若い頃に着ていた着物、祖母が残してくれた着物、成人式や披露宴で1度着た限りの着物など、大切でありながらも活かし方が分からない着物を持っている人は、相談のうえ持ち込みが可能。思い入れのある着物が時を経て、形を変え、着る人も着物も輝く方法のひとつとして、選ぶ。

ヘアメイクも着付けも、和装でも着物ドレスでも、麻衣さんが表現する思いは一貫していた。日常生活によって曇りがちだが、本来は誰もが内側に持つ「光」に焦点を当てる。

しばし日常から離れた装いを身に纏えば、歓喜の声が上がる。こみ上げる喜びで声にならない人も多く、思いを涙にして表す人まで。麻衣さん自身が最も喜びを感じる瞬間だ。

6404539200569344

年齢も体型も選ばない
自分を解放できる時間

女性たちの輝く場を増やすため、麻衣さんは美意識を共にするプロ達と新たな提案を開始。

『麻衣 ~Soul Dress~』の着付け、ヘアメイク、写真撮影まで、トータルなスタイリングと撮影が含まれた撮影会を始めたところ、告知開始直後から問い合わせが来るようになった。

「わたしはわたし」をテーマに、年齢も体型も制限なし。一人ひとりに最大限寄り添った撮影会を心がけている。

いつの間にかつくってしまった自分の枠から飛び出し、可能性を信じて輝くきっかけにしてほしい。

4970364257959936

一枚の衣とひとりのアーティストが、自分も知らなかった本来の美しさに気づかせてくれる。自信を胸に、あと一歩を踏み出す力となってくれるだろう。

Licensed material used with permission by 女神師 麻衣~Soul Dress~, (Instagram)
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...
「日本の魅力を、多くの人に知ってもらいたい。写真の中に、“和情緒”をそっと閉じこめる。観る人が懐かしい温かみのある「日本の雰囲気」を感じられるように。そん...
チュール生地や刺繍など見た目からして、やわらかさを感じるドレスで女性のカラダを包み込む。「Paolo Sebastian」がInstagramで公開した写...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。
日本とイタリアの国交樹立150周年にあたる2016年。日本文化(着物地)とイタリア文化(シルク)を融合させた「リバーシブルスカート」をメインアイテムとする...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...
花火大会やお祭りの季節が到来です。浴衣で夏気分を満喫したい人、そろそろ着付けの練習を始めませんか?動画と併せて「ここを押さえておけば着崩れしにくい」襟と帯...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
ドゥーブルメゾンは、雑誌『Olive』で17年間スタイリストを務めた大森伃佑子がディレクションするブランドだ。「身につけるもの」という大きな視点を据え、着...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
本物のお花を活用した作品を生み出す、マレーシア人アーティスト、LimzyことLim Zhi Weiさん。Instagramにはその多くが投稿されていますが...