今年の夏こそ浴衣を。1人でも着られる「着付け」方法(動画あり)

花火大会やお祭りの季節が到来です。浴衣で夏気分を満喫したい人、そろそろ着付けの練習を始めませんか?動画と併せて「ここを押さえておけば着崩れしにくい」襟と帯、2つのポイントに絞って見ていきましょう。

一番のかなめとなる帯の結び方ですが、リボンのような形でかわいく、初心者でも作りやすい「文庫結び」の作り方をご紹介します。

まずは下準備から

【用意するもの】

・浴衣
・半幅帯
・補正用タオル
・伊達締め
・腰ひも3本
・帯板
・あれば夏用肌じゅばん

肌じゅばんですが、なければ通気性のよい素材のキャミソールやスリップなどでも代用できます。練習の際は慣れていないと暑くなるので、お部屋はクーラーをつけましょう。確認用に姿鏡があるとベストです。

まずは動画で
流れをチェック

きれいな襟の整え方

わきの下にある切れ目は「身八つ口(みやつぐち)」といって、女性用と子供用の着物・浴衣にしかありません。諸説ありますが、一般的には熱を逃がし体温調整のためや、動きやすさアップのため、などと言われています。この切れ目があることによって「おはしょり」が調整しやすくなるなど、着付けが楽にできるのです。

身八つ口から手を入れ、軽く下に押しましょう。これで前後をきれいにならします。

えりを合わせましょう。あんまり抜くと着崩れしやすく、またセクシーに見えてしまうので注意。着物や浴衣姿での色っぽさは、ちらりと見えるうなじやお尻のライン、足首などで魅せる”もの。

首のくぼみが隠れる程度の位置でえりを合わせます。さっきの要領で胸の下に腰ひもを回して、後ろできゅっ。前で結びます。あとはしわを両脇に寄せて、伊達締めを締めればOK。

帯は形作りがポイント

帯でむずかしいのは形を作るところ。締めた状態から、どう形を作るか見ていきましょう。

帯の先から肩幅くらいの長さに折っていきます。

折った分を帯にくっつけ、その真ん中をまた半分にして、リボンを作るようなイメージです。山を作ったところへ「テ先」をかぶせ、巻いて下から帯の中へ通します。

あまった分は、帯と浴衣の間へきれいにしまいましょう。

リボンの形を整えたら、背中の中心にくるように右から帯を回します。結んだところと帯の下を持ってゆっくりと。

襟や帯を整えたら…文庫結びの出来上がり!

浴衣や着物の着付けは数をこなすのがコツ。練習して、あでやかな姿で夏のイベントを楽しみましょう!

Licensed material used with permission by ki:on
「麻衣~Soul Dress~」は、着物ドレスと呼ばれる洋装+和装ミックスのジャンルの中でも、新たな台頭を見せるこの着付け。着物をリメイクしたドレスではな...
「日本の魅力を、多くの人に知ってもらいたい。写真の中に、“和情緒”をそっと閉じこめる。観る人が懐かしい温かみのある「日本の雰囲気」を感じられるように。そん...
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...
恐怖とは無縁のゴーストたちは、海やディズニーランドで夏を思いっきり満喫。愉快な彼らの姿は、見ているこちらの心を和ませる。クスッと微笑ましいゴーストたちの夏...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるか...
暑くなればなるほどおいしくなる夏野菜のなかから、ちょっと変わったオクラの食べた方を紹介します。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、カワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
2015年からニューヨーク州で年に一度行われているイベント「LUMA」。目玉となっているのはプロジェクションマッピング。街の市役所や裁判所の建物に投影され...
JAPAN LOCAL編集部員によるAirbnb「体験」の体験、第2弾! 前回の味噌作りとは打って変わって、今回は鎌倉で日本舞踊を習ってきました。もちろん...
何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎま...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
8月31日、平成生まれの心を鷲掴みしたオールナイトイベントが忘れられない。会場はHOTEL SHE,OSAKA。仕掛け人は全員、平成生まれ。「この時代が終...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
こっちはもう、夏真っ盛りだわよ〜。
2012年から子どもたちとの夏休みは必ず田舎で過ごす写真家であり2児の母親でもあるIzabela Urbaniak。ポーランドの都会で育った子どもたちが、...
こんな晴れた日に、思い出すのは。
意味もなく、家で水着なんて着ちゃったりして。
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...