「このハンドルが便利」とスタイリストが愛用する、ペグバッグ。

〈Kirkham's(カーカムス)〉は、コットンテントで知られるソルトレイクシティのアウトドアメーカーです。

これ、本来の用途はペグバッグなんですが、僕は普段からバッグインバッグとして使ってます。

ポイントはいろいろあるんですが、まずは配色。ボディとハンドル部分の色の合わせがかわいいな〜と。

また、このハンドルがあることで、単品で持ち歩くにも便利だし、バッグの中からも取り出しやすい。アウトドアのギアらしくとても軽量だし、バッグインバッグとしてのサイズ感もバッチリ。価格もたしか1,000円代で、コスパもいい。

じつは色違いでもうひとつ持っているぐらい。

カーカムスのペグバッグ、かなり使い勝手がイイです。 

池田尚輝/スタイリスト
'05年渡米。帰国後現在はファッションを中心として様々なフィールドで活動。最近、仕事の成果メインのInstagramも始動。@works_by_naoki.ikeda

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

ユーズドのコットンならではの経年変化の味わいもいいが、思い切ったサイズもいい。後ろの自転車と比べてもらえば大きさがわかるだろうか。
「ヒノキシリーズ」の消臭除菌スプレー、吹きかけるだけでフットウェアなどに着いた汚れを落としてくれる「ギアクリーナー」、使い古したウェアやテントを大切に長く...
「RhinoWolf」は、できるだけ荷物を減らしたいというアウトドア派の切実な願いに応えてくれる、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になってい...
〈VICTORINOX(ヴィクトリノックス)〉の「スイスカード」。ポケットにもスリムに収納できます。26gと超軽量で中身もハサミ、ボールペン、爪楊枝までと...
ニューヨーク大学の研究チームが、ダイバーのために水中で使えるテントを開発しました。
〈山と道〉の「5-POCKETS SHORTS」は丈が短めでスポーティー。スマホを入れるポケットがサイドに配置されていることによって、動いている時も邪魔に...
水面に浮かぶフローティングテント「Shoal Tent」で、より非日常を感じてみるのはどうでしょう。テント床面はゴムボートのように空気を入れて膨らませる仕...
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
せっかくのキャンプでアウトドアを楽しみにきたはずなのに、テントの設営に四苦八苦しているうちに、貴重な時間を取られてしまうことって結構あるもの。それもあって...
シカゴ発〈FITKICKS(フィットキックス)〉のシューズは、スリッパ型。手軽さと動きやすさを両立させているのが特徴で、ヨガやエクササイズシーンで愛用して...
〈3sun〉の「パッチワークキルトラグ」は、車の中に一枚あると便利。ハンドメイド感たっぷりのデザインは、アウトドアはもちろんインドアでも。
アウトドア好きやキャンパーは、気にも掛けないようなテントが開発されました。じゃあ、いったい何の需要があるのか?その機能を知れば、その答えが分かるばかりか「...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
僕が愛用している〈MINIMALIGHT(ミニマライト)〉の「PLAY WALLET」です。コンパクトなのに使いやすい。本当にスゴイ財布です。
都会の生活に疲れたので、自然に癒されたい。とは言っても、普段の便利な生活に慣れすぎているから、完全なアウトドアはそれはそれでハードルが高い。そんなわがまま...
〈nonnative(ノンネイティブ)〉と〈Timberland(ティンバーランド)〉のコラボレーションから生まれた「SUPER 6 INCH GORE-...
〈Seria〉のスクエアボックスは、インテリアだけでなくアウトドアシンーンでも大活躍。ロープやカラピナなど細々したものを入れるのに重宝します。
シュラフや専用マクラ、スリーピングマットなど、外遊びの疲れを癒してくれるアウトドア用スリーピングギアを厳選してご紹介。「ZEROGRAM」「サーマレスト」...
面倒な組立てが不要のポップアップテントは、すでに多くの種類が発売中。だからその手軽さの説明はここでは割愛。代わりに、この「Cinch!」だからこそのメリッ...
周囲のアウトドアフリークたちが話題にしまくってた〈YETINA(イエティナ)〉。完全オリジナルの特殊技術で生み出させる起毛した生地は、保温性が高く、蒸れに...