「日本女性」がこのドレスを纏ったら、きっともう、敵わない。

華やかなオリエンタル柄のドレスと、きらきらの笑顔で喜びをあらわにしてくれる女性たち。こう見えても、彼女たちがしているのは「和装」だ。

着物ドレスと呼ばれる洋装+和装ミックスのジャンルの中でも、新たな台頭を見せるこの着付け。着物をリメイクしたドレスではなく、着付けの仕方によるもので、ハサミも針も糸も使っていない。ドレスを脱いだ後に同じ着物で伝統的な着付けをすることだって可能。

着物本来の美しさを、新たな表現方法で見事に開花させている。

7分で魅せるマジック

『麻衣 ~Soul Dress~』(マイ ソウル ドレス)と名付けられたこの着付けを独自開発したのは、ヘアメイクアーティストで着物クリエーターの坂本 麻衣(さかもと まい)さん(写真左)。

美容師として13年、ヘアメイクアーティストとして10年のキャリアを持つ彼女は、着付けも4年以上プロとしての実績を持つ。これまでは伝統的な和装の着付け中心だったが、妹さんの結婚式をきっかけにドレス型の着付けを構想し、約半年で現在のオリジナルスタイルに行き着いた。

麻衣さんの着付けで驚くべきことは、着る人の体型やサイズは限定しない上、ミニ丈も可能だという。ウエスト周りも比較的ゆったりしているため、妊婦の人が着たって苦しくない。

その上、着付けに掛かる時間はたったの7分前後だという。

着物の新たな可能性と、
着る人の歓びを引き出す

結婚式、披露宴、ウェディングの前撮りや、演奏会や発表会といった特別な日のために、『麻衣 ~Soul Dress~』を選ぶ人が増えている。

母親が若い頃に着ていた着物、祖母が残してくれた着物、成人式や披露宴で1度着た限りの着物など、大切でありながらも活かし方が分からない着物を持っている人は、相談のうえ持ち込みが可能。思い入れのある着物が時を経て、形を変え、着る人も着物も輝く方法のひとつとして、選ぶ。

ヘアメイクも着付けも、和装でも着物ドレスでも、麻衣さんが表現する思いは一貫していた。日常生活によって曇りがちだが、本来は誰もが内側に持つ「光」に焦点を当てる。

しばし日常から離れた装いを身に纏えば、歓喜の声が上がる。こみ上げる喜びで声にならない人も多く、思いを涙にして表す人まで。麻衣さん自身が最も喜びを感じる瞬間だ。

年齢も体型も選ばない
自分を解放できる時間

女性たちの輝く場を増やすため、麻衣さんは美意識を共にするプロ達と新たな提案を開始。

『麻衣 ~Soul Dress~』の着付け、ヘアメイク、写真撮影まで、トータルなスタイリングと撮影が含まれた撮影会を始めたところ、告知開始直後から問い合わせが来るようになった。

「わたしはわたし」をテーマに、年齢も体型も制限なし。一人ひとりに最大限寄り添った撮影会を心がけている。

いつの間にかつくってしまった自分の枠から飛び出し、可能性を信じて輝くきっかけにしてほしい。

一枚の衣とひとりのアーティストが、自分も知らなかった本来の美しさに気づかせてくれる。自信を胸に、あと一歩を踏み出す力となってくれるだろう。

Licensed material used with permission by 女神師 麻衣~Soul Dress~, (Instagram)

関連する記事

「日本の魅力を、多くの人に知ってもらいたい。写真の中に、“和情緒”をそっと閉じこめる。観る人が懐かしい温かみのある「日本の雰囲気」を感じられるように。そん...
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...
環境に優しく、人の心に優しい衣装である着物は、今世界中で必要とされている。今こそ着物は進化を遂げる時。その着物の進化の流れを担うべく、元山兄弟は「巧流-c...
チュール生地や刺繍など見た目からして、やわらかさを感じるドレスで女性のカラダを包み込む。「Paolo Sebastian」がInstagramで公開した写...
米大手電子通信事業者「Verizon Media」が提供するサービス「Yahoo!」は、5月4日をもって「Yahoo! Answers」を閉鎖すると発表し...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
「文化の盗用」とは、異文化にインスパイアされた取り組みをするときに起きているトラブルのこと。「文化の盗用」となるか否かのボーダーラインは実に曖昧です。この...
洋服のように仕立て済みなので、購入してすぐに着ることができるし、家で洗濯もできる新ブランド「JOTARO SAITO composition」の着物。お手...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
このほど本拠地があるシアトルで「カップを借りる」プログラムが試験導入。市内の5店舗で、5月31日まで実施するという。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
海外における日本の伝統文化「金継ぎ」とは。欠けた器を漆で接着し、金で装飾して使い続ける手法は海外でも注目を集めており、今や世界で独自の発展を遂げています。
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
日本で生まれた日本茶ベースのハーブティーをご紹介。
2021年春、山形県白鷹町の歴史的建物「旧奥山邸」が、ホテル「NIPPONIA 白鷹 旧奥山邸(仮称)」に生まれ変わる。
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...
日本の文化、アート、モノづくりを発信するデジタル体験施設「羽田出島(DEJIMA by 1→10)」が、「羽田空港」に隣接した複合施設「羽田イノベーション...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
新鮮なアボカドを外で食べたいというイギリス人学生の強い思いから生まれたのがアボカドを剥くためだけの道具「Avogo」。鋼製のコンパクトなこのツールは、アボ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
個性的な先生の話って、学校の思い出を語る時に欠かせません。いざ振り返ると、みんな一生懸命頭をひねって、学校生活が楽しくなるように工夫してくれていたんだな、...
旅行に何を持って行く?この写真を撮ったKim Leuenbergerの答えは、ミニカー。彼女はある日、両親からフォルクスワーゲン・ミニバンのレプリカをプレ...