まるで「洋服みたいな着物」は、家で洗えて仕立ても不要!

「洋服のように手入れもラクで、簡単に着られる着物があればなぁ……」

と、一度は考えたことがある人も多いのでは?

キモノデザイナーJOTARO SAITO氏の新ブランド「JOTARO SAITO composition(ジョウタロウ サイトウ コンポジション)」の着物こそ、まさにそれ。

洋服のように仕立て済み&フリーサイズなので、一般的な着物のように仕立てる時間を待つ必要がない。購入したその日からすぐに着られるのだ。

また、ポリエステルを使用しているので、自宅で洗濯することも。同じく兵児帯(へこおび)もポリエステル100%、レースタビはナイロン100%で、これらもすべて手軽に洗濯が可能。

お手入れが難しい“伝統的な民族衣装”としての着物ではなく、現代のファッションとしてアップデートされた、色、柄、素材、取り扱いをデザインした、着物の新しいスタイルを提案してくれている。

着物を着なれた人の新たなワードローブとしてはもちろん、これから自分のファッションに着物を取り入れたいという人にもおすすめだ。

©2020 株式会社三才
©2020 株式会社三才
©2020 株式会社三才

JOTARO SAITO」

【公式ホームページ】http://www.jotaro.net/

Top image: © 2020 株式会社三才
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
環境に優しく、人の心に優しい衣装である着物は、今世界中で必要とされている。今こそ着物は進化を遂げる時。その着物の進化の流れを担うべく、元山兄弟は「巧流-c...
サステイナビリティはファッション業界で重要視されるひとつのテーマになっている。それでも不十分だというメッセージが込められているのが「Kaumera Kim...
ドゥーブルメゾンは、雑誌『Olive』で17年間スタイリストを務めた大森伃佑子がディレクションするブランドだ。「身につけるもの」という大きな視点を据え、着...
「麻衣~Soul Dress~」は、着物ドレスと呼ばれる洋装+和装ミックスのジャンルの中でも、新たな台頭を見せるこの着付け。着物をリメイクしたドレスではな...
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
「アフリカ」と「着物」。一瞬考えただけではとても合いそうには思えない組み合わせですが、なるほど、見れば納得。ただ奇抜なだけではなく、アフリカの伝統的な柄と...
日本の伝統文化と融合したサンダル「神奈備ごこち」は、老舗看護師サンダルメーカーが「疲れにくく履きやすい」をテーマに独自の製法で作り上げた逸品。長時間にわた...
中国で先行発売し好評を得た「着物KIMONOスニーカー」と「帯OBIスニーカー」が凱旋リリース。和装需要も職人も減少し、むしろ海外が日本文化を理解し評価し...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
日本とイタリアの国交樹立150周年にあたる2016年。日本文化(着物地)とイタリア文化(シルク)を融合させた「リバーシブルスカート」をメインアイテムとする...
2021年春、山形県白鷹町の歴史的建物「旧奥山邸」が、ホテル「NIPPONIA 白鷹 旧奥山邸(仮称)」に生まれ変わる。
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。
イギリス・ロンドンに、レゴウェアとスナップチャットがAR技術を使って、洋服を置かない洋服屋さんをオープンさせました。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
車椅子などの理由で振袖や袴を着られない人々のため、特殊な簡易着物を提供している「明日櫻」。パラリンピックカヌー選手である瀬立モニカさんも、成人式でこちらの...
「日本の魅力を、多くの人に知ってもらいたい。写真の中に、“和情緒”をそっと閉じこめる。観る人が懐かしい温かみのある「日本の雰囲気」を感じられるように。そん...
5月21日にアーバンアウトフィッターズが発表した、洋服のレンタルサービス「Nuuly」。月額88ドル(約9500円)を支払えば、最大で800ドル(約8万6...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
TABI LABO編集部が厳選した「洗えるマスク」を紹介。5月13日時点ではすべて在庫あり。洗えるマスクを探しているあなたは必見です。
「Voyage Club」というサービスは、予算と目的地を教えれば、現地の雰囲気とマッチした洋服を用意してくれるんです。ホテルに着いたら、クローゼットに洋...