「きもの」決して滅びることのない、日本の文化。

カランコロン——。

 

ある夏の日のこと。小さく鳴り響いたこの音に、思わず振り返った私。するとそこには、日傘をさして、優美に歩く浴衣姿の女性がいた。

5418580468301824

「嗚呼、夏っていいな」。お祭りや花火。日本の情緒があふれだす。

浴衣や夏着物を纏った人々とすれちがう。夏を感じ、「和の心」を感じながら、美しさに浸る。

63898341720719365340202683858944

私は、密かに日本の“きもの文化”を凄いと思い続けていた(浴衣と着物はちがうものだけど、ここでは「きもの文化」と呼ばせてもらう)。

極端な話だけど、カウボーイの格好をしたアメリカ人や、マリー・アントワネットのようなドレスを着て街を練り歩くフランス人を見つけるのはなかなか難しいこと。でも、義務付けられたものでもないのに、「着物をたしなむ」人がたくさんいるのが日本の魅力だと思う。

私もときどきだけど、着物姿で出かけることがある。ピンッと背筋が伸びて、着崩れしないように、汚さないように。一つひとつの仕草がいつもより丁寧にゆっくりと。なんだか身も心も引き締まったような感覚になって、でも不思議と心は穏やかで。

そこが、着物の好きなところ。

5992407829053440

「いつもとちがうあの子。着物をきているだけで、なんだか大人っぽい」。

 

「夏が終わったあと。街で着物美人とすれちがうと、ちょっと嬉しい」。

 

「着物生活って、なんだか憧れる」。

 

四季を感じて、日本を感じて。きもの文化に触れるたびに、幸せな気分になる。

帯留めや髪留め、ストールや巾着。小物もかわいくて、眺めているだけで、顔がほころぶ。

48035929595576324842943584141312463670878404608062078993574133766536468382089216

日本の魅力を多くの人に知ってもらいたいから、写真の中に“和の空気”をそっと閉じこめる。観る人が懐かしい温かみのある「日本の雰囲気」を感じられるように。そんな気持ちから、僕は写真を撮り続けています。

shinyaさんの写真を眺めていたら、“古きよき時代”に触れることができたような気がした。

あぁ、久しぶりに着物で出かけようかな。

Licensed material used with permission by shinya(@t.1972 @s.1972/Instagram), (@curbonjp/Instagram)

【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ
エチオピア・ナミビア・ケニア・インド・中国の部族を探し求めて旅をする写真家のTerri Gold。彼女は、現代に残った「ごくわずかな伝統」を目にしてきた。...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.44
ドゥーブルメゾンは、雑誌『Olive』で17年間スタイリストを務めた大森伃佑子がディレクションするブランドだ。「身につけるもの」という大きな視点を据え、着...
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
髪のカールに黒い肌。黒人であるからこその持って生まれた個性や文化がある。それなのに、勝手な“美の基準”により、まだまだ差別視されているのも確かなこと。そこ...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
月給の何倍ものお金をハイブランドファッションに賭し、エレガントに街を歩くーー。そうして精神的に豊かでいることや平和の大切さを謳う集団「サプール」。「服を汚...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
ゆる〜いイラストで、東西の文化の違いを描いているのは、北京出身のSiyu。彼女は、北京で成長した後、アメリカ、イギリス、フランスで10年間ほど暮らしていた...
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
ファッションと音楽とカウンターカルチャー、そして政治へのメッセージが絡み合い、世界の若者たちがムーブメントを起こした70年代。この時代にファッションを発信...
ここで紹介するのは、白黒写真に写った昔の日本風景に色をつけたもの。当時の雰囲気が伝わってきます。1900年前後の様子を、いまの生活と見比べてみては?
生まれつき右手の一部がないモデルShaholly Ayersさん。現在は広告モデルになったり、ファッション・ウィークでランウェイを歩いたりと大活躍。だけど...