『オリーブ』で17年間スタイリストを務めた あの人が着物を作ったら...?

私、出会ってしまいました。

Rosemary カメリア レースきもの(上)乳白/(下)薄鼠 各99,000円(税抜)

リエール レースきもの・紺 99,000円(税抜)

Rosemary ラマージュ レースきもの・(上)翡翠/(下)墨黒 各69,000円(税抜)

もともと、着物は好きなんです。

18〜26歳までの8年間を京都で過ごし、自分でバイトして稼いだお金で初めて買ったものは着物でした。今はもうなくなっちゃったけど、八坂の塔のそばにあった『WAKON』(覚えてる人いたらうれしい!)というお店に何度も通って、「こんな着方もできるんだ」「こんな帯留めつけたい!」と想像した日々はワクワクしたし、やっと手に入れたときは本当にうれしかった。

伝統とか、知識とか、そういうもの全部そっちのけで買ったときの気持ち。このドゥーブルメゾンの新作レースきものを見たときに、そんな思い出がふとよみがえった。

着物だって
「身につけるもの」のひとつ

ドゥーブルメゾンは、雑誌『オリーブ』で17年間スタイリストを務めた大森伃佑子がディレクションするブランドだ。着物と洋服を織り交ぜながら、従来のルールに制約されないファッションを提案している。

そこにあるのは、着物だって「身につけるもの」だという大きな視点だ。

着物をはじめ伝統衣装は、目的が先立ってしまうことが多い。たとえば、成人式の振袖。卒業式の袴。観光地の着物体験。もちろんお気に入りの1枚を選ぶのだと思うけれど、あくまで起点はその機会、そして目的にある。

いったん、わかりやすく洋服に置き換えてみる。
たとえば、仕事に行く。今日はバタバタするな、と思ったら8cmのヒールよりはコンバース、スカートよりはパンツスタイル。クライアントに会う日なら、大ぶりのピアスより小さなパールのピアス、そして、アリスマッコールのワンピースは着れないだろう。目的にそって、私たちは多くの制限を受ける。それはしかたのないことだ。

そして、休日がくる。
誰のことも、何のことも考えず、自分が着たい服、つけたいピアス、はきたい靴をはく。誰に知られずとも、お気に入りのブローチをつけて、小さな幸せをかみしめたりする。

それはきっと、原石のような「身につけたい」という気持ちだ。

着物にだって、その可能性がある。むしろ和服を含めれば、その「身につける」喜びは2倍に広がる。

「身につけたい」というパワーと、それを「身につけた」ときの幸せ。そのそばにずっといた大森さんだからこそ叶えることができたブランド、そして着物なのだと思う。

…って、これで終わりじゃ
ありません!!

ちょっと真面目なテンションで書いてたけれど、ドゥーブルメゾンの新作を見た私ときたら「かわいい」を連呼し(そして身悶えして絶叫し)、ライター生命が危ぶまれるほどに語彙力が低下しました。でも、かわいい。ほんと、かわいい。今原稿書いててもかわいいもん。

さらに、着物以外もかわいすぎて悶えます。

まずは半衿でしょ?

Mrs. Marmalade aodoress 刺繍半衿 (左)月影 9,900円/(右)花車 7,900円(税抜)

上品でロマンチックな刺繍! かわいい!

そして帯留め。

(左)May Lily タマスの帯留ブローチ Wafer 黒 23,000円(税抜)
(右)Rosemary アール・デコ 帯留ブローチ 18,000円(税抜き)

もう脳内ではこの宝石みたいな帯留めをつけてニタニタしている私がいます。絶対かわいい!

ちなみに帯留めはブローチになっていて、お洋服にも合わせることができます。かわいい上にコスパもいいだなんて…。

May Lily タマスの帯留めブローチ Almond(小)9,000円(税抜)

ああもう間違いなくかわいくて泣きそうです。
それから、着物に欠かせない草履。

(左)Rosemary 博多織 ギンガムチェック草履・黒×生成
(右)Rosemary 博多織 ストライプ草履・黒×生成
各29,000円(税抜)

 

ギンガムチェックとストライプだなんて、女の子のハートを撃ち抜く気満々だと見ました。ほんとにかわいい!

というわけで、「今月からドゥーブルメゾン貯金しよ…」なんて考えている今日この頃です。

Licensed material used with permission by DOUBLE MAISON
洋服のように仕立て済みなので、購入してすぐに着ることができるし、家で洗濯もできる新ブランド「JOTARO SAITO composition」の着物。お手...
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
環境に優しく、人の心に優しい衣装である着物は、今世界中で必要とされている。今こそ着物は進化を遂げる時。その着物の進化の流れを担うべく、元山兄弟は「巧流-c...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
アンチエイジングや生活習慣病予防など、健康効果も注目され日本に定着したオリーブオイル。ですが、生産量となるとどうでしょう?日本のオリーブオイル消費量は年間...
日本ではオリーブ=小豆島といったイメージがが強いですが、今九州産オリーブもジワジワと話題になっています。ジワジワといっても、その人気は相当なもの。なんせ発...
映画『エキストラ・バージン〜世界一のオリーブオイル〜』。世界最大のオリーブ畑を舞台に、次世代を担う若き生産者たちを追ったドキュメンタリー映画。
「麻衣~Soul Dress~」は、着物ドレスと呼ばれる洋装+和装ミックスのジャンルの中でも、新たな台頭を見せるこの着付け。着物をリメイクしたドレスではな...
日本の伝統文化と融合したサンダル「神奈備ごこち」は、老舗看護師サンダルメーカーが「疲れにくく履きやすい」をテーマに独自の製法で作り上げた逸品。長時間にわた...
「パンツ」って、値段も大きさも、使い勝手的にもプレゼントにモッテコイだと思いませんか?なぜか「ちょっと変なもの」をもらっても、嬉しくなっちゃうのもいいとこ...
中国で先行発売し好評を得た「着物KIMONOスニーカー」と「帯OBIスニーカー」が凱旋リリース。和装需要も職人も減少し、むしろ海外が日本文化を理解し評価し...
オリーブオイルソムリエの阪田友也さんをお招きして、オリーブオイルのワークショップを開催します。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
「日本の魅力を、多くの人に知ってもらいたい。写真の中に、“和情緒”をそっと閉じこめる。観る人が懐かしい温かみのある「日本の雰囲気」を感じられるように。そん...
サステイナビリティはファッション業界で重要視されるひとつのテーマになっている。それでも不十分だというメッセージが込められているのが「Kaumera Kim...
「ドームコンフォーター」は、シリコンバレーの最先端の睡眠医学に基づく革新的な睡眠グッズ。『スタンフォード式最高の睡眠』の著者で睡眠研究の第一人者でもある西...
新たに日本産ゴキブリに加わったこの2種、どちらもあの忌々しい姿からは想像もつかないほど、美しいじゃないか!
La Petite Epicerie(ラ プティット エピスリー)のオリーブオイル缶です。光による酸化を防ぎ、よりおいしさが長持ちに。素材や製法にこだわっ...
オリーブオイルソムリエの阪田友也さんをお招きして、オリーブオイルワークショップを開催しました。今回はトムさんセレクトの3つのタイプの違うオイル(ライト、ミ...
2021年春、山形県白鷹町の歴史的建物「旧奥山邸」が、ホテル「NIPPONIA 白鷹 旧奥山邸(仮称)」に生まれ変わる。
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
日本とイタリアの国交樹立150周年にあたる2016年。日本文化(着物地)とイタリア文化(シルク)を融合させた「リバーシブルスカート」をメインアイテムとする...
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...