「面倒な着付け」は当たり前じゃない。「着物の新時代」が来る

「着物はこうでなくてはいけない。着方はこうで、柄はこうで、履き物はこう。という既成概念やルールは、着物業界が販売促進のために決めただけ。じつは着物にルールなんて存在しないんです」

着物とは、“直線に裁断し、縫いの技術で仕立て上げる知恵と技術によって生み出された衣装”のこと。

父親の代から和装業界を牽引してきたという元山家の兄弟は、この先人たちが培ってきた知恵と技術を活かしながら、現代の感性とトレンドを織り交ぜ創造する着物が、まさに日本にとっての新しい文化になると確信し、「巧流-call-」を立ち上げ、活動を始めた。

着物で、和裁の新しい文化を創り継承するにはどうしたらよいか?

どのように現代に掛け算することができるだろうか?

さまざまな人にアドバイスをもらいながら起業準備を進め、着物のネガティブなイメージと正面から向き合い、着物の進化について毎日のようにとことん話し、着物に限らず多くの物を見て、学び、インスピレーションを受け、巧流-call-が目指す着物を突き詰め続けたという。

そして一つの道に辿り着く。それは“羽織ること”──。

開発した「羽織れる着物」は、一見おしゃれなコートに見えながらも、なぜか和を感じる。仕立て方はほとんど通常の着物と同じ。フルオーダーなので、丈の長さ、紐やポケットの有無や長さ、大きさ、すべて思い通りにオーダーできるという。

「着物には物を大切にする想いと、それを可能とさせてくれる持続可能性がある。それは今世界中で必要とされています。こんなに環境に優しく、人の心に優しい衣装はないでしょう」

今こそ着物は進化を遂げる時なのかもしれない。

©2019 巧流合同会社
©2019 巧流合同会社

巧流-call-

【公式ホームページ】http://www.call-kimono.com

Top image: © 2019 巧流合同会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「麻衣~Soul Dress~」は、着物ドレスと呼ばれる洋装+和装ミックスのジャンルの中でも、新たな台頭を見せるこの着付け。着物をリメイクしたドレスではな...
洋服のように仕立て済みなので、購入してすぐに着ることができるし、家で洗濯もできる新ブランド「JOTARO SAITO composition」の着物。お手...
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
サステイナビリティはファッション業界で重要視されるひとつのテーマになっている。それでも不十分だというメッセージが込められているのが「Kaumera Kim...
「BIOSTYLE」のフラッグシップ施設「GOOD NATURE STATION」が「伊勢丹 新宿店」でポップアップショップを開催する。
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
京都・寺町に都市型オフプライスストア「Re:nne」がオープン。ラグジュアリーブランドからファストブランドまでさまざまなデッドストックを展開し、その規模は...
おうちで過ごす時間が増えそうな今年のお正月休み用に、ちょっと難易度は高め、かつインテリアとして飾っても素敵なデザインの「パズル」を5つ紹介。一人で黙々と楽...
アメリカで展開されていて、日本未発売の「Hanes」のマスク。