廃水で染められた着物

今や、サステイナビリティはファッション業界で重要視されるひとつのテーマになっている。それでも不十分だというメッセージが込められているのが「Kaumera Kimono」。未だに大量生産による廃水が水質に大きな悪影響を与えているからだ。

製作したのはオランダのデザイナーNienke Hoogvlietさん。「Kaumera」とは少ない水で色を吸収しやすい素材のことで、水質汚染につながる廃水の量を減らすことを実現。そして、彼女は廃水から抽出した自然染料を使って、着物を染めている。

「Kaumera Kimono」を通して、洋服の消費の仕方を考え直してほしいそうだ。代々受け継がれる着物を参考にして。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
環境に優しく、人の心に優しい衣装である着物は、今世界中で必要とされている。今こそ着物は進化を遂げる時。その着物の進化の流れを担うべく、元山兄弟は「巧流-c...
「麻衣~Soul Dress~」は、着物ドレスと呼ばれる洋装+和装ミックスのジャンルの中でも、新たな台頭を見せるこの着付け。着物をリメイクしたドレスではな...
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
ドゥーブルメゾンは、雑誌『Olive』で17年間スタイリストを務めた大森伃佑子がディレクションするブランドだ。「身につけるもの」という大きな視点を据え、着...
「Airbnb」はバレンタインデーに向けて、イタリアのヴェローナにあるジュリエットの家「カーサジュリエット」に宿泊できる特別なプランを発表した。滞在中は専...