EC専用レーベル「ビームスドット」。次世代ファッションの新定番に

「ビームス」はZ世代に向けたEC専用レーベル「ビームスドット」を立ち上げた。ビームスのオンラインショップと「ZOZOTOWN」にて販売中だ。

この新レーベルは「スタイルやジャンルに固執せず、着たいブランドやアイテムを日ごとに楽しむ」というZ世代特有のファッション感を体現。カジュアルからモードまで、あらゆるテイストのアイテムに加え、2WAYや3WAYといった着回し性の高いコレクションも多数ラインナップしている。

また、メンズアイテムを着こなす女性や、ウィメンズの洋服をコーディネートに上手く組み込む男性などに向け、ユニセックスなアイテムも。公式Instagramでは、そのコーディネートなども紹介している。

次世代ファッションをリードする可能性大の「ビームスドット」の提案をお楽しみに。

『ビームスドット』
【販売サイト】
公式オンラインショップ https://www.beams.co.jp/beamsdot/
ZOZOTOWN https://zozo.jp/shop/beamsdot/comingsoon.html
【SNS】
公式Instagram https://www.instagram.com/beams_dot/

Top image: © ビームス ドット
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

5月21日、「株式会社ビームス」が「#KeepFashionAlive」をキーワードとしたプロジェクトを始動させた。
「BEAMS」が、野口宇宙飛行士とともに製作した宇宙服をファッションウェアにアレンジして、12月2日より先行販売をスタート!
日本初のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」とアパレルブランド「BEAMS」との異業種コラボが実現。
「BEAMS」は、プロ野球チーム「読売ジャイアンツ」との異例のコラボをスタート。ファッションとしてもぴったりな限定アイテム全12型は現在販売中!
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
アジア最大のeスポーツイベント「RAGE ASIA 2020」のオフィシャルTシャツを「BEAMS」がデザイン。テクノや近未来をイメージしたファッショナブ...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...