あいさつから学ぶ、各国の文化

各国それぞれ独自の挨拶があります。会釈だけで終わるところもあれば、両ほほにキスしたり、TPOに合わせスタイルもさまざま。お国柄がよく反映される挨拶は、いわば日常の中の文化。

動画メディア「Cut」が、それぞれの国のありのままの挨拶を紹介しています。ちなみに、僭越ながら私も東京代表として出演させていただいてたりして(汗)。

定番のものからカジュアルなものまで

E00e9f7a289831be68b146fcd2bff9c0f6bf6de6

「元気〜?最近どう?」

コロンビアの女性から。一番間違いのない挨拶ですよね。そこから会話も広がるはず。

3ca59c287605746b507629bc5ab3da891218eac6

「インドでは『ナマステ』ですね」

6d24a6fd2a9d9bad3d0da925cac98f65513072a9

「意味は『あなたに平和あれ』なんだよね」

インドでは、『ナマステ』以外にも、多くの表現があるそうです。

Eee75fc94ec5c20ab85892d8a48207ea6e46af66

僕たちのは堅苦しくないんだよね(笑)

よく聞くオーストラリア訛りの「Good day, mate (グッダイ、マイト)」は、やはり現地でもよく使うようです。

目上の人へには、
それぞれの敬意がある

091608f5e625213da8d0097c41c3cd6466a4db2d

自分が年下だって分かるときは、だいたい先に手を出して握手を求めるかな

ドイツでは、挨拶時に握手をするのが一般的だそうですが、年下、または目下の人から手を差し出す習慣なんだとか。

063fc77a938bab34b929b7098028547bdf9abe2e

「タイではお母さん、お父さん、先生など、年上の人たちに対して挨拶する時は、こんな感じに手と手をあわせます」

F00776179ae779608ee7eb016cf70c0e48dd038e

「コロンビアでは、目上の人に対して、名前の前に『ドン(Don)』をつけるんです」

名前の前に『ドン』をつけて敬意を表す。なんだかギャング映画のそれのようですね。

ヨーロッパでは、頰にキスが定番

16fd420245742f01dc66519b535cb6ee65b93c06

「性別関係なしに、両頬にキスね」

1b45c79534369ebb3a326981e8eab593e7b22e79

女性も男性関係なく、フランスでは両頬に軽いキスが日常茶飯事。

B1d9d14b8322dff9f62462228184f8f4112cbd17

「頬にキスが定番だね」

こちらイタリアでも両頬にキスは日常のコミュニケーション。

Cbe39939b4e9eab6dfb081ef575ccc6893e6108f

「女の子同士でも、頬にキスは…ちょっとヘンかな…」

中国では挨拶代わりのキスはないようです。きっと、距離感が近すぎるのもあるのでしょうか?

じゃあ、ハグは挨拶?

E9ab9ce5c762e1e0710b09389a16559e50cb5e7e

「ハグはとても親密だから、とても近い友人としかしないかな」

頬にキスをするのが挨拶の定番のフランスでは、ハグはあまりしないみたいです。

8d4312e5ae3c38201625b258b6aeeb9ff2d51cd5

ハグしたくない人に対しては、無理やりするって事もしない

日本人でもハグする人、最近では多くなりましたよね。私もハグを歓迎しますが、友達でも、したくない人に対しては無理強いはしません。やはり、距離感を見計らいますよね。

A25c7b3ef80559aca6fee538e58ceaf20eed2f30

「ハグは女友達同士ではするけど、男友達には手を振るだけかな」

タイ在住の女性も、相手によってハグをするかしないかを決めているようです。

D2b1d68fef5def8f8aee59328bc2026cc7c78ab8

最近、挨拶のときのハグが増えたように感じるね。男同士でもするよ

オーストラリア在住の男性いわく、ハグは最近のトレンド挨拶だそう。特に男性同士がハグして挨拶するのは、最近よく見るとの事。

挨拶はその国の文化

自分の国で当たり前の挨拶が、実は別の国では当たり前ではない。年上、同い年、家族、さらにはそれがビジネスシーンかどうかでも。時と場合によって、特別な挨拶も多種多様な文化がある限り、形式も多様です。

挨拶からその国の文化を学んでみるのも、意外と面白いかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Cut, (Youtube), (Twitter), (Facebook)
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
海外に行くと、日本とは全く別の文化に刺激を受けることがあります。滞在中に現地の人と関われば関わるほど、その驚きや学びはさらに深みのあるものに。でも、多くの...
旅先であいさつの仕方に困ったこと、ありませんか?とくに日本人にとって馴染みがうすく難易度が高いのは握手。国によってはハグやキスをするところもありますが、振...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
毎週、平均3人が自殺している。これはオーストラリアの先住民、アボリジニの話。特に若い男性の自殺率は、世界的に見ても高いんだそう。そんな問題を「アプリ」で食...
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
聴覚に障害のある人たちに、ある質問をした「Cut」のインタビュー動画がいま注目を集めています。彼らにとって、それはとてもデリケートな問いかけ。「今までされ...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
フィリピンにルーツがあり、現在はアメリカで過ごすCeleste Nocheさん。彼女は小さい頃「自分のアイデンティティに引け目を感じていた」と言います。フ...
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...
世界各国のミレニアル世代の部屋を、のぞき見るようにとらえたJohn Thackwrayの写真。同じ世代であっても、当たり前のことだけど国も文化も違う。でも...
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
年越しそばを食べたり、108回鐘を鳴らす文化が日本にあるように、世界各国には独特の新年の祝い方があります。なかでも、ヨーロッパ諸国のクセがすごい。中央ヨー...
「伝統文化の継承が危惧されている」、近年はそんな話をよく耳にする。要因はさまざまだろうが、この記事のテーマとなる「鬼瓦」は、生活様式が多様化したことの影響...
久しぶりに「パイ投げ」を見た。僕にとっての「パイ投げ」の原点はドリフ。幼な心ながら、テレビ画面に向かって大笑いしたのを覚えている。調べてみると意外にも「パ...
人との円滑なコミュニケーションが取れるということは、私生活だけでなくビジネスの面でもとても重要です。では実際にどうすればコミュニケーション能力を鍛えること...